人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

税金についての質問です。
個人事業を営んでいて、課税対象所得が850万〜900万の場合での節税法を探しています。
法人成り等で節税は可能でしょうか?
その場合(例えば明日にでも法人成りした場合)、今年の課税対象所得は法人扱いになるのでしょうか?

※その他有効な節税法もあればアドバイスお願いします。

●質問者: kentajoy
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:アドバイス 所得 法人 税金 節税
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● sun5sun
●27ポイント

http://tateyamanomizu.blog52.fc2.com/blog-category-3.html

> [ 節税法 法人・個人事業 ]

◎質問者からの返答

有り難うございます。参考にさせていただきます。


2 ● DRY
●27ポイント

事業所得850万以上なら法人成りをして、課税対象所得だった分を給与所得にすることで節税出来ます。

給与を850万、法人所得0円という形にすればだいたい70万?ぐらいの節税に。


年度の途中で法人成りした場合、課税対象は両方になりますので、その年の確定申告は両方で提出する必要があります。

http://www.m-net.ne.jp/~k-web/setuzei/hojinnari.htm

◎質問者からの返答

ご回答有り難うございます。

年度の途中で法人成りした場合、課税対象は両方に。。。というのはどういうことでしょうか?


3 ● DRY
●26ポイント

すいませんちょっと書き方が悪かったですね。


例えば明日法人成りするとしたら、

1/1?10/31までの事業所得と、11/1?12/31までの給与所得を来年2月?の確定申告で申告。


で、それとは別に法人税等は11/1?期末決算で計算して申告するってことです。


もちろん1/1?10/31までの課税対象所得は法人扱いには出来ません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ