人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【化学メーカの営業について】石油化学産業の基礎製品であるエチレン等を製造する川上の化学メーカーは、樹脂(プラスチック)や合成繊維などの誘導品を製造する川中の化学メーカーに対してどのような営業を行っているのでしょうか。営業の方法・スタイルが知りたいです。

通常、川上・川中の化学メーカはコンビナート(コンプレックス)を形成しており、パイプで連結されていると聞きます.また化学業界では、価格の「後決め」のが残っているとも聞きます.そうすると川上/川中の化学メーカーでは、他業界のメーカーとは外回り(ルートセールス/新規開拓とも)の頻度や方法などの営業スタイルが違うのではないかと思います。

グーグルで検索をしてもなかなかヒットしません。
川上の化学メーカーの営業の特徴についてご存知の方がいらっしゃれば御教示お願いします。

●質問者: nono_860
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:グーグル コンビナート コンプレックス スタイル パイプ
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ