人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アスピリン喘息の人は、頭痛や生理痛、また肩こり・腰痛の時など、どのような薬を使っているんですか?

●質問者: shinn8naga9ra
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:アスピリン 喘息 生理痛 肩こり 腰痛
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● hoeizon
●20ポイント

比較的安全に使える解熱鎮痛剤は、アセトアミノフェン、 塩基性非ステロイド性消炎鎮痛剤などになるようです。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~yakugaku/Aspirin.html


以前にも似た内容の質問がありますので、参考にして下さい。

http://q.hatena.ne.jp/1063779624


2 ● ネオ筑摩屋松坊堂
●20ポイント ベストアンサー

アスピリン喘息のみならず喘息のある人には原則としてNSAIDsは禁忌です.使えるのはアセトアミノフェンです.(OTCではタイレノールなど)

ただ,あまりにも頻繁に(例えば何ヶ月間も毎日)服用すると肝障害の恐れがありますので,本人が危険を承知なら試しにCOX-2選択的阻害薬を使う事もあります.(OTCはありません.処方薬ならハイペン,ロルカムなど)


3 ● なぽりん
●20ポイント

吸入薬をつかいながら鎮痛薬をつかってもなんだか意味がないので、基本的に鎮痛薬は使いません。

生理のときは布ナプキンと食餌療法(卵抜き)で痛み軽減。

腰痛肩こりのときは寝るかストレッチ(太ももの前の筋肉とか)。

頭痛のときは我慢・・・。


4 ● kyouryu
●20ポイント

アスピリン喘息の場合、酸性非ステロイド性抗炎症薬によって引き起こされることが多いので、その他の種類の薬を使用すると思います。

痛みや炎症の場合は、塩基性非ステロイド系抗炎症剤を、筋収縮性頭痛や肩こりなどには筋弛緩剤やマイナートランキライザーを使用するのではないでしょうか?

基本的には、薬を使用するときは医師や薬剤師に相談しながら、使用することが原則だと思います。


5 ● kaori-t
●20ポイント

http://www.geocities.co.jp/Beautycare/4626/t5204.htm

http://www-yaku.meijo-u.ac.jp/Research/Laboratory/chem_pharm/mhi...

塩基性非ステロイド性抗炎症剤(ソランタールなど)アセトアミノフェン(カロナールなど)は安全な場合が多いようですが、それっでも個人差があるので、個別に医師の指示を受けるのが安全なようですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ