人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

以前に、台所の換気扇にボンドのような液体を塗ってコーティングをし、汚れたらめくって剥がす、といったタイプの製品のCMを見た記憶があります。
最近このような製品を見かけませんが、何か不都合や不便さがあって販売をやめたのでしょうか?
また、現在この手の製品で発売されているものをご存知であれば、ぜひご教示下さい。

●質問者: pkb_wn
●カテゴリ:生活 家電・AV機器
✍キーワード:Cm コーティング タイプ 現在 製品
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●25ポイント

http://store.yahoo.co.jp/winkl/sw-990-014-0.html

リンレイの「換気扇リパック」。これのことだと思います。おそらくホームセンターなどでも入手可能だと思います。

http://www.zansin.jp/pl/plfile/material.cgi/mitaka/0108/13/

車などにも使える似たような製品もあるようです。これは刷毛塗りです。

◎質問者からの返答

素早いご回答ありがとうございます。

まだ現役で販売されているのですね。


2 ● MEI-ZA-YU
●25ポイント

リンレイ 『換気扇リパック』

まだありますよ

http://www.soukai.com/P8020159/p.html

◎質問者からの返答

どうも有難う御座います。


3 ● hanatomi
●40ポイント ベストアンサー

これですね!

http://www.kenko.com/product/item/itm_8951091072.html

換気扇のコーティング剤

■「よごれる前に!スプレー」は、フィルムで汚れをガードするスプレー。汚れる前に、気になる所にシュッとスプレーして表面をフィルムで覆い、後は汚れごと剥がすという商品です。


ステンレス・ガラス・プラスチック・スチールなどの製品で、汚れそうなものにはあらかじめ厚めにスプレー、剥がせばキレイ!

台所のタイルや換気扇・事務机・勉強机などにご利用ください。

■ご使用方法

最初に塗布したい箇所を乾いた布できれいにして下さい。

市販の紙接着テープ(巾3-4cm位)で、塗布したい箇所を囲って下さい。

本品をよく振り、塗布面より20-30cm程度離してスプレーして下さい。汚れた後、このフィルムをはがしやすくするため、二度塗り、三度塗りをおすすめいたします。

スプレー後、2-3分して乾いてから、紙接着テープをはがして下さい。

汚れがひどくなりましたら、このフィルムをはがして下さい。また元のきれいな状態になります。

上記の作業を繰り返して下さい。

最近あまりcmされていないのは、おそらく、直接強力な洗剤で洗って落とす方が手間が少ないからではないでしょうか。

●周りに飛ばないように準備をし、換気を良くして、注意しながらスプレーする

●よごれたらそれを丁寧にはがす


●又新聞などをひいて、換気してスプレーする


より、強力な洗剤で洗ったほうが早いと思われる方が多いのかもしれませんね。

換気扇を掃除する検索をしたら洗剤を利用する方法が多かったです。

◎質問者からの返答

大変詳しいご回答有難う御座います。

当方、賃貸住宅に転居してきまして、

部屋の備品をなるべく素材や生地を痛めないように使うために利用しようと思っております。

洗剤ですと、こすったり素材を溶かしたりしてしまう可能性がありますし、

逆にコーティングをすれば、さびや汚れの染込みも抑えられるだろうと踏んでいます。

早速ためしてみようと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ