人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

いま、テレビ見ていて、何でいじめ問題は
学校ばかりが攻められるんだろう
と素朴に思ってみたのですが。
あなたはいじめについてどの立場からどう見るか
聞かせてください。
思いつきで全然いいです。
私もそうなんで。


●質問者: miyahiko
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:あなた いじめ問題 テレビ 全然 学校
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 84/84件

▽最新の回答へ

[1]大人の世界の「いじめ」が子供の世界に蔓延しつつあります TomCat

この大人の世界の「いじめ」とは、ネットを使った匿名攻撃のこと。どうも最近、小中学生にもこの手口が広がりつつあるようなんですよね。そしてそれが現実の教室に広がっていきます。

ま、そういうことに限らずとも、大人社会の陰湿な個人攻撃が子供の世界に与える影響というのは深刻です。今のいじめ問題の責任の一端は、大人社会全体にあるように思えてなりません。


[2]バスケ部のあれは(子供の立場版) coe

私も中学のとき友達が入ってるからという理由で部活に入ってましたが、嫌だったのに辞められなかったなあ(引き止められる理由などなかったのに)。それについて、まだ広い世界を知らなかったからかな、と今は少し思います。

でも死んだ彼女は友達に「高校に行けば楽しいことがあるかも」と言ってたというから、そんなに視野は狭くなかったんですよね、きっと…


[3]程度の差はあれどこにもある rennet

学校、クラブ、会社、いままで色々なグループの中で

生きてきましたが、いじめのないグループはありませんでした。

みなさんもそうではないですか。

もちろん、程度の差はありましたが。

例えば、朝、おはようございますと挨拶しても返してくれないで

横を向いてしまう。これも精神的打撃を受けるからいじめです。

いま、この問題で欠けているのは、子供たちに

「死んではいけない」と呼びかけることだと思います。

マスコミの報道はこの点が完全に欠けています。

自殺の責任が学校にあるという報道ばかり行えば

自殺が正しいという印象を与えます。

自殺は誤っているという報道が必要です。


[4]等分に見ます zin20

学校側、保護者側、本人&相手側。マスコミ側。


[5]マスコミの立場 dum

マスコミは、学校とか役所に強いです。

何を言っても言い返されないから。

いじめ問題は、はっきり言っていじめた人が悪いんだけど、その人のことを色々言ったら逆に攻撃される可能性が大なので、触れません。その代わり、学校とかを攻めます。


[6]>3 自殺が誤っているのではなく、自殺に追い込んだ状況が誤っている tkdmsk

確かにどんな集団・組織にもいじめは存在し得ます。

しかしそこで責められるべきは、いじめに耐えられない人ではなく、

あくまでも他人をいじめる人やいじめを生み出す環境です。

自殺を賛美するわけではありませんが、彼(女)らにとって、

不幸にも自殺することが苦しみから逃れる一番の手段だったのでしょう。

「自殺するぐらいなら登校拒否すればいいのに」とよく言われますが、

学校に行かなくなることで周囲に迷惑をかけてしまうという罪悪感や

「社会から落ちこぼれた」という絶望感が死ぬ苦しみより大きかったのかもしれません。

学校ばかり責める今のマスコミ報道は全く無意味だと思いますが、

「死んではいけない」とことさらに主張するだけだと、

自殺した人は単なる社会の落伍者であると思われることになりかねません。

もっと大事なのは、学校から逃げることを親や社会が認めることや

子どもが自責の念に駆られることなく生きていけるシステムを作ること、

なにより、たとえ社会からいじめがなくならなくても「いじめはいけない」と言い続けることだと思います。


[7]いじめられっ子の立場から... a_mode

みんな悪いです。

マスコミ、地域、教師、友人、親、それに自分も。

いじめなんて「いつでも、どこでも、だれとでも」ありますよね。

でも、それを「どう受け止めるか」「どう克服するか」です。

その時、誰かとうまくつながってたら何とかなると思うんです。

「助けてくれる」「泣いてくれる」「励ましてくれる」「一緒にいてくれる」等々、、、

そこに辿り着けられるように、自分と誰かを繋いでおけるようにする努力や、そういう広い視野をもてるように育てる親とか、教師とか、近所のおっちゃんとか、、、

誰かとうまくいってたら、、、って思います。


[8]親を再教育するのは大変だから takahiro_kihara

子ぶたの屁理屈

(そのうち)

実は僕も、同じ問題意識を抱いていました。

家の外部で、他人に何言われようと、家庭が

大きな港になってあげれば、一日我慢出来りゃ

死ぬことはないのです。

一日も我慢できないヒトは別でしょうが。


[9]>1 だから、come'on babe ... takahiro_kihara

ネットの匿名性は、タダの責任逃れで、僕はあまり良くないと思うのです。悪い、とも言い切りませんがね。


[10]>7 僕も、昔はいじめられっ子 takahiro_kihara

だって、強きをくじくのが生き甲斐なんだもん!

長いものに巻かれると暖かいけど、楽しくない。

多くの場合オレ様の意見とは異なるんだもん!!


[11]恐喝は恐喝。障害は障害。「いじめ」じゃなく、「犯罪」 hanatomi

「いじめによる」という表現をやめ、例えば「恐喝」「障害」ならそれだけを伝えて、子供に犯罪をしたんだということを認識させるべきだと言う意見を聞いたことがあります。


[12]>11 ↑傷害の間違いです(^_^;) 。 hanatomi

確か美輪さんか誰かが、そういうことをいってたと思います。


[13]>2 お母さんは迎えに行ったとき kuriochiko

お子さんが泣いているのを見て、クラブの顧問の先生に相談に行ったと(事実かどうかはわかりませんけど)マスコミは報道していました。どうしてお母さんは、わざわざいじめられる行くようなクラブを辞めることを助言してあげなかったのか、されたのか?なぜかなぁ?でも本当のことは当事者でしかわからないから...


[14]なぜ学校が?の疑問について NAPORIN

・ひとつには学校が組織だからですね。

個人攻撃(とくに子供たちを責めること)はできない。

かといって学校も企業とちがってマスコミにさらされると弱いものですが。


・もうひとつには、学校が自分の無能を隠しているからです。

統計でいじめの数をみると、

県内でほとんど全くないという県もあります。

いじめがどこにもあると認めれば、ようやく

「じゃあ第三者としてのカウンセラーを入れましょう」

などの対策が始まるのですが、今のオトナが子供のころから

いじめはどこにもあったにもかかわらず、

今の先生を保身するため脊髄反射で隠してしまう。

それではいつまでたっても

「今のままが最高です、問題はなにもありません」と唱えながら

コンテンツが古くなるにまかせて没落するに決まっています。


・最後に、マスコミの裏には

教育基本法を変えたい政治家がいるからです。

教育基本法を変えることを、憲法改正につなげたいので、

できるだけ学校の不祥事をクローズアップして

問題だと知らせていきたいのです。

しかし、いじめは学校だけではなく

オトナ社会の反映だから

もともと政治家の今の施策も悪いということまでは

マスコミも言わないで、

責任を学校どまりにしておくのですよね。

これがどうにも怪しくて仕方がないです。


政治家は本気で法律に「愛国」を入れたら

いじめがなくなると思ってるんでしょうか。

全くばかばかしい話です。

いじめっ子の口実を増やし、何をされても「おまえも立派な日本人なら耐えろ」とだけ唱える教師を増やすつもりでしょうか。


いじめられている子供を支えられるのは、

「相手の失礼な行動を即座に叱れるパワー」です。

それはいじめっこも属している国への帰属意識ではなく

家庭や仲間への帰属意識とそれによる自尊心が生むものです。

国は、家庭や仲間を維持させることも壊すことも

必要に応じて行う装置です。

もちろん政治家自体を雇ったり、

首にしたりも法律ツールで適宜行う装置です。

装置(=法文、六法全書)の分際で

自分を愛せと人間に命令するのは

いかにもこっけいです。


[15]>5 つまり学校がいじめられている tokuya_n

そして学校は生徒をさらにいじめる。

生徒は大人になって学校をいじめる。

無限ループですたっくおーばーふろー


[16]いじめる側 dublin

いじめを行っている人間が100%悪いに決まってます。

いじめられる方が悪いということは全くありません。

それと、やはり親、教師はいじめを発見してあげなければならないと思う。いじめられている者としては、恥ずかしくて言えないものです。


[17]全体的に kuriochiko

●いじめる側

親:そのような子供に育ててあげないでください

●いじめられる側

親:もうすこし強く子供を育てあげてください

普段から子供の話を聞いてあげてください

○学校

どこか校長が言うことを二転三転させていましたが、あのような人が、学校の長であるかぎり、学校はダメで攻められて当然です。

親が育ててきた子供を教育するわけですから、難しい面もありますがまた家庭環境によっていじめの対象となりやすいお子さんもいるかもわかりませんが、校長を先頭に「いじめを無くす」というよりは「いじめをしないような生徒の教育」をしてほしいと思います。「テレビゲームの中でモンスターをいとも簡単に倒していく、死んだらリセットすれば良いという仮想の世界」と「現実の命ある人間(他の生物も含む)の尊厳」の違いと「命あるもの尊厳を実体験を元に教えてあげてください。

○マスコミ

真実の報道に努めて下さい。

○文部科学省

「事件は現場で起こっているんだ」

○社会

ネットとか技術は進んでいるが、何かこの日本社会は崩れてきていて、「心」が崩れてきているように思えます。それが大人社会、子供社会にも影響していると思います。

また「いじめ」はストレスの発散ではないかと考えます。

大人もストレスあるけど、最近のお子さんはいろいろとたいへんそうで、ストレスもたくさんあると思います。


[18]>6 世界は広がっている blanccasse

私もいじめがなくなることはないと思います。

「どんな集団・組織にも」、どれだけ過去に遡っても未来に辿り着いても。

自分の過去にはなかったと思っている人は、本人に自覚なく「いじめた側」であったか、

見て見ぬふりが出来て忘れた人、幸せで呑気な傍観者であった人。

けれど、子どもは親にも教師にも相談出来ないことが多いのが事実。

(いや、大人社会でのいじめだって、周囲に相談出来ない場合ばかりじゃないでしょうか。)

でも、だからこそ、「学校から逃げることを親や社会が認めることや

子どもが自責の念に駆られることなく生きていけるシステムを作る」ために、

社会全体のメッセージとして、

「現在その子が居る場所以外にも世界は広がっているんだ」

ということを伝えていかなければならないのだと思います。


[19]犯人探しの一環 Yuny

殺人事件があれば、犯人は誰だ!? となりますよね、報道のポイントって。

いじめがあれば、学校が悪い、というのは、教育の場に同じ論法を持ち込んでいるだけのように思えます。悪者を仕立ててしまえば、報道はラクとも思えます。

本当はいじめた方の人間の事情も聴いて(もちろんいじめる方が悪いんだけど)その背景をきちんと追求するべきです。

学校の先生っていっても、結局は大人なので、子どもたちが抱えている悩みを共有することは難しい。子どもの悩みは子どもにしか分からないと思うんです。「学校は把握していたのか」ということがよく追求されますが、100%は無理だと思うし、昨日まで仲が良かったのに今日になって急にいじめられるようになって、1週間後に自殺、ってケースも考えられなくはないし。それを先生が把握できるかはかなり難しいかと。

今の子どもたちの間のパワーバランスって、結構複雑です。ドラえもんみたいにジャイアンがガキ大将でのび太をいじめる、という簡単な図式ではなく。それを全て把握して目を光らせることは難しいでしょう。

ただ、何かある前から、先生や周りの大人(学校、家庭以外にも)がそれとなく話を聞いてあげられる自然な関係を、最初から用意しておければいいなあとは思います。そういうことから未然に防げることもあるのではないかと思います。

いずれにせよ、いじめは社会の問題なのに、学校の問題だけにすり替えられている報道の姿勢は、誰かが批判するべきではないでしょうか?


[20]自己中が増えているから booboo_002

というか、自己中が世の大半を占めるようになってしまったから。

親も現場の教師も、誰かに原因をなすりつける・・・

経済発展のために使い捨て文化を生み出し、生活の場での相互扶助が必要とされなくなり、お金さえあれば何とかなるという拝金主義がまかり通るようになった。人間関係が希薄でも何も問題が生じない。そのために生じた社会構造のゆがみがいじめの遠因になっている。

江戸時代の穢多非人の設置は階級社会のストレスのはけ口であったといった説もあり、いつの世も人間は・・・と思ったりもします。

とりあえず、子どもの居場所である学校を、批判の矢面に立たせるのが手っ取り早いのでしょう。


[21]>3 「自殺は誤っているという報道が必要」同じ意見です! lapin-milk

朝ズバとか見てると、自殺した子に代わって学校を成敗しているような印象を持ちました。

威勢はいいけど私にはマスコミが学校をいじめてるように見えます。

報復の無限ループ…

それよりいじめる側の病んだ心をどうにかすればいいのに。

安易な方向に走った報道を見ると怖くなっちゃいます。


[22]>14 最後、に大賛成! takahiro_kihara

バンザーイ、バンザーイ、…

ってやると、暴走しちゃって危ないんだよなぁ。

要するに、政治家は往々にして政治家様になるから、

有権者は政治家の動向には気を配っていなければならない、ということです。


[23]いじめられる側 cya-kun

いじめる方が悪いのは当然としても、いじめられる側にも必ず何か問題があると思う。

どうしてそっち側には触れないんだろう。。。


[24]そもそもイジメって何? ncnr

今言われているいじめって誰が決めるんですか?

客観的にイジメを定義するのは不可能だと思う。連続何日以上特定の対象を殴るまたは無視するなんて事でイジメが定義できるとは思えない。

いじめている側にはいじめているという意識はなかなか起きないと思う。せいぜい特定の対象のことが嫌いだからとか、むかつくから殴ったり無視したりする、という状況が多いと思う。

いじめられている側に冷静な判断が出来ると思えない。

よってこの世の中にいじめなんてものは無いとするのが一番だと思う。無視すること以外のイジメは基本的に何らかの触法行為(傷害、恐喝、ナドナド)をしているのでそちらで対処するのが妥当ではないかと思う。


[25]>23 問題があったとしても rikuzai

いじめという行為を受けたことでいじめられた側はいじめた側から十分責めを受けているのではないですか?

実際、いじめられた側の自殺という形で露見した場合、

いじめられた側は命という最大の犠牲を払ってしまっているので、

いじめた側がどんなにいじめられた側の原因や責任を主張しても、

世間には言い訳にしか聞こえなくなってしまうでしょう。


また、いじめられる側を責めたいのであれば、

そもそもいじめという陰湿な方法をとらずに、

別の方法ですればいいのではないかと。


いじめる側に選択肢がなかったというならば、

それこそが学校や家庭などの環境の問題だと思います。


[26]現代の日米社会の特徴、責任者は筋を通せ student34

なんでもかんでも公に責任を押し付けて、個人はあくまでも被害者だと言い張るのは、現代の日本やアメリカ社会の特徴だと思う。そしてそういう考えがあるから、家族や人と人の結びつきが極端に薄くなる。公がまったく信じられない社会では、家族、友人、地域、民族だけが最後の味方だという信念があり、だからこそ隣人や自分の住む場所に対して礼を尽くし、筋を通そうとする。ところがどうだ日本は?

そういうわけで、学校を責め立てようとするのは間違いだと思う。ただしかし、昨今の報道における学校の責任者のコメントの仕方には非常に問題を感じている。学校の責任者は、グダグダ言わずに、調査が必要だと考えるなら「早急に調査します」とひとこと、謝罪すべきと考えるなら黙って土下座すればいい。それが筋というものだと思う。なのに、チンタラと言い訳をして印象を悪くしている。なぜそうなるかというと、第一に管理者が外交慣れしていないこと、第二に管理者を補佐する人間が恐らくいないであろうということ、が大きな理由だと思う。この辺り、企業の謝罪会見なんかはさすがだと思う。特に欧米の企業は、よく計算している。エレベータ会社はちょいだらしなかったが。


[27]報道屋くたばれ blackdocuro

いじめ問題というけれども、これ自体は人類史上昔から未来まで消滅するわけがないのだから、問題というからには、その内容を定義、限定することからはじめるべきだと思う。今のマスコミはいじめが存在することがあたかも異常事態であるかのごとく報じてるのではないか。そのくせ、一時期過ぎると視聴率ゲットできないから別の話題に転じる。とても社会の公器とは思えない。


[28]事件の外側から metalcollar

あまり感情移入などが苦手で、しかもあまりやりたくないので。

学校ばかりが攻められるのは視聴者にうける(視聴率がとれる)からではないかと。これを保護者も同様に攻めたりしたときには視聴者受けはまずしないでしょう。


[29]>3 いじめはあるのは当然。 sakura19749

どこに行ってもいじめがないわけがない。

いじめがなくなるのは理想ですけど、現実はそうじゃない。

大人の社会でも弱者はいじめられている。

無視や暴力などのはっきりとわかるいじめもあるし、いじめとは表面上気がつかないいじめもある。

闘うしかない。


[30]>18 自殺という選択肢をなくす satsu18

死ねば楽になる、とか思わせないような

世の中にすべきだと思います。

上の意見にもあるように、いつの時代にも

いじめは存在して、マスコミがどうこう言っても

いじめ自体をなくすことはできません。

だから本人がどうにか耐えて

自殺以外の方法で逃げる(フリースクールとか)しかないと思う。


[31]教師がしっかりしていれば wwkorsai

教師がしっかりしていれば生徒は問題行動を起こさないと思います。

教師の能力の問題だと思います。


[32]空気を 読む imagaichiban

日本人は・・・・・・・・




列に並ばないと落ち着かない・・・・・



人の意見を聞くだけで・・・・・


自分の意見を持つことのできない人物が・・・・・


沢山いるのです。


[33]>8 親が港になる miyahiko

昔は家に帰れば片方の親がいたものですが、

最近は鍵っ子と呼ばれる人も多いようですね。

この辺も、自殺の要因となりうるでしょうか。


[34]>1 匿名2chとか miyahiko

有名、もしくは名前が特定している場合、匿名からのたたきは

結構ありますよね。祭りとか。

「出る杭は叩かれる」のインターネットバージョンみたいなものですね。

個性と叫びながら、やっぱり画一的な流れになっていくのでしょうか。個性的な人はいじめの対象になりやすいかもしれないですね。


[35]>7 緩衝材がない miyahiko

情報化とともに、子供たちも交流の場が限られてしまっていますよね。

みんな悪いから、みんな自分は悪くないと思っているのかもしれないですね。

どこから、学ぶかと言うのが問題になってきそうですね。


[36]>11 こんな話が。 miyahiko

いじめっ子が、自殺したお友達の御棺を覗いたとき、

笑って「死んでせいせいした」とコメントしたのが

事件になったこともありましたね。

犯罪を犯罪と考えていない人が増えてきているみたいですね。


[37]マスコミ Webiz

マスコミがいじめによる自殺問題を学校の責任として取り上げたら視聴率が良かったからそうやって取り上げているだけ。いじめ問題なんてずっと昔からあったのに。結局誰が一番悪いかというと、実際いじめをしている人達。


[38]>2 放任主義 miyahiko

最近は、赤子を車に放置して殺してしまうと言った事件が

少なくなってきましたが、子供がどうしているかという

興味を適度にもてない人も増えてきているのかも知れないですね。


[39]>15 確かに miyahiko

学校側も、体罰が話題になるのを恐れて、教師自体が

子供が非行に走っても何にもいえない時代みたいですが、

何でこんなふうになってしまったんですかね。


[40]>39 結局 Spaceshuttle

加害者が未成年で、迂闊に「報道攻撃」する訳にいかんから、かわりに学校を・・・の論法かな?


[41]>33 十分なり得るでしょう。 takahiro_kihara

一般に子どもの脳は、大人に比べて未熟であるため、

欲望を自制する機能が弱いのです。

だから一般論として、子どもは感情をストレートに吐露するでしょう。

これは、その場面を間違えなければ良いことなのです。

お相撲さんが、仏頂面して相撲とってるの見たって、大して

楽しくはありません。

また、クラシックの音楽家の人って、外見も魅力的な人が多いですよね。

でも、見た目ばっかりに気を遣っていてもしゃーないのです。

特に、世の多数派である♂にとっては。

一番大事なのは、中身です。そら、頭の中身が外見ににじみ出る、

と言うことは当然ありますが、外見だけ気を遣っていても中身が磨かれることは多分100%あり得ません。

さて、話がずれてしまったので、本題の「鍵っ子」問題ですが、

鍵っ子が自殺の原因になることは十分考えられます。

だから、何も考えずにお金、カネ、と言って、家庭を守るべき立場の人(♀、とは限りませんが。)が家の外に働きに出るべきではないのです。家に、子どもを守ってあげられる人がいなくなってしまいます。

もちろん、そんな悠長なこと言ってられん、という状況もあるでしょうが。

ただ、こうして社会の少子化現象は進んでゆくのです。

そういう大局的な視野を持たない政治屋には、少子化の流れは止められませんから。


[42]>27 資本主義社会の限界 takahiro_kihara

現代日本の社会に於いて、報道機関が報道屋、になるのは、仕方のないこと。

資本主義社会では、視聴率第一主義にならざるを得ないんだもん。

視聴率以外に、番組の内容を評価する客観的基準があれば良いんだろうけど。

BBCは、どうやってるんだろう?


[43]>38 昭和の時代の親は良かった。(多分) takahiro_kihara

子どもを健全に育てること【だけ】を考えていれば良かったのだから。

今は違います。まず、こどもを【安全】に育てなければならない。

車社会の現代日本に於いて、100%安全だ、なんていうことは、100%あり得ないのにね。

また、親自身も、子どものことばかりかまってはいられなくなってきた。アレも楽しい、これも楽しいんだもん。

【下ネタ】

昭和の時代で楽しいことと言えば、アレしか無かったんだけど…

(特に♂にとって)

まぁ結局は、

♪巡る、巡るよ時代は巡る?by miyuki NAKAJIMA

ですかね。


[44]>13 クラブは、辞めてはいけない takahiro_kihara

という文言を、某育児雑誌で見かけた

とかいうことじゃないかなぁ?

辞めたきゃ、辞めて良いのにね。

死んじゃぁダメだけど。

死ぬより辛いことなんて、あるわけがない。

半殺しの目に遭えば、わかるョ。


[45]>37 マスコミのあり方は、国民の鏡 takahiro_kihara

いじめっ子にも、五分の理はある。

だって、あいつの言動、カチンとくること多いんだもん、とか何とか。


[46]>12 障害は障害 takahiro_kihara

障害を「障がい」などと書き換えてみたところで、

障害というコトバの持つ意味は変わりませんから>札幌市長

書き換えてみよう、という姿勢自体は評価できますが。


[47]隠そうとするから、学校は悪いのです unknownmelodies

学校側は(殆んどの場合)直接の当事者ではないから、本当は被害者なのかもしれません。でも、いじめがあった事実を隠し、あたかもいじめた側を助けるようなまねをするから、

やはり学校は悪いのです


[48]>22 ん?もしくはマスコミの良心? NAPORIN

マスコミにとっても、自殺問題を大きくとりあげるのは、

現在起こっているような連鎖反応(岡田有紀子さんのときから

ありました)を防止したい立場からいうと

すごく危険な行為のはずなのですが、

教育基本法への抵抗として仕方なくやっているのでしょうか?

とにかく、今の状況では、

身の回りの子供たちだけでも、ニュースから隔絶したいと

思うのですが・・。

みなさん子供にニュースって見せてますか?

怖いから辞めろといって止めますか?


[49]>48 余談ですが、教育基本法に関するたとえ話 NAPORIN

デスノートに、「拾ったもの(ライト)は憑いた死神(リューク)を愛するべきだ」というルールを書いてあったら、ライトがザーっと引くに決まってるじゃん。


[50]>15 みんなに優しい社会へ行きたいもんです hanatomi

ああしろこうしろと教師に押し付けて、できなかったら文句言って、じゃあだめなんですね。何をどうしたらいいんだろなあ。


[51]>36 人にも自分にも hanatomi

冷たいかんじですね


[52]進行形で考えるべき Halumasa

誰が悪いとか責任の追求じゃなくて解決策をみんなで探していくべきかと...

認めない学校も悪いしお役所仕事の教育委員会もダメ

簡単に自殺する子供や先生もダメ

それを責任転嫁する親もダメ!

結果しか報道しないマスコミもダメ

それによって連鎖がおこっているという事実

マスコミも含めていじめがあっただけじゃなくて

死者が出るほどの問題に発展しなくなるよう考えていくべきだと思う

教育改革を行うという安倍さんに期待したいところです


[53]言葉遣いを教えるべき ratonantena9-12

今の日本人は言葉の使い方を知らない人が多いと思います。

人を傷つける言葉を平気で言う子が多いからいじめがなくならないと思います。

まず、学校の先生や親は言葉遣いを学ばせるべきだなと今回のいじめ報道で思いました。

学校ばかりが責められるのは間違っていると思いますが、生徒が死ぬほど悩んでいるのに周りの人が誰も助けられなかった状況自体がおかしいと思います。

今の子供は孤独なのだなと思いました。


[54]>16 なぜ。 miyahiko

そうですね。基本いじめるほうが悪いと私も思います。

しかし、なぜメディア的にも騒がれている問題がへるどころか

自殺者が増えてしまうのが疑問でなりません。


[55]>17 お互いの利益と損失 miyahiko

学校は問題を起こしたくなく、

両親は自分の息子が一番であるべきと期待し、

子供は自分なりに迷惑かけないようにする。

両親は教育を学校に任せ、

学校は親に刺激を与えないよう生徒をほおって置き、

子供は親や、先生に見つからないように行動する。

自分自身の損失を防ぐ為に、他人の利益を失っているように

思いますね。


[56]>19 マスコミの問題提起はいいとは思うのだけどね miyahiko

学校のことが大きく取り上げられて、事前にわかっていたとか

解っていないというのが表ざたになっていますよね。

ただ、私としては両親が事前にわかっていたかどうかだと思うのですよね。

不謹慎ではありますが、自殺すると言うことが解っていたら、果たしてその親は止めに入れたかどうかなんとなく疑問なんですよね。

嫌な奴は排除してよいと言った流れに来ているような気もします。


[57]>20 江戸時代 miyahiko

確かに差別と言うのは昔から存在はしていたと思いますね。

今はネットの進化により、表で遊ぶ人もいませんし交流自体は

減っていますよね。

情報は多くても、自分の欲する情報しか拾えないと言うのがネットのデメリットだと思うのです。それが重なることで自分自身の

価値観のみが強化されすぎてあわない人は排除すると言った

形にもなりかねませんね。だから自己中が多くなってるのかも

知れませんね。


[58]>24 セクハラと同じかも miyahiko

確かに、本人にいじめをやっていると言った意識はない様に感じますね。謝罪のコメントも、模範的なものばかりですから。もっとも、マスコミからしか知るすべはないですが。

日本文化は欧米文化と比べて、言葉に表に出ないニュアンスというものが在ると思うのですが、若年層になるにしたがってイエス・ノーはっきりする文化が多くなっているように感じます。

ここが学校の先生と、親と、子供でギャップがあるためにうまく

交流できていないのかも知れないですね。


[59]>25 善か悪か miyahiko

第三者的にはいじめは例外を除いて悪に決まっているとは思うのですが、果たして本人がそのことを意識してやっているかどうか疑問なんですよね。

無邪気さで、自覚もなくやっていることを悪だといえるのかどうか。結果論としては悪だとしても、自殺させるまでの仮定は無邪気な子供心で在ると思うのですよね。

意識できないでやっているのならそれは善でも悪でもないような気もするんですよね。


[60]>26 急速な進化の代償 miyahiko

学校の責任者は比較的年配の方が多いと思うのですが、

まだ日本のあいまいと言う文化を悪い方向で引っ張ってしまっているのかもしれないですね。

http://www.youtube.com/results?search_query=%E9%A0%88%E8%B3%80%E...

例えばこんな事件にそれが見れますね。

youtubeのHPで「須賀川市」で検索すると見れますが。

で、糾弾するほうはアメリカ社会気味によっているので

お互い摩擦がうまれているのも問題のひとつかもしれませんね。


[61]>28 マスコミの利益 miyahiko

当然マスコミも商売でやっているわけですからね。

利益のみの追求が今の状態を生んでしまっているかもしれませんね。

だから、癒し系グッズがはやるのかもしれませんね。


[62]>30 親以外の第三者の保護者が必要な時代なのかも miyahiko

当然いじめはどこでもあると思うのですよね。

ただ、本人の許容量が違ってくるのでしょうね。

それを親に吐き出せない、かつ周りにも相談できない

時代なのですね。

お金を取って、偏見をもたれない子供教育専用の

教育者と言うジャンルが必要になってくるかも

知れないですね。


[63]>57 何時の時代にも自己中はいたけれど booboo_002

一人で生きることが難しかったんだと思います。

高度経済成長期に核家族化がすすみ、家族単位が小さくなったことで、接する家族の年齢層の幅が狭くなった。接していない年齢層を理解できないため、よそでも接点を避け、年寄りを見てみぬ振りをする。やがて親になって、親の姿勢が子供に反映する。少子化で親も子を甘やかす。

千差万別の家族のあり方を十派一絡げに批判するのは難しい、で、学校に批判が集まってしまうという見方もありでしょうか。


[64]>62 僕の学生時代は tkdmsk

保健室の先生がそういう立場でしたが、今はどうなんでしょう。

臨床心理士を学校や教育センターに派遣している自治体もあるみたいですが

子どもにはまだまだ敷居が高く感じられるんでしょうね。

匿名性の高いインターネットを利用することを検討してもいいかもしれません。


[65]>58 謝罪コメント ncnr

いじめていた生徒の謝罪コメントは模範的でなければまたマスコミに叩かれる

ということがわかっているから模範的になるのはわかるのですが、

学校や教育委員会の対応が悪すぎると思う。

もう世間的にはイジメがあるということで定着しているのにまだ

学校や教育委員会はイジメは無いなどというコメントを発表したり、

明らかに遺書だと判断できるものを『お手紙』と表現だけでなんとかやり過ごそうとしていると思う。

あの対応は考えられない。その後を考えれば素直に謝罪するのがよいと思えるのに・・・


[66]イジメられたら イジメ返せ! FireBird

いじめられている人は、一度くらい いじめかえしてみろ!

いじめている人は いじめられたことが ないのかもしれないので

双方にとって いい人生経験になるだろう

いじめている人を 一度いじめかえしてみると

楽しくて くせになるかもしれんよ


[67]>66 お互い傷付けることは大事 miyahiko

ハリネズミのジレンマという言葉がありますが、

傷ついたり離れすぎたり、また傷ついたりの繰り返しで

お互いの最も良い状態を作る経験をすべきだと思うのですが、

最近は守られた状態から、傷つけることができるというのが

私は問題だとは思うのですよね。

喧嘩で得られる友情というのがなくなってきているような

気もします。


[68]>49 創造することができない。 miyahiko

最近の子供特に成績のいい人に多く見られるようですが、ルールの上でしか行動できない人も増えているような気もします。

教育基本法や、法律で縛るような動きもありますが、

本来はそう在るべきではないと思うのですね。

親のしつけ方も、最近は車掌さんに怒られるから

座っていなさい、とか店員さんに見られるから止めなさいという言葉を良く聴きます。

将来、見てなければ大丈夫、ルールじゃないから

大丈夫という考えが国を苦しめそうな気もします。


[69]>47 生徒に何もできないという事実も miyahiko

私も、直接の当事者は親だと思うのですね。

かといって、学習以外の教育を放棄する学校側も

どうかなとも思いますね。


[70]>53 日本の言葉と欧米化? miyahiko

日本の言葉は1つの発音の中にもいろんな意味を持つものでした。

今はどちらかというと、簡単な言葉だけを使う。発音のみを

重視する文化になりつつあるように思います。

その結果、文章自体に表現力がなくなるため、絵文字や、顔文字で補足するといった流れになってきているように思います。

だから、もしかすると小さい子は「自殺=死んだ」としか考えられず、自殺するものの苦しみというのを理解していないように

思いますね。


[71]>31 教師にライセンス miyahiko

結局教師になるのは簡単だと思うのですが、その中に会社のよ

うに一貫した目標が明確になく、個人個人に任せていることにも

問題が在るような気がします。

教師も十人十色であるのは非常にいいと思うのですが、

各分野において一定以上のレベルまでは強制的でも

やっていかないといけないのかも知れませんね。


[72]>32 正しいかどうか miyahiko

今は情報がありすぎてどれが正しいかわからないというのも

在ると思いますね。

本来の情報を探すのが手間である為に、情報をランキングにした

情報を利用すると思います。

そうすると、どうしても価値観が一緒になってしまったり、

正しい情報が伝わってこない危険性もありますね。


[73]>4 一番理想。 miyahiko

多角的に見るためにやはり同じ立場に立った上での

判断というのが必要になってくると思います。

ただ、そのための標準をどこにおくかというのが

課題になってきそうですね。


[74]痛みを知らないからいけないと思う。 miyamuyuki

誰が悪いとかって難しいですよね。

相手を傷つけたとか、痛みを与えたことが悪いと思わないのが問題なんでしょうね。

なぜ、相手の痛みが分からないのでしょうか?

赤ちゃんや子供はもともと残酷です。

虫だって平気で殺しますし、猫や犬にだって酷いことをしますよね?

悪いことや相手が不快だと思うことを、やってはいけないと親が教えてあげないといけないんじゃないでしょうか?

みんな責任転換し過ぎているような気がします。

親が子供をしっかり躾け・教育できていないことがもっとも大きな問題だと思います。

すぐに学校へ責任追求するのはおかしいです。

仮に自分が親だとして、子供がいじめられたら学校に相談はするかもしれませんが、相手の親に文句を言うと思います。

(そもそも、親が直接関与することは避け、子供同士で解決できるようになれのがベストだと思いますが難しいですね。)

学校が完全に関与しなくても良いといっているのではなく、根本はいじめる側も、いじめられる側も親にも責任が多くあるのではないでしょうか?

自分は田舎育ちなので、子供の頃は虫や蛙など多く殺しました。

今思うと、酷く残酷なことをしました。

子供同士の喧嘩も多くしました。痛かったし、相手も痛かったと思います。

現代社会では、過保護に子供を育てる傾向にあり、子供のうちに経験しておくべきことが経験できないのも原因かなと思います。

子供は田舎で育ったほうが、いろいろ経験できて良いと思います。

人間同士のかかわりも深いですし、自然に触れられますし。

まとまりの無い意見となってしまいました。。。

いじめは学校に責任があるとは思わず、親や周りの環境が大きく関わってくると思うのが私の考えです。


[75]>59 (いじめられる側について)でも、 hanatomi

衝動的だったりとばっちりだったりする瞬間はあると思いますよ。


[76]>39 コミニュケーション hanatomi

が減ったのかなぁ。


[77]>9 大小の差はあるけれど ririsu-1

大人の世界でも子供じみたいじめは、非常に多いのではないかと思います。仕事場でもいじめがあるようでは、子供を持つ親が子供に対して教育できるわけがない。今非常に問題なのは、大人の方だと感じます。子供に対して、思いやりをの気持ちを育てられる親がどれだけいるのでしょうか。先生も同じ問題ですね。人の痛みを分らない人間が多い理由を考える時代なのかもしれません。


[78]>74 学校の責任にするのは簡単ですよね 知らないふり ririsu-1

親がいけないと思います。人の痛みを知ろうとしない時代なのだと思います。その癖、自分が痛むと今まで知らん振りしていた癖に物凄い勢いで騒ぎ出す。(いじめの話と離れていますが。)自分さえよければどうでもいいという時代が凄く嫌です。誰かが痛んでいれば、自然に誰かが助けられるような社会になって欲しいですね。人が必要以上に痛んでいると、自分は関係ないからと凄く遠ざかり避ける人が多いのではないかと思います。


[79]>66 イジメられたらイジメかえすことを教える事! FireBird

日本の家庭や学校の一部分では、

昔の日本の常識は通用しないのである。

外国人も増え、日本人同士でも意味が通じないような

言葉を使っている人がいる。

家庭の親、学校の教師の人間としての出来具合は、

未成年者にとって人生を左右することなのであるが、

最終的には、親や教師に頼ってすがりついていても解決しない。

イジメられたらイジメかえすことを教えなさい。

親から行儀をひどく叱られたり、教師から

日本人としての礼儀作法や道徳を正しく

教えられたことがない未成年者は

自分自身の体験から生きていく術を身につけていくことです。

親や教師たち自身が、自分の親から行儀を躾けられたことがないし、

学校の教師から日本人の礼儀作法や道徳を教えられた

経験がないのだから、どんなに現在の一部の親や教師が

頭をひねってみたところで、解決するはずなどないのである。

イジメかえすときに程度がわからなくて、

相手にダメージを与えすぎるかもしれないが、

多少のことはやむおえない。

イジメかえした時の実際の体験から双方が学ぶことは多いだろう。

現在の一部分の家庭や学校に依存している限り、

問題は解決しないということを はっきり申し上げておきます。


[80]>79 ちょっと。。。 miyamuyuki

極端すぎるし、断言している根拠が良くわからないです。

いじめってのは、いじめられる側が少数で、いじめる側が多数になる場合が多いので、いじめ返す手段も示さずに、「いじめ返せって」言うのもどうかと思います。

「イジメられたらイジメかえす」ってのは、不幸になる人が増えるだけじゃないですか?

仰られている現実問題は的を得ている部分もあるように思いますが、解決の手段がメチャメチャ。

「じゃあ、どうすれば解決するんだ?」と言われそうですが、あいにく私は解決策を持ち合わせおりません。

中学校時代に、いじめられた経験を持ちますが、あんなもの簡単に解決できるわけが無い。

傾向として、いじめが発生する環境は以下になると思います。

・人数が多い。

・年齢が増すとともに内容が陰湿化する。

(いろいろな悪知恵がつきます。)

いずれも解決できるような原因ではないですよね。

いじめる方法を教えることは出来るかもしれませんが、いじめ返すことを教えるようなことは難しいと思います。

いじめられる側は、多くのいじめる側を相手にしています。それを味方につけて、それからいじめ返すなんて出来ないと思うんだけどな。

根本は、いじめることも、いじめ返すことも議論すべきではないと思いますが。。。


[81]ヤマアラシのジレンマ・・・ oo7

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%A2%E3%83%A...

>ヤマアラシのジレンマ:

>「自己の自立」と「相手との一体感」という2つの欲求によるジレンマ。

>寒空にいる2匹のヤマアラシがお互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、

>針が刺さるので近づけないという、

>ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの寓話による。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%82%A...

>第四話

>雨、逃げ出した後

>Hedgehog's Dilemma (※3)

>※3 心理学用語の「ヤマアラシのジレンマ=the Porcupine Dilemma」から。

>ここで使われているHedgehogはハリネズミのことで、わざと変えてある。

とにもかくにも、人と人との間の機知を大人が先に理解していないと、子供には伝わらないと思います。

極端な事を書く人も、そうでない人も、まずは実際のケースで最低10以上のバリエーションから学ぶ事から始めないと、ここで繰り広げられているような感じになってしまいます。

基本は「いじめ」じゃなくて、「いやがらせ」と表現を変える事から始めないと駄目です。

「いじめ」られるんじゃなくて、「いやがらせ」してくる、のが問題なんですからね。

後は、具体的に「暴行」、「かつあげ」、「万引きの強要」など、それぞれの行為を指摘しなければ、いやがらせをする側は「いつものことじゃん!いじってるだけだよ、何がわるい?」と、子供も大人も思うだけです。


[82]>79 根本的な解決方法は 戦前の学校教育を受けた人が昔の日本人のことを生徒に語り聞かせること FireBird

戦前戦中に初等中等教育を受けられた地元の人徳のある方を

学校に招いて 戦前の学校や家庭での生活について

教師と生徒の前で 毎週 語っていただくことです。

戦後61年を経過してしまっていますから

日本人の道徳や礼儀作法をつなぎ続ける最期の機会です。

孝行(こうこう)

親に孝養をつくしましょう

友愛(ゆうあい)

兄弟・姉妹は仲良くしましょう

夫婦(ふうふ)ノ(の)和(わ)

夫婦はいつも仲むつまじくしましょう

朋友(ほうゆう)ノ(の)信(しん)

友だちはお互いに信じあって付き合いましょう

謙遜(けんそん)

自分の言動をつつしみましょう

博愛(はくあい)

広く全ての人に愛の手をさしのべましょう

修学(しゅうがく)習業(しゅうぎょう)

勉学に励み職業を身につけましょう

智能(ちのう)啓発(けいはつ)

知識を養い才能を伸ばしましょう

徳器(とくき)成就(じょうじゅ)

人格の向上につとめましょう

公益(こうえき)世務(せいむ)

広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう

遵法(じゅんぽう)

法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう

義勇(ぎゆう)

正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう

http://homepage2.nifty.com/www_main/tyokugo/tyokugo.htm

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E5%88%B6%E5%AD%A6%E6%A0%A...


[83]>81 マニュアル化? miyahiko

両親自体も、善悪の区別が核家族化ということと、井戸端会議の減少。中流意識と事実のギャップをプライドによって補足してしまってることにより、表の目を気にしすぎるというのも

背景の1つに在るような気がします。

いじめさえもHOWTO本を作らなければいけないのかもしれないですね。


[84]>82 問題は常識という言葉で怠けてしまうこと。 miyahiko

以外に常識だと言っていることが、人によって全然違っていたりすると思います。

しかし、自身では当たり前のことでも、人によっては一から教えない解らない場合もありますよね。

どのくらい違っているのか考えずに当たり前のように言ってしまい、結果圧力の原因になってしまいがちですよね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ