人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

選ばれてあることの恍惚と不安と二つ我にあり
という言葉は詩人ポール・ヴァレリーの言葉のようですが、この言葉がポールヴァレリーの何という詩の中に出ているのかを知りたいのです。
また、この言葉の背景について知っていることを教えていただきたいと思います。

●質問者: yamazakimakokto
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:ポール ポール・ヴァレリー ヴァレリー 不安 恍惚
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● mododemonandato
●23ポイント

ポール・ヴェルレーヌの信仰詩集

「智慧」(堀口大學訳)の一節

占星術の土星という凶運と芸術的感性を備えた星の下に生まれた自分を、詠ったようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%B...


2 ● fdskaf
●23ポイント

http://www.iti.or.jp/flash32.htm


3 ● shooto27
●22ポイント

ポール・ヴェルレーヌの詩集「叡知」からの一節だと思います。

太宰治と「家」


4 ● motojam1
●22ポイント

「撰ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」はフランスの詩人ヴェルレェヌだったと思いますが・・・


http://homepage3.nifty.com/namm/dazai/dazai.htm

「芦野公園の碑」参照

上記のように太宰も」同じようなことを言っています。


「選ばれたる者の恍惚、我にあり」と言った太宰治のような自尊・・・

http://1192296.com/works_composition/01.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ