人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

NHK(公共放送)って必要なのでしょうか?
公共放送としての観点よりからNHKはどうあるべきかご回答お願いしたいです。
(個人的にNHKを見ない、面白くない→いらない といった個人の域を越えないご意見は不要です。)
特に
・公共放送があることでこうなる。
・公共放送がなくなるとこうなる。
などという客観的にわかるページや資料があるとうれしいです。

尚私は、「視聴率主義ではない公共放送」という意味で公共放送が必要だと考えておりNHK料金を払っています。ただ、NHK(公共放送)が本当に必要なのか改めて考えてみたいので、公共放送不要という考え方も歓迎します。
また、よろしければ、NHK料金を払っているか、否かも教えください。(必須ではありません。)

●質問者:
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:NHK いるか にわか 公共放送 意見
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● hamster009
●5ポイント

テレビないからわかりましぇん。

◎質問者からの返答

たしかに、テレビ自体どうしても必要というものでもないかもしれないですね。特にインターネットあれば。


2 ● TomCat
●30ポイント ベストアンサー

私は、必要な情報を必要な人に正確に届けるという放送本来の使命を保持し続けていくために、公共放送は必須だと考えています。

http://www.houko.com/00/01/S25/132.HTM#s2

公共放送の本来の使命は、娯楽の供給源でも、エンターテインメントのためのメディアでもありません。公共放送の担う責任の第一は、放送法第7条に掲げられている通り、

公共の福祉のために、あまねく日本全国において受信できる

というインフラの整備であり、それを放送法ではさらに具体的に、第9条5項において、

協会は、中波放送と超短波放送とのいずれか及びテレビジョン放送がそれぞれあまねく全国において受信できるように措置をしなければならない。

と定め、全国民を対象とした放送網の整備義務を、公共放送に課しているわけです。

これは商売としての民放には絶対無理な使命です。まずここにおいて、公共放送と民法とは、ハッキリとその存在意義の土台が違うのです。

そして、この整備されたインフラを用いて、たとえば、社会の新しいサービスや制度などを分かりやすく国民に周知すること。たとえば気象などの条件によって災害などの発生が懸念される場合は、予め心がけておくべきことを分かりやすく伝えて準備を促すこと。もちろん災害時の放送の特別体制なども公共放送の重要な役割です。こうした、地味だけれど大切な放送の役割を担っていくのが、公共放送の本質的意義なんですよね。

http://kounsai.cocolog-nifty.com/bamboo_baskets/2006/06/nhkfm_ba...

もちろん娯楽、エンターテインメントといった面においても、民放は基本的に採算ベースに乗る物しか扱いたくても扱えないという宿命がありますから、その点での公共放送の役割というものは重要です。

そうした公共放送の意義を、純粋な民間の営利事業として維持できるかと考えたら、まず無理ですよね。器を民間に移したとしても結局営利ベースには乗りませんから、放送事業者で作る篤志的な協会が運営を行うということになるのが関の山で、結局今の日本放送協会と何ら変わらないということになります。

そんなわけで、今の日本放送協会という存在は、国営という国の支配を離れ、なおかつ採算ベースに乗りにくい事業を健全に維持運営していくための、ちょうどいい器だと思うんですよね。

ただ、協会の役員や経営委員、放送番組審議会委員の人選などはあまりに時の権力者寄りで、民主的とは言い難い部分が否めません。これを受信契約者を有権者とする投票で選べる制度にでもしていくなら、受信料制度もまあいいでしょう。

しかし、現状の受信料制度は単に対価を受け取りサービスを供給するという「商売」に過ぎません。

こうした「公共」を「商売」にすり替えるねじ曲がった制度でやってきてしまったツケが、料金を払わない人には見せない有料放送にしようなどという、公共放送の意義を全く無視した意見につながってくるわけです。

公の席でまでそうした意見が飛び出すのを見るにつけ、今の公共放送は名ばかりで、本質的にはただの「商売」としてしか考えられていないんだな、ということがよく分かります。この点における、政府、NHK、国民の三者の抜本的な意識改革と、民主的協会運営を実現する制度改革が重要でしょう。

おそらくこのままでは、受信料制度は国民の理解が得られないまま崩壊し、NHKが無くなるか、準税金的強制徴収に移行して「公共放送」が「国営放送」と化し、単なる政府所有の広報メディアに矮小化されるかの、どちらかになるでしょう。

ちなみに私は、受信料は払っています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

公共放送の必要性がよくわかりました。

NHKに必要なのは、公共放送としてのあるべき姿で、有料放送化といった議論は本来の目的からすれば、誤ったものだと感じました。


3 ● 狂人日記
●20ポイント

放送は、必要な場合があります。

災害が発生したとき、一分一秒を争う事態があり得るからです。

ただ、放送≒テレビか、と問われると、僕は考え込んでしまいます。ラジオ放送だってあるからです。

まぁ、テレビにはテレビにしか、ラジオにはラジオにしかできないことがあるはずです。

だから、あまり考えずにNHK○○はオモロないから廃止すべき、という議論は僕は賛成しかねます。

NHK料金≒税金だ、と考えてしまえば、税金逃れは非国民のすることだ、って憲法に書いてあるはずです。憲法を破る魔人は、日本から追い払って良いのです。そういうヒトが野垂れ死にしようと姉妹と、こっちの知ったこっちゃありませんから、残念!

まぁ、NHK BS は、その意味では微妙です。

BSアンテナは、まだ基本的インフラとは言えないだろうからです。

だから、NHKが最近何でもかんでもBSを充実させる方向に走っているのは、僕は気に食わないんです。オメーら、カネゴンかい?って。

$B%+%M%4%s(J

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

たしかにテレビだけが放送ではないですね。

私は入れてませんが、BSもありますね。

重要度という視点からすると、ラジオ、テレビに比べNHK BSは微妙ですね。


4 ● 狂人日記
●5ポイント

まぁ、本質的に、放送というモノは強きになびくものなのです。言い換えると、安直に覇道に頼ってしまいます。その結果、王道は廃れてしまうのです。利用者が減ってゆくから。

書籍は王道です。王道は、無くなったら困るのです。その証拠に、出版不況が囁かれてはいますが、本屋は潰れこそすれ、なくなりません。

書店が潰れるのは、出版不況が原因なのではなく、その書店が頭使ってないからです。

立地条件が悪いのなら、宅配サービス(送料は無料)始めりゃ流行るでしょう。(もちろん、無料宅配の範囲は限定する必要があります。)

初めの一手、は、よく考えて打った方が良いです。途中で変えるのは、結構面倒です。

上の、書籍という部分を新聞に置き換えると、新聞は無くなりません。初めの一手で、新聞宅配という制度を選んだからです。これが、諸外国(確か)みたいにあそこでしか売ってへん、だったら、無くなる可能性があります。


5 ● aoun
●30ポイント

少し興味がありますので、個人的な意見ではありますが、ご回答させて頂きます。

NHKですが、言わば国営放送(公共放送なのですが、敢えて)であり、その収益の一定部分は国民からの一律料金の強制徴収によって賄われている訳です。その中で、果たしてNHKとは必要なのかどうなのか、というご質問と解します。


まず最初に、1人の庶民である私個人としての個人的立場で言いますと、NHKの番組については個人的に大好きですし、NHKは今現在地デジ・アナログで2つのチャンネル、BSで3つのチャンネル等その他諸々を持っている訳ですが、これはもっと無制限に増えて貰えば(今の番組精度でですが)とても嬉しいと考えるほどです。


逆に、受信料に関しては高すぎると思いますので、500円ぐらいにしたらいいんじゃないか、ちょっと今の値段は強制にしては高すぎるんじゃないのか、などと考える訳です。実際はともかく、これが1人の個人としての経済感覚なのですね。


また、1人の個人として、そのような中で、NHKが政治家によるコントロールが入ってる等の不祥事を聞き、あれ程の税収クラスの受信料を全国民的規模で強制徴収しておきながら毎年経営が回らない等の話を聞き、職員による不正事件、を報道で見たような、そんな時には、1人の個人としてはですが、「もう、NHKは止めてしまえ。廃止だ!」と思います。


また、日頃NHKを見ていて、ふと、

「そう言えばNHKは、いわゆる政府や大企業・財界に対するジャーナリズム的な批判的立場を取らないし、報道らしい報道すらしないなあ、これでは立法府・行政府・大企業などの社会的に影響を与える巨大勢力や社会問題に対して、国民の『知る権利』を下支えするジャーナリズム勢力に全然なってないなあ。。。」と感じた時にも、「NHKはもう不要じゃないのか。。」と感じます。

だいたいNHKには、第二次世界大戦中などの政府広報機関として組みしたということに対する反省がある筈な訳ですよね。しかし、その点どうか。宜しくない。

「完全中立立場」という事と、「社会に存在する巨大勢力に対しジャーナリズム攻勢を掛けることによって、国民の『知る権利』を保障し、填補し、育成する」というような社会に必須の事項とは、別なのだから、そもそも、NHKにしても、ジャーナリズム自体を捨て去る事は許されないのではないのか。。。などとも感じる訳ですね。このあたりはよく見てますと、NHKは破廉恥とも言えるほど醜悪な放送局ではないかと、そう思うことが時々ありますね、私個人的にですが。


もう一つには、経済活動という側面。

誰しもこの自由経済社会の中で、何らかの経済活動をしている訳です。サラリーマンは被雇用者という業態を個人で経営している訳ですし、会社を運営している者もいます。資本主義社会ですので、それらは全て自らリスクを負って、そして自らが収益を切り出してきているわけなのですが、一方ところが、NHKの経営基盤は税収的収益なのですね。労せずして収益は揚がる。ならば当然、その税金的立場という期待に応え得るだけの健全経営、健全体質、透明性、は言うまでもなく、矜持や清貧までもが当然必須なのではないかと思うわけです。ところがここも宜しくない。


例えば、以下私個人の話なのですが、しばしば上級公務員系に対してそう感じるように、NHKに対しても同様に、「何故税金から給料を貰っていながら、あろうことか、大企業重役のようにリッチな経営幹部社員を多数輩出するのか?、清貧が本旨ではないのか?、一般社員の給与水準、、、これもまた高い。これじゃ、NHKは単に、税金によるリッチマン集団と言えるのではないのか?」というような疑問も感じます。

経営が苦しいので値上げ云々を唱えながらも、税金的収益でありながらも、経営者や管理職職員はリッチマンな訳ですし、一般職員の給与水準も高いのでしょうから、これも批判されて当然かと言う訳ですが。財務体質ですね。これの改善。できてないよ、という訳です。公務員的清貧の思想も重要では?、という私の個人的感覚ですね。。。


雇用の流動化、終身雇用の終焉、などと言われている中で、例えば公務員給与についてもニューズで「一般企業の給与水準が上がり、公務員給与も同程度にベースアップしました」と聞きますと、「もはやこのご時勢、一般企業と公務員とは関係ないだろ。。。公務員人件費は、公務員人件費の都合を考えれば下げるだけの話ではないのか。。。」と思うわけですが、NHKも果たして同様ではないのかな。。。という疑問ですね。。。


税金。例えばサラリーマン被雇用者は、所得税や住民税など個人全般としてならば大きな比率の税金を納め、法人は法人税関連という非常に大きな税率の税金を支払っています。これが事実上大きく個人であれ法人であれ、その経営を圧迫しているのは否めませんが、NHKは、私の記憶が確かであればですが、税金は全然納めていない会社なんですよね。。。

この点を取っても、そもそもNHKは常に社会からダイレクトに存在意義を問われてしかるべき立場ではないかな、と考えます。


NHKは、昔その事業資金枯渇の問題点を解決する目的から、営利事業の遂行を法的に認められ、無数の子会社を設立してきたと思います。NHK○×というような会社群ですが、例えば、飽く迄も私のイメージではですが、省庁の外郭団体同様に、NHKも、NHK本体組織の新陳代謝の結果、だぶついた雇用などを外郭団体に出し、そこで総人件費が膨大に膨れ上がっている、或いは、外郭団体的な子会社が経営的資金不足の時にはNHKが資金を都合していたり、外注率を上げて匙加減をしたりしているのではないかなと、いうようなイメージがあります。これではNHKの経営が無限に金を必要とすることにもなります。ですので、NHKの外郭団体的子会社については、株式を放出して売却したり、NHKからの出向や転籍の流れを止めたり、などの適正化が欲しいなあ、などという、そんなイメージもあります。

省庁の外郭団体と同じですね。本体及び総体の経営がだぶつきすぎている、だから、失業者をダイレクトに出すというような痛みも負担せよ、でなければ、巨大な腐れ鯨として社会に迷惑を掛けるだろう、という訳ですね。そこで初めて、逆に、雇用問題、労働問題に帰れる訳ですから。不味い労働問題を出せば出したで、また叩かれる筈でしょうから、逆に、それで良いのではないか。。。とも感じたりもする訳ですが、おそらく現状はその逆。宜しくないコンディションなのではないでしょうか。







もう一つには、番組制作の内容。素晴らしい番組も綺羅星の如くあるのですが、例えば大河ドラマですね。往年の大河ドラマは、まさしくそのタイトルの通り、人間集団である社会の流れを大河と捉えて、社会の動きを表現しよう、社会の大河的な流れの変化と、個人の幸せや生き様との相克を描こう、それによって、それを一つの価値のある情報として国民に提供しよう、というような部分のある番組ではなかったかな、と思います。ところがここのところの長い年月の大河ドラマはどうでしょうか。女性の時代とも言われる世相

がバブル期以降持続し、視聴率が気になるのは良いのですが、史実をドラマ化するにはあまりに軽薄。何の意味の大河ドラマなのだか分からない。こんな番組は視聴率優先の民放が作る番組ではないのか、とも感じます。私個人の話ですが。昨今のシルクロードにしたってよく分からない。何故今の時代にシルクロードなのか、他にもっと有意義なテーマは無かったのか。あれは高度経済成長時代のテーマではなかったのか。そう思う訳です。個人的にですが。

つまり番組制作にしても、懈怠が目立つよと、そういう話ですね。






私自身日頃上述このような感想を日頃、安直に抱きますので、当該ご質問のように、NHKの存在意義、民営化議論の是非、そのようなことにつながるご質問もあってしかりであると考えます。今のご時勢、国営放送(公共放送ですが敢えて)など不要なのではないか、という議論ですね。


ところが、現実には、日本国民は、真っ向からNHK統廃合・民営化の議論をする世代だけではない訳です。地方のじいさまばあさまは、NHKの番組を大変楽しみにしていますし、上述私が批判した大河ドラマも毎回楽しみに見ている訳ですね。

それにジャーナリズムという観点でも、例えば、民法が一切取り上げないようなジャーナリズム的報道、例えば、福祉、老人、医療その他ですが、このような国民の生命線に係る重大なジャーナリズムポイントについて、NHKは日頃からダイレクトに政策の手落ちを紹介し続ける番組を多数放送している訳です。

災害発生時の報道においても、必要な訳ですし、全国のどのような僻地の住民にも必ず放送が届くようにする義務、という点でも重要な存在であることは否めません。

教育番組群についても、民法では出来ない番組制作が多数あり、これの国民に対する貢献度は計り知れないものがある、というのが、視聴率とは無関係に存在している筈であるとも考えます。

そのほかにも現在までで、抜くべからざる重要な役割を果たしている点が、NHKには多数ある筈ですね。





そこで、結論を言いますと、私個人的な結論的アイデアですが、原則的にNHKは民営化すべきでもないし、廃止すべきでも無い、と考えます。また、広告主(CMクライアント)を導入すべきでも無いと考えます。今現在のような番組作成のまま精度向上させろという訳ですね。


望むべくは、清貧の思想、と、財務体質の改善、法的位置づけの手直し、ですか。


清貧については、経営者筋であろうとも、公務員みたいなものであるからには、一般企業の重役や経営者的な給与配分については完全自粛すべきであるし、一般職員の給与水準についてもこれは下げるべきである、一般企業も同じく給与水準は下げたりするのであるからそうすべき、もう一つには、公務員的に社会的公正をもった社則懲罰規定をより徹底すべし、という点でしょうか。


財務体質については、ファンダメンタルや財務計画を知りませんので何とも言えませんが、極論するならばですが、

外郭団体のような子会社については、完全売却するとか、統廃合するとか、

国営企業的な悠久の社稷イメージの資産についても、下手に新規事業用資源にするよりはいっそ、どんどん売却するとか、

あれこれとファンダメンタルもリストラクションして、小さい政府ではないですが、規模を縮小し、ダブつきを切り落とし、それによって得た効率化やキャッシュによって新しいデジタルの時代の設備投資をするとか、

上述はまったくファンダメンタルの知識無きイメージ論に過ぎませんが、趣旨としては、言わばそのような経営努力が現状足りなさそうなので、それをどんどん進めて、ファンダメンタル体質を強く小さくするとか、して欲しい、そして受信料については値下げ出来るように努力すべき、という事ですね。


法的位置づけに関しては、一般にもよく言われることでしょうけれども、まず前提として、もっとイギリスのそれに近づけるようすべきであり、行政府、立法府からの許認可枠から完全に離れるように立法し、特別財源や受信料についても、別の組織からその采配をとるようにするとか、或いは例えば、65歳以上の年齢の家庭からは受信料を取らないようにする、とか、そのような適正化修正が必要なころあいではないかと考えますね。


また、必要であれば、現在の地デジ・BS5チャンネルは多すぎると思いますので、これも、一般に新規民放KEYテレビ局を募集し、2チャンネルか3チャンネルぐらいに縮小するべく、チャンネルを売却する、なども必要かもしれませんね。(イメージ論ですが)そもそも昔から、民放KEYテレビ局開設においてのチャンネル争奪戦は有名です。NHKを民営化するのではなく、チャンネルをいくつか売却すれば良いのではないでしょうか。そうすれば、より問題なく、現在までのようにNHKの役割を持続していく事も十分可能であろうと思います。


過去の膨大なコンテンツに関しては、極めて有益な国民の資産ですので、これは適正価格でインターネット上でどんどん配布販売し、収益を挙げていけば宜しいと思います。適正であれば問題はないかと考えるので。


いずれにせよ、日産自動車のゴーンさんではないですが、そろそろNHKも根本的に組織運営と製品作成と法的位置づけに対して、大鉈を振るうのが本当は宜しいのであろうと思いますね。。。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

私も受信料価格については適性ではないと思います。

もっと多くの人が払えば少なくてすむはずですし、公共放送といっても最低限必要な放送も限られると思いますし、NHK運営上の無駄も少なからずあると思います。

> 清貧の思想

> 財務体質の改善

> 法的位置づけの手直し

NHKはそうするべき、と同感です。


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ