人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

海外、特にヨーロッパとアメリカの建築請負形式について教えて下さい。
日本の場合、施主・(設計管理)事務所・元受建築業(サブコン)・下請け専門業者ですが、海外の場合はどのようになっておるのでしょうか。
建設業界では、CM(コンストラクションマネジメント)という方式が主流になっているようですが、一般建築ではどうなのでしょうか。
また、専門業者の組合というのはどのようなポジションになっているのでしょうか、ヨーロッパの場合の職人制度(組合)ギルド?みたいなものが確立されておるのでしょうか、現時点では崩壊しておるのでしょうか。

●質問者: nissanmurano
●カテゴリ:ビジネス・経営 旅行・地域情報
✍キーワード:アメリカ ギルド サブコン ポジション マネジメント
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● hamster009
●60ポイント

アメリカで建築の仕事をされている方のブログです。これを読めば概略わかるのでは?ゼネコンという言葉も使われています。

http://mozan.typepad.com/mozanblog/2006/02/post_1.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ