人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

私は以前経営していた会社が倒産して、信用保証協会に債務残高が約9000万程度有ります。その後妻の経営していた会社があり、現在はそこの代表となっています。
この会社が協会に分かり、倒産後4年たった今突然保証協会より給与の差押をしてきました。
これへの対処を教えてください。役員給与は全額差押の対象となるようですので会社を閉鎖するしかないと思っています。又、差押の終了は何時になるのでしょうか?時効はどうなるのでしょうか。

●質問者: melg
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:会社 保証協会 信用保証協会 倒産 債務
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

[1]はてなで済むような話では? ikjun

> 会社を閉鎖するしかないと思っています。

あなたが代表でも会社はあなた個人のものではないですよね?

会社を閉鎖したからといって、あなたの借金が無くなるわけでもありませんし、あまり良い手だとは思えません。

> 又、差押の終了は何時になるのでしょうか?

このままなら払い終わるまでですよ。

> 時効はどうなるのでしょうか。

一回でも払えば時効はストップします。

以前の会社が倒産した時点で自己破産すべきだったのではないですか?ちゃんと清算が済んでいればこうはならなかったはずです。信用保証協会もいつまでも残高が残っているより、貸し倒れで処理したほうが良かったでしょう。

奥さんを代表者にしてあなたは解雇ということにするしかない気がしますが、法律にはいろいろな例外規定もあります。今からでも遅くないと思いますから法律の専門家(行政書士、弁護士など)のところに相談に行ったらどうですか?絶対にはてなで済ませるような話ではありません。


[2]給与の差し押さえなら mododemonandato

差し押さえられないように、給与を千円にして、裏金で生活する。


[3]>2 行政書士か司法書士 mododemonandato

会社だとすると行政書士、個人なら司法書士へ依頼する。


[4]>3 一番は弁護士 mododemonandato

払えるお金があるなら、当然、弁護士が一番。


[5]会社の閉鎖は無意味では kurukuru-neko

債権は普通10年で時効(貸金だとたしか5年)なので、

時効は未成立と思います。

個人補償であれば会社を解散させようが関係なく債権は

残ったままです。

閉鎖しても違う差押をとられる可能性もあります。

何れにせよ法律的手続は必要と思われるので

早急に弁護士と相談をした方がよいと思いますが。

==============================================

差押上限は、給与額が33万を超える部分又は、1/4に

なります。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S55/S55SE230.html

全額差押は出来ないはずです。

給与については貴方が会社を替わると(やめると)差押は無効に

なり再度手続きが必要になります。


[6]>1 返事ありがとうございます。 melg

一応時効の事を考えて会社を閉鎖して、差押を無くそうと思っています。時効はそこから始まりまると思いますが、会社をやっている限りは

社員になっても給与を差し押さえられてしまいますが。又、この時点での役員変更で私が退職しても、その事自体問題にされないでしょうか?

株主はだれか・貸付金はあるのか等です。

小さい会社を必死にやってきましたが、本当に情けない気持ちです。

やはり、自己破産をしたほうが良いのでしょうか?


[7]>6 一刻も早く専門家と相談してください。 ikjun

自己破産について負のイメージを持つ人が多いのですが、

本来自己破産は再チャレンジのための制度です。

守らなければいけない財産が無く、膨大な借金があるのならば

再チャレンジのために使うべきです。

自己破産=破滅ではありません。むしろ債務者を救うための制度です。

> 時効はそこから始まり

貸し倒れなどある程度最初から予定に入れてますので、

自己破産してくれれば貸し倒れ引当金で処理できます。

余計な税金を払うことがなくなりますので、実害は少なくて済みます。

貸しているほうにしてみれば、いつまでも処理できない一番困った人です。

私が担当者なら回収を諦めて一刻も早く自己破産させるようにします。

> この時点での役員変更で私が退職しても、その事自体問題にされないでしょうか?

こんな不祥事があるのに役員に座っていることのほうが問題です。

しかし法律の専門家に聞くべきことです。

行政書士ならさほどかからないと思います。弁護士までは必要ありません。

> 小さい会社を必死にやってきましたが

申し訳ありませんがこの程度は常識です。

経営者として勉強が足りないとしか思えません。

これを機会に勉強されるといいと思います。

安部政権で再チャレンジなんとやらと騒いでますが、

今でも再チャレンジできる機会はいくらでもあります。

ここでグチっていてもなにも始まりません。

一刻も早く専門家と相談するのが先決です。


[8]奥様に代表権を移して辞職する kn1967

どうして奥様の会社の代表なんかになったのでしょうか?

代表権を奥様に残したまま、貴殿は養ってもらえばよろしかっただけではありませんか?

不幸にして奥様が亡くなられたのであれば致し方なかったのかもしれませんが、そうであったとしても親族を代表にして、自分は親族に養ってもらうという事もできたはずではありませんか?

倒産した時点であれば自己破産&免責も簡単だったでしょうに、代表の席が忘れられなかったのでしょうか。。。。

差し押さえの終了は返済できなくなるまでですから、今から解散や辞職をなさったとしても自己破産&免責は難しく、現有資産からそれ相当分の差し押さえは発生しますよ。

借金から逃げる事を考えるのではなく、会社の売上を伸ばす努力をなさるほうが良いと思いますし、その見込みが立たないならば他の役員や従業員そして取引先様に迷惑をかけないためにも早期に辞職して会社の体制を変えることを目指されてはいかがでしょうか?

いずれにしても、人の道をそれることのないような行動をなさることを切に願います。。。。


[9]>4 同感。 takarin473

弁護士に相談して債務整理をどうすればいいか決めた方がいいと思います。


[10]会社の代表になったのが間違い。 takarin473

奥さんが経営しているからと言って、役員にならずに一社員になっておけばよかったと思う。

給料の差し押さえと言っても普通は全額差し押さえになるケースはなく、ある程度の生活費は残るはず。じゃないと生活できないでしょ。


[11]リスケしてもらえるよう交渉 tamtam3

粘り強く信用保証協会と交渉して、リスケジュールしてもらうしかないかと

信用0ですけど、たとえば5年とか10年で返す具体的なプランを立ててもっていく

このプランが飲めないのなら、会社を閉鎖します。信用保証協会にもお金がいきませんよ という交渉をするしか

でも、はてなでなく、弁護士会の無料相談をうけた方がが良いかもしれません

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ