人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

神経繊維の接合技術についての質問です。
http://q.hatena.ne.jp/1163427947
にあるように神経の再接合は可能なようなのですが、現実問題として自分の問題はどうなのかが知りたいと思います。現在、私は右手親指の第一関節の下1cmぐらいに神経の断裂があり、数十年前のものですが、親指外側の4分の1の感覚がありません。筋肉繊維の異常も触れば分かる程度ですが運動機能の障害はありません。これを手術して回復させることはできるでしょうか。また手術可能な病院と、大凡の費用および時間も併せてお答えください。医療関係者の回答を希望します。よろしくおねがいします。

●質問者: miharaseihyou
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:一関 医療 右手 大凡 希望
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● ichthyostega
●100ポイント ベストアンサー

整形外科をしております。

ご質問、拝見しました。

神経断裂は受傷当時に分かっていたものですか?

もしそうであれば、数十年という経過を考えると、治癒は難しいでしょう。

理由を書きます。

神経縫合の方法は、ご質問文の引用中の回答にあるように、神経のトンネルのみを修復するものです。

しかし、神経線維は断裂して神経細胞との連絡が断たれると、断裂部よりも末梢の神経組織は時間経過と共に破壊されてなくなっていきます。トンネルがなくなってしまうのです。

今回のご質問者様の場合は、時間経過が長いので、縫合すべきトンネルが完全に、あるいはほとんどなくなってしまっていると考えられます。ですから、神経縫合は不可能か、あるいは非常に困難な状況になっていると考えられます。


ちなみに、筋肉の異常も分かると書かれていますが、どの部分でしょうか。

指先ならば、ここには筋肉はなく、脂肪組織と骨がほとんどですので、筋肉に異常を来しているのではなく、感覚異常に起因するものだとおもいます。

指先ではなく、親指の付け根の所(母指球といいます)がやせてきているのなら、これは指の神経切断によるものではありません。もっと根本の部分、通常は手首の部分の障害によるものです。


指の神経は純粋な知覚神経であるため、指の部分で神経を切っても運動障害は来しません。指に筋肉がついているのではなく、手のひらか前腕の部分にある筋肉で指は動いています。指のけがで指が動かなくなるときは、腱の損傷です。指の動きは正常とのことですので、腱断裂はないのでしょう。

もしも、手術や病状について専門的に診てもらわれるのでしたら、そう言う治療を専門的に行っている専門家がいます。整形外科か形成外科の「手の外科」という分野になります。お近くの病院で尋ねられたり、インターネットで調べると出てくると思います。

◎質問者からの返答

詳しい回答をありがとうございます。20年前の当時、指先から2.5cmぐらいザックリ切ってしまい三針ほど縫いました。感覚の無いのは一度裂けた部分です。何故か第一関節の下1cmぐらいに節ができて、その先が感じなくなったので、この部分での断裂かと推測したわけです。となると腱の変形と神経の断裂ですね。髄液採って神経細胞を培養するほど暇は無いので諦めるしかないですね。残念です。どうもありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ