人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

第二次世界大戦時に米軍が使用していた火炎放射器の以下の内容を、教えて下さい。
●火炎放射器の開発の経緯と開発者名
●火炎放射器の機能と威力
●いつから配備されなくなったのか
●火炎放射器を使った兵士の証言
●火炎放射器の的とされた兵士及び民間人の証言
Web及び、書籍の情報が得られれば幸いです。
宜しく、お願い致します。

●質問者: fqn
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:Web 書籍 民間人 火炎放射器 第二次世界大戦
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● kuwato-desu
●27ポイント

M2A1?7携帯用火炎放射器

http://en.wikipedia.org/wiki/Flamethrower

海外のウィキペディアですがどうでしょうか?

http://q.hatena.ne.jp/1163268628

火炎放射器


2 ● kuwato-desu
●27ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E7%82%8E%E6%94%BE%E5%B0%8...

すみません、下の火炎放射器のウィキペディアURLを間違えてしまいました。


3 ● retorin
●26ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E7%82%8E%E6%94%BE%E5%B0%8...

http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-senoo/Sensou/yuojima/yuojima.htm

上記を参考にどうぞ、

火炎放射器は強力な対人兵器の一つです。射程の短さなど問題はあれど、その殺傷力と五感すべてにうったえるその恐怖を敵に与える効果は絶対的です。

映画『プライベートライアン』『ウィンドトーカーズ』にみられるように火炎放射器は一発でも食らえば味方を巻き込んで自爆してします。そのため敵は火炎放射兵を狙い撃ちし、味方は巻き込まれないように距離を置かれ、そのうえ重装備で動きにくく他の武器はほとんど装備していないため火炎放射兵の生存率は低めだったようです。

特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)の『焼夷兵器の使用の禁止又は制限に関する議定書(議定書III)』により1980年10月に使用が禁止されました。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/arms/ccw/ccw.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ