人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

良回答500PT
so-netのビットワープを使用しています。
先日まで@フリードを使用してVPNソフトのウルトラVNCを使ってスムーズに動いていました。
しかし、ビットワープにしてからというもの、うまく動作しません。
パソコンに詳しいとおっしゃっている方から
「ビットワープはVPNソフトが使えない」と言われました。
その方がおっしゃるには@フリードや
FOMAデータ通信や
エアエッジ等とビットワープは通信方式が違うため動作に問題がでてしまう。
ビットワープはパケット単位になってしまうのでカクカクとした動きになる。
ビトワが利用料金が極端に安いのはそのためですよ。
という事を言われました。
本当でしょうか?納得できる理由をお待ちしております。

●質問者: y7ujmnhy
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:FOMA So-net vnc VPN しゃる
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● arhbwastrh
●60ポイント

ちょっと違うようです。

まず回線方式をまとめると・・

回線交換方式:@FreeD

パケット通信方式:エアエッジ、FOMAデータ通信、ビットワープ

このようになっています。

↓ソース↓

http://www.wdic.org/w/WDIC/@FreeD

http://www.enjoy.ne.jp/info/i_air/index.html

http://www.harami.jp/product/data.html

http://www.so-net.ne.jp/ap/bitwarp.html

通信の解説:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E7%B7%9A%E4%BA%A4%E6%8F%9...


次に、それぞれを比較してみます

@FreeD(64kbps)、エアエッジ(128Kbps)、FOMAデータ通信(3.6Mbps)、ビットワープ(128kbps)

※bpsはビットパーセカンド。バイト換算は8で割ればOKですので、64Kbps=8KBになります。

さて、これを見てみると、一見@FreeDは遅そうに見えます。しかし、@FreeDは回線を完全に確保(すなわち一人につき1本の道がある)して通信をするので、遅延がありません。一方、パケット通信の場合、50人が通信していても実際は30本しか道が無いという場合もあります。すると、その道が空くまで待っていなければなりません。そうすると遅延が発生します。このとき、データが届かないのでパソコンは処理をできなくなってしまいます。すると、画面がカクカクとなってしまうのです。

遅延といっても、それは1秒やコンマ1秒の話かもしれません。しかし、そのわずかな時間でもカクカクとなってしまうのです。

というわけで、回線を占有できる回線交換方式を選ぶのが一番ということになりますね。ただ、FOMAデータ通信であれば大容量のものもあるので、それなりにスムーズに動くかも知れないですね。(試したことないのでわかりませんが^^;)

※分かりやすくするため、多少語弊があるかも知れませんが、こんな感じです。

◎質問者からの返答

なるほど、回答ありがとうございます。

他にもなにかアドバイスいただける方がいればよろしくお願いします。


2 ● mue
●64ポイント

http://skype.livedoor.biz/archives/cat_50000953.html

上記ページには以下の記載があります。これは、ウルトラVNCにおいても、同様と推測できます。

WILLCOMのパケット通信の値について、Skypeの要求する帯域より数字上大きくはありますが、実際は経絡の遅延が大きいために音声通話の音質はほとんど期待できません。残念ながら。コレは、32Kでも128Kでも256Kでも、ほとんど変わりがありません。

どうも、bitWarpの場合は、128Kといっても、圧縮技術を使っているので、音声がきれいに届かないようですし。。


3 ● b-wind
●64ポイント

本当の部分と嘘の部分と。

bitWarp はPHS回線には Willcom の物を使用しているので、実質的にエアエッジと同等です。

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/28953.html

ただ、エアエッジも含むパケット交換方式は @FreeD で使用している回線占有方と違い遅延が大きい傾向にあります。

これはウェブの閲覧などのようにリアルタイム性の必要の無い部分では問題になりませんが、VNC 等のようにリアルタイム性が高いものに関しては非常に不利です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%8...

このため実際の利用に耐えない状況になってしまっているものと思われます。


4 ● hinetk
●200ポイント

http://www.soi.wide.ad.jp/iw2001/slides/25/25-2/18.html

http://www.interq.or.jp/blue/rhf333/packet.htm

パケット通信と回線交換の違いは上記の方がおっしゃられているように

遅延を許容するかどうかという事です。

リアルタイムな通信が必要な環境をパケット通信は想定していません。

つかわれているVNCや音声(インターネット電話)、ネットゲーム、映像配信などは遅延の影響がシビアに出る通信ですので

パケット通信では支障が出るのは当然となります。

あとVPNが使えないわけではなくVPNの通信の仕組み上通信のロスが大きいので

パケット通信では更に遅延が大きくなり実用に耐えない、

といった方があっているかと思います

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ