人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「ほんとにありがとね」その人はわたしに言う。残念ながら、「わたしがむすめ」だということはもう分からないらしい。何度も何度も頭をさげる。「本当にどこのどなたか知りませんが、ありがたいことで」「いえいえ、仕事ですから」その人の中では、わたしは、ヘルパーさんということになっている。「あんたも、おかあさん、いらはるんか」何度も質問された。「え、ええ。田舎で元気に暮らしています」「そっか、そりゃええ、わしみたいにならんうちに孝行しなはれや」「そうですね、山岡さん」。わたしは、わたしの旧姓を呼ぶ。「じゃあ、また来週きますね」「おおきにな。あんたの親御さんにもよろしゅうな」。わたしは、帰りの軽自動車の中でいつも涙が止まらない。「創作はてな」です。よろしければ、続きをお願いします。

●質問者: aoi_ringo
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:はてな まら ヘルパー 創作 山岡
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● ksfsa5
●15ポイント

しかし、最期まで演じきること。

それが母にとって一番幸せだと思うのだ

私は苦しい。とても悲しい

でも一番寂しい思いをしているのは母。

どんなに記憶を忘れても

私が娘であることには変わらない。

◎質問者からの返答

そうですね。

そうだと思います。

ありがとうございました。


2 ● jyouseki
●15ポイント

次の日、病院から電話があった。

「お父さんが娘さんに会いたいとおっしゃっています」

「でもわたしのことはもうわからないはずですけど・・・」

「それがちゃんとあなたの名前を認識しているんですよ」

「ええ!?」


わたしは半信半疑のまま病院へ向かった。

父がベッドに寝ているが、明らかに表情がしっかりしている。

「急にお前に会いたくなったんや。もう1年ぶりくらいになるか?」

1年前というと父が倒れて病院に入院した頃だ。

「そ、そうね。久しぶりね」

無理に話を合わせてみた。

「お前は小さい頃から、手のかからないいい子やったよ」

「そうかしら・・・」

「ちょっと頼みがあるんだが、いいか?」

「何?」

「急にメロンが食べたなってな」

「すぐ買ってくるから待っていてね」

わたしは軽自動車で果物屋に向かった。

1番高級なメロンを買って病院へ向かおうとしたとき、携帯電話が鳴った。

「おとうさんが意識を失いました」

「す、すぐに行きます」


父は2度と目を開けることはなかった。

その日の夜、父は安らかに息を引き取った。

なぜ、最期のときだけわたしのことを娘だと理解できたのかは今でもわからない。

ただ、私は一生、父の命日には仏壇にメロンを供えることを忘れないだろう。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

いちおう、設定では、老人は母のつもりでしたが、

最後まで迷った「わし」がよくなかったみたいです。


3 ● kurupira
●15ポイント

私が小さかった頃をふと思い出した。

母がまだ若くて元気な頃だ。

よく遊んでくれたり、悪い事をした時は叱られた。

涙がもっと溢れてきた。

◎質問者からの返答

記憶の中の母はなぜあんなに元気なのでしょうか。

ありがとうございました。


4 ● ttz
●20ポイント

「これでよいんじゃ。そう、これで・・・。」

‘山岡さん’は、そう小さな声でつぶやいた。

こちらの頬にも、一滴のしずくが流れた。

いつものことだ。

余命一ヶ月。

感情を表に出してしまうと、無性にこの世に居つづけたくなる。

「これでよいんじゃ。そう、これで・・・。」

◎質問者からの返答

なるほど。

深い読みですね。

ありがとうございました。


5 ● garyo
●15ポイント

だが、泣いてばかりもいられない。私には仕事があるのだ。

新宿西口から歩いてすぐの所に事務所がある。場所は国家機密だ。

エレベータを出て正面の扉にカードキーを差込みパスワードを入力する。

正面のカメラを覗き込む。ランプが赤から青に変わる。生体虹彩認証だ。

「おつかれ。休暇はどうだった?」

涙の後が見えないよう目を合わせず自分の席に向かう。

席につけばパーテーションがあるから大丈夫だろう。

「早速で悪いんだが、アメリカに飛んでくれ。

中間選挙を前に成果がほしい米当局が北朝鮮とどんな取引をするのか。

特にライス国務長官の周辺を洗ってくれ」

「わかりました。すぐ向かいます」

「そんなに急がなくてもいいぞ。一息ついたらどうだ」

「いえ、仕事ですから」

・ ・ ・

一触即発の東アジア情勢。

冷戦終結後、後退したロシアに変わり台頭した中国。中国と同調する韓国。

国家体制崩壊寸前の半島の火薬庫北朝鮮。

激動する東アジアで安倍総理大臣が公約としてあげた「日本版CIA構想」。

内閣官房直属の日本中央情報局。警察、防衛庁や内閣情報調査室、外務省、

民間から多くの優秀な人材が登用された。

その中の「対外情報機関」で唯一採用された民間人女性スタッフが私だ。

スタッフは採用時に整形手術を受け、新たな戸籍やパスポートを受け取る。

身内と会うことは限定された条件下で可能だが自分の正体を明らかにしてはならない。

アメリカへ向かう飛行機の中で私は座席を傾けて雑誌を顔の上に置いた。

涙は現地につく前に乾いているだろう。

◎質問者からの返答

すごい話でした・・。

ありがとうございました。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ