人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「千の風になって」という詩をご存知の方は多いと思いますが、この詩と同様にあまり知られていない、けれどとても心を打つ、原文が外国語の「ことば」を知りませんでしょうか。
詩でも、童謡でも、言い伝えでも、教えでも、数えうたでも、なんでも構いません。
作者不詳だったり、作者が無名だったりするのがいいです。
現代音楽の歌詞というのだけはナシでお願いします。(ほしいのは、そういうのではありません)
ではよろしくお願いします。

●質問者: neyorawa
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:千の風になって 外国語 歌詞 現代音楽
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● anarchycafe
●23ポイント

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4872334795

http://www.aritearu.com/Influence/Native/NativeBookPhoto/Rainbow...

ネイティブアメリカンの方々に伝わる伝承を本にした「虹の戦士」はいかがでしょう。

この物語は1962年に英語で出版された。原作者は不明という不思議な

感動的な本であるが、アメリカ・インディアンたちの間ではこの物語は

実際にあったことだと信じられている。

読むと元気になれる本だと思います。おすすめです。

◎質問者からの返答

気になります。買って見ますね。ありがとうございます。


2 ● nofrills
●23ポイント

かなり広く知られているかもしれませんが、『虹の橋』(オリジナルは英語)。

テクストは以前の「はてな」の質問をご参照ください。

http://q.hatena.ne.jp/1148993094


下記のウェブページにいくつか、「作者不詳」の(おそらく)英語圏の

「ことば」があります。

(「犬の十戒」「犬の聖歌」「もうすぐ犬なみ」など。)

http://nihon.matsu.net/nf_folder/nf_yomimono/nf_yomimono.html

この中の「もうひとつの虹の橋」は、

元々の「虹の橋」に誰かが書き足したものだと言われています。

◎質問者からの返答

虹の橋だけは知ってました。いい詩ですよね。作者不詳集も拝見しました。ありがとうございました。


3 ● CommanderDATA
●22ポイント

作者不詳ではありませんが、

ドイツの作家、詩人のツェザール フライシュレン(C?sar Flaischlen (1864-1920))の詩、「心に太陽を持て」はどうでしょうか。

とてもいい詩です。

和訳

http://www.hikoboshi.com/eba/inori/inori162Yamamoto.htm


原文↓

Hab Sonne im Herzen (Have sun in heart)

1.

Hab' Sonne im Herzen, obs st?rmt oder schneit

Ob der Himmel voll Wolken, die Erd voller Streit.

Hab' Sonne im Herzen, dann komme was mag,

das leuchtet voll Licht dir den dunkelsten Tag.

2.

Hab' ein Lied auf den Lippen mit fr?hlichem Klang

und macht auch des Alltags Gedr?nge dich bang!

Hab' ein Lied auf den Lippen, dann komme was mag,

das hilft dir verwinden den einsamsten Tag!

3.

Hab' ein Wort auch f?r andre in Sorg' und in Pein,

und sag, was dich selber so frohgemut l?sst sein:

Hab' ein Lied auf den Lippen, verlier nie den Mut,

hab' Sonne im Herzen, und alles wird gut.

◎質問者からの返答

山本有三が訳してるんですね。2つのバージョンがありましたが、あとのほうが個人的には好きでした。ありがとうございました。


4 ● TomCat
●22ポイント

http://www2s.biglobe.ne.jp/~symd/Rainbow/Rainbow_bridge_index.ht...

まず、「虹の橋」。これはネィティブアメリカンの生死感を元に描かれた詩と言われています。世界中の動物を愛する人達の間で語り継がれ、「虹の橋で」、「虹の橋のクリスマス」といった詩も生まれています。

http://www2.wbs.ne.jp/~tery-pal/top/inunoseika.htm

「犬の聖歌」。これは19世紀の法廷陳述の内容が伝えられているものです。

1869年10月28日、ミズーリで、猟犬が牧羊業者によって射殺されるという事件が発生しました。愛犬を殺された友人のために代理人となって法廷に立ったMr.George Graham Vestは法廷でこの言葉を述べ、いかに犬の命が尊いものであるかを力説したんですね。このスピーチによって法廷は涙に包まれ、その後たった2分で判決が言い渡されたと言われています。以下に、伝えられている原文を添えておきます。

to "Man's Best Friend", the Dog


On Oct. 28th 1869 in Johnson County, Missouri a hunting dog by the name of "Old Drum" was gunned down by a sheep farmer. The farmer's name was, Leonidas Hornsby. Prior to killing "Old Drum", Hornby threatened his neighbors by stating "he would kill the next dog he caught on his property". This so happened to be "Old Drum" owned by Charles Burden. Burden sued Hornsby and hired three lawyers (George Graham Vest, Wells Blodgett and John Phillips) to defend his case. Hornsby was defended by two other prominent lawyers, Thomas T. Crittenden and Francis Cockrell. During the trial in Warrensburg, Missouri (Sept. 23, 1870) Vest is reported to have stated that "he would win the case or apologize to every dog in Missouri." The following is the text to Vest's "Tribute to the American dog":

"The best friend a man has in this world may turn against him and become his enemy. His son or daughter that he has reared with loving care may prove ungrateful. Those who are nearest and dearest to us, those whom we trust with our happiness and our good name, may become traitors to their faith. The money that a man has, he may lose. It flies away from him, perhaps when he needs it most.

A man's reputation may be sacrifices in a moment of ill-considered action. The people who are prone to fall on their knees to do us honor when sucess is with us may be the first to throw the stone of malice when failure settles its clouds upon our heads.


The one absolutely unselfish friend that a man can have in this selfish world, the one that never deserts him and the one that never proves ungrateful or treacherous is his dog.


Gentlemen of the jury, a man's dog stands by him in prosperity and in poverty, in health and in sickness. He will sleep on the cold ground, where the wintry winds blow and the snow drives fiercely, if only he may be near his master's side.


He will kiss the hand that has no food to offer. He will lick the wounds and sores that come in encounters with the roughness of the world. He guards the sleep of his pauper master as if he were a prince.


When all other friends desert, he remains. When riches take wings and reputation falls to pieces, he is as constant in his love as the sun in its journey through the heavens.


If fortune drives the master forth an outcast in the world, friendless and homeless, the faithful dog asks no higher privlege than that of accompanying him to guard against danger, to fight against his enemies, and when the last scene of all comes and death takes the master in its embrace and his body is laid away in the cold ground, no matter if all other friends pursue their way, there by his graveside will the noble dog be found, his head between his paws, his eyes sad but open in alert watchfulness, faithful and true even to death."

◎質問者からの返答

犬の聖歌、ほかの方も紹介してくださいましたが、こんなエピソードがあったとは驚きです。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ