人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ドーパミンの作用・影響を教えてください

●質問者: mercileaf
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:ドーパミン 作用
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● jyouseki
●35ポイント ベストアンサー

http://allabout.co.jp/health/stressmanage/closeup/CU20050605A/in...

>私たちの心の動きは「脳内物質(脳内神経伝達物質)」のはたらきと関係しています。

>A ドーパミン

快」に関わる脳内物質。この分泌が多いと、食欲や性欲がわき、やる気がみなぎる。


http://allabout.co.jp/children/ikujinow/closeup/CU20060630B/inde...

>パチンコやパチスロの特徴である、音や光で演出された派手な「大当たり」の経験は、快楽物質であるドーパミンを分泌させ、興奮状態を引き起こす。

>この時、同時に脳の興奮を沈静するためにコルチゾールが分泌されるが、パチンコで強い刺激を与え続けると脳は極度に興奮、大量のコルチゾールによって一気に沈静化した体には快感を得たいという欲求が生まれ、衝動が抑えられなくなるのだという。


人間にとって必要でありながら、依存症を引き起こす原因にもなる物質です。


2 ● hanatomi
●35ポイント

http://sunakake.littlestar.jp/stop_pati4.html


分泌が少ない,または出ない人は,《パーキンソン病》と呼ばれています。

パーキンソン病は,思っていても行動ができなくなるを言う症状のようです。

分泌を促す薬と言うものがあり治療もだんだん可能になってきています。


しかし,多すぎる又出過ぎる とどうなるのでしょうか?

依存症になることは言うまでもなく,

幻覚や パラノイア(精神分裂病の陽性症状)になってしまうのです。

運動や,話することにまで症状が及んでしまいます。しかしながら,治療法については,触れられているところは少ないと言うのが現状なのです。


3 ● fdskaf
●10ポイント

http://sunakake.littlestar.jp/stop_pati4.html

ドーパミンとは


4 ● motojam1
●10ポイント

作用:運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習など


影響:統合失調症 強迫性障害、トゥレット障害、注意欠陥多動性障害(ADHD)

http://www.tmig.or.jp/J_TMIG/kouenkai/koza/67koza_2.html


5 ● manoblog
●10ポイント

http://trauma.or.tv/1nou/3.html

ドーパミン

快感を増幅する神経伝達物質


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ