人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

誰かを批判するだけで子供が守れるのかな?
「教師が悪い」「学校が悪い」「教育委員会が悪い」「政府が悪い」etc....
子供たちが自らの命を絶つという異常な事態に陥っているのに、誰もがヒステリックに攻撃の矛先を探している状態です。
「政府が悪い」と叫べば子供を救えるのでしょうか?
学校や教師を責めれば子供が安心するのでしょうか?
確かに、教育現場にも行政にも政府にも問題はあると思いますよ(それを否定するわけではないです)。ていうか、ある。
しかし、「○○が悪い!」「○○に責任があるはずだ!」と誰かを指弾するだけじゃ何も変わらないじゃないですか。
法律が変わったって、役人が変わったって、いじめがなくなるわけじゃない。
なのに、誰もが責任者探しと攻撃に執心するばかりで、子供を守るための意見なんて誰も言いやしない。
こういう現状、どうよ?
どうすりゃ子供を守れる?
何をすべき?そして、何ができる?
やっぱり、誰かを攻撃するのが最善なの?
自分にできること、皆にできること、今、皆で何をすべきか、そういう意見が聞いてみたいです。

●質問者: Xegnyph
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:etc. いじめ ないじゃないですか ヒステリック 子供
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 60/60件

▽最新の回答へ

[1]誰かを批判している場合じゃないと思う paffpaff

安全圏にいる人が批判しないこと

あげつらわないこと

やった行為は責められるべきだが

人を排除しないこと


みんなで自分ができることをしましょう


考えるだけでも違うと思う


[2]少なくとも多くの国民が望んだ社会・・・ doriaso

は、こうではなかったはず。

痛みを伴う改革は、これまでも痛みを感じていた人間の痛みをより増大し、

無気力、骨抜きにした。見かけ上の平均はあがっているかもしれないが、

それはただの数字のマジックでしかない。

現代の風潮として、何かあっても、言葉をこねくり回したり、形だけの謝

罪に徹し、責任転嫁、責任逃れに終始。ほとぼりが冷めたら、舌出して笑

って、天下り。

正論で、聞こえは良くて、みんなが一律に痛みを負って、みんなが平等で

社会もよくなるはずだったのに・・・・と騙されたことに今頃気づいた。

とにかくやるせない思いを解消するのに身近にいる弱いものを叩き、身近

にいるものが他のものの手で解消されたときには、誰でもいいから都合の

いいヤツをマスコミ入れてこれみよがしに罵倒して叩きまくる。

日本人は流されやすいし、バカだと思うけど、いい加減気づいてもいい頃

だと思う。こんなことしてたら、結局最後はどこかで破綻することを。

少子化対策!!と声を上げている端から、その一翼を担う子供たちがドン

ドン死んでいっているのは、滑稽を通り越してあきれるばかり。

私は経験したこともないし、考えたくもないですが、無責任ながらこのま

まだと近い将来、日本において「戦争」に類するような混乱が起きて、リ

セットするしかなくなるような気がしています。

私たちの不満は今も蓄積されていますが、そのはけ口が見つからない。大

半は理性により消化できるのかもしれませんが、しきれずに、爆発してし

まう人が今後も増大してくることは目に見えています。そして、そのはけ

口になるのはいつも弱いモノたちです。


[3]一番にすべきことは mododemonandato

人間関係の在り方を、先生と生徒が一緒に学ぶことだと思います。


[4]>3 人間関係 mododemonandato

この社会生活において、最も重要な知識が、学校では全く教えられていない事が、いじめや問題教師を生む原因だと思います。


[5]>4 人間関係の基本 mododemonandato

お互いに尊敬の気持ちを持って接する事。


[6]>3 いやいや kamisama

一番にすべきことはそんなことじゃなくて、子供を守ることでしょ。

具体的に言うと、いじめっこといじめられっこを隔離する。


[7]ニュースを子供に見せないで、親が噛み砕いて言う NAPORIN

自殺という直訴の方法と結果だけがクローズアップされては

「自殺をほのめかせば世間がいうことを聞いてくれる」などというゆがんだ考えを子供がもちかねません。

うちも毎朝目覚まし代わりにニュースを見せていたのですが、毎日ずーっといじめ自殺の話題ばかりが流されるので「怖いからチャンネル変えようね。**ちゃんもいじめなんかしちゃだめだし、お友達はやさしいからそんなことしないと思うけどもしいじめられていやだっていってもやめてくれなかったらすぐママに言うんだよ。すぐに引越しする。」といっています。今まで築いた友人たちを失いたくないとかいろいろ考えているようです。

テレ東とNHK教育以外は今や全部地雷ですね、6?7時って。

みんなもっと遅く起きても小学校間に合うの?

それとも朝テレビなんか見ない?


[8]>6 隔離することが先生によるいじめになりかねない NAPORIN

今までのクラスに残されたほうが事実上の「正義」に

認定されたことになっちゃいますからね。

明らかにどっちかがダメな場合はそういう手もあると思いますけど、

いじめはもっと複雑です。


[9]>8 現実問題として kamisama

> 今までのクラスに残されたほうが事実上の「正義」に

> 認定されたことになっちゃいますからね。

そういうことを言っていたら、子供が自殺しちゃいます。

した後に悔やんでも遅いです。学校なんか批判しても何にもなりません。

たとえ自分の子が悪くなくても、(自分の金や労力を使ってでも)逃げることも必要なんです。


[10]>8 隔離は無意味 mododemonandato

いじめは休憩時間や、放課後に行われるから、授業中に隔離しても無意味と思われる。むしろチクリに対する報復が激化する事も考えられる。

根本的な人間関係に対する考えが変わらないかぎり、いじめは形を変えていつまでも存続する。


[11]>10 隔離ってそういうことじゃなくて kamisama

引っ越すとか引っ越させるとか、そういうことなんだけど。


[12]>9 隔離や逃亡では子供は守れない。 mododemonandato

いじめられている子の多くが、親や学校を信頼せず、沈黙したまま自殺しているのは何故か。根本にある問題に眼を向けなければ、それは却って子供を死に追いやる圧力になる。


[13]>11 いじめられている子は mododemonandato

親には話さないまま自殺するケースが多い。引っ越す以前に何も知らない親が、対処する事は不可能。


[14]難しい問題ですが・・・「攻撃」で変わった事もあると思うのです。 yadokarikun

イジメ問題で先生を攻める前に、苛めた側の子を育てて、

イジメをする子の価値観をはぐくんできた保護者の言い分も聞いてみたいです。

出てきませんよね、苛めた側の保護者は。

出てくればそれこそ「攻撃の的」になるのかも知れませんが、

考えを聞いてみたい。

両方の意見を聞いてから、解決の糸口を見つけなければ。

時には、苛めた側の親に対するカウンセリングも必要だと思います。

躾は教師の仕事ではない。人間として重要な感情・知識、してはいけない事などは、学校で学ぶ事ではなく、親が幼い頃から教えていく事ではないでしょうか。

何かあると全て「教師・学校が悪い」と叩くのは違うと思っています。

救うには、被害を受けた子が、匿名でも何でも駆け込める場所、

気持ちを吐き出せる場所の設置が必要だと思います。

攻撃については、たしかに攻撃しただけでは何も変わらないけど、今の小学校には相談員がいたりして「変えよう」と言う動きが出てきています。

これは「攻撃」に晒された事でてきた動きではないかと自分は思っています。

イジメも、イジメによる自殺も、今までも(自分の子供の頃からですので20年以上前から)ありましたが、表ざたにならなかった「攻撃」を受けなかった時代にはなかった動きです。


[15]>12 だから親は敏感にならなければならない kamisama

根本にある問題は、100年や200年で解決するとは思えません。

あなたは、「人間関係の在り方を、先生と生徒が一緒に学ぶ」ことでいじめが無くなるとおもいますか?

じゃあ、どうやったら子供を守れるのかということを考えなければ。

逃げるのもひとつの手です。

逃げるときに「お前がいじめられてるから逃げるんだ」という態度を子供に見せたら余計なストレスを与えることになるかとは思います。引っ越すんだったら、遠くに家を買うとか、転勤するとか、そういうことをしないと。


[16]批判すべきなのでは? ncnr

誰に責任があるのか批判し、その後責任ある人間が批判内容を踏まえて現状からよりよい状態になるよう変えていくべきなのではないでしょうか?


[17]>15 人間関係を知らなければ mododemonandato

どこに行っても同じ。私が提唱する人間関係の知識には、いじめに対処する方法も含まれる。もう少し人間関係のお勉強をしなければいけませんね。


[18]>13 うん kamisama

それは親が気づかないといけない。

自分の子供の命なんだから、守って学校や先生なんかよりも断然責任が重い。

マスコミはそういうことは言わない。

子供が死んで悲しんでいる親を責めたりしない。そんなこと世間は許さない。責めても誰も文句を言わない学校や行政を責める。

もちろん、いじめた本人も責めない。個人攻撃は世の中のウケが悪いから。

だいたい、いじめ問題で悪いのはいじめた人だけですからね。

学校や先生がいじめを発見できなかった、発見できても対処できなかったのは、活躍することはできなかったけど、悪いことしたわけではないからね。


[19]>18 親子にも mododemonandato

良好な人間関係が構築してなければ、子供は何も話さない。問い詰められれば無理にでも隠そうとする。一番、根本にあるのは人間関係の問題であると、気づかなければならない。


[20]>9 引越しで逃げるという意味ならアリだと思います NAPORIN

「隔離」ではなく、正々堂々と逃げると書いていいと思いますよ。


ただ、親の職種や収入により不可能であることもあり万能な策ではないんですよね。


[21]>15 十分すぎるほど敏感では。 NAPORIN

いままでこれほどいじめ報道が盛り上がったことはないですし。いじめ自殺やリンチ殺人自体は20年も前からありました。ただ、報道で悪循環に陥っている可能性があります(岡田有紀子さんやエックスのときの後追い自殺みたいに)そういう意味では敏感すぎると思います。


なんというか、子供にもプライドとか世知みたいなものを育てる必要があり、親に頼っては育たないと自認する部分もあり、それが非常にウェイトが大きくなったときに自殺という大きい武器を社会を切断するためにつかってしまう。


もしそういう兆しがあったら深刻にならずにあっけらかんと引越ししちゃいたいです。


[22]最近の風潮のようにおもいます ichthyostega

最近は何かがあると、誰かをつるし上げにしなくては済まない、そう言った風潮があるようにおもいます。

子供が自殺して、それをニュースで報道して、「学校は何してたんだ」と社会が叫び、校長や教育委員のいい大人が平謝りに謝っている、追いつめられた大人も自殺する、その姿を報道する。

これを見た子供達はどのように思うのでしょうか?

これで自殺を考えている子供が自分の命を見つめ直し、いじめをしている子供がいじめを止めるとでも思っているんでしょうか?

大人は更に自分の身に降りかからないように保身を最優先し、無難に生きていこうとするだけになるのではないでしょうか。


最近は子供をペットのように扱っている人が多いように思います。自分の趣味を押しつけ、自分の生活スタイルに子供のペースを合わさせ、躾は家庭で行わずにまるで犬の訓練センターにでも預けるような感覚で学校に任せっきり、教育という名のもとに知識の詰め込みを行っている。

これでは子供も生きる気力がなくなるのも当然でしょう。

我々大人ももう少し子供に対する認識を変える必要があるのではないでしょうか。


[23]>1 もっともですよね ichthyostega

他人を排除しすぎです。

特に自分のことを棚に上げて人を非難している人が多いように思います。

全く同感です。


[24]>1 過渡期 zin20

システムを変えなければ改善しないと思います。ですので、攻撃や犯人探しは責任逃れの過渡期と思っております。いずれ、生徒30名学級、一クラス2名の先生担当。臨時講師や代用教員制度の活用。生徒・保護者・先生の苦情処理機関の全国窓口一本化。まず制度を構築することから始めること良いと思います。財源はコンサルタントとして役人に依頼するとよいかも。捻出上手なので心配ないと思います。ちょっと皮肉をこめて。


[25]いじめる理由もいじめられる理由も千差万別 altobenz

ぜんぶをひとくくりにして、画一的な方法で解決できるとは思えない。

理想は、刑法違反のように裁判を開いて原因や動機を1件1件個別に突き止めて、しかるべき人間に罰を与えることでしょう。

でもそんなの実現は無理。それは分かっています。


だから今できることは、自分の子供がいじめられないようにすること。汚い服を着せない、忘れ物をさせない、etc...

あとは、万が一いじめられたときに、どういう対処法があるのか教えておくこと。

それと、子供の生活に学校以外のチャンネルを与えること。


あぁ、そう考えると親がちゃんと子供のことを見ていれば自殺なんかないか。


[26]>19 親に心配かけたくないとかで tehi

言わないこともあるんじゃないでしょうか。


[27]手紙送ったって tehi

世の中変わらないし、いじめもなくならない。本人が考え方をかえるしかない。死ぬくらいだったら学校なんて無理して行くことない。


[28]>27 本人が悪い…? Im_Me

>本人が考え方をかえるしかない

確かにそうかもしれません。

でも、誰も「本人が悪い」なんて言えないじゃないですか。

ましてや苦しんで死んだ子供に鞭打つ事なんてできないじゃないですか。

本人が考え方をかえても、それはいじめられる側にとっては逃げるか、耐えるしかないんですよ。

それに「そうだ」と言い切ってしまうような世の中は、もう救い様がないと思います。

批判だ攻撃だ、と「それそのものを批判し攻撃する」のではなく、

その事によって晒される「悪い部分」や「矛盾した部分」が重要なのだと思います。

晒されることですぐさま改善はされないと思う。

けれど、「いじめゼロ報告」の矛盾や、頼れない学校や教師、そして様々な機関に、

親も子も「頼れないんだ」という考えが徹底抗戦を生めばいいと思っています。

学校側も、進学だ効率だ平等だという考えで勧めてきた教育が生んだ自らの歪みに、

自分達が信頼に値しないという現実を真正面から感じれれば良いと思います。


っていうか、ヒステリックにさえならなかったからこそ

誰もが出口を求めて足掻いたり、不安や悲しみをぶつけなかったらからこそ

子供や校長が自殺という方法を選んでしまうんじゃないでしょうかね。

「本人が悪い」から、本人が幕を引いてしまった…。


なるべくしてなった結果かもしれませんが、

憂慮するからこそ「本人が悪い」で終わらせない事が必要じゃないかな。


[29]大人以外からの立場から Cocoko

今高校生の「大人以外からの立場」から見て思ったことを率直にのべます。最近のニュースで騒がれているのは確かに「誰に責任があるか」だと思います。責任の行き場が1番大切なこともあるかもしれませんが、今の状況では責任の擦り付け合いをしているだけに見えます。いじめがなぜ起こるのか、はっきり言って「気持ち悪いから」とかいう理由ではありません。ただおもしろいからです。そして広がる理由は人と違うのがいやだから、周りがそういう雰囲気だから、です。責任の行き場がきまってもいじめはなくならないでしょう。また、自殺するほうにも同じことが言えます。なぜ最近流行のように自殺が続くのか、理由は他にもやっている人がいるから、でしょう。自分ひとりでは生きるのがいやになっても死ぬのが怖い。だけど、ほかに「仲間」がいれば大丈夫。そんな風に考えているようにわたしにはみえます。「自分でできること」は自分の意見・価値観、強い意志をしっかりと持つことです。そのうえで「大人」にはこれから育っていく子供たちがそんな強い心を持てるようにするにはどうすればいいかということを考えてほしいと思います。

最後に「最近の子供は・・・」という言葉は不愉快におもいます。


[30]マスコミも悪いって tsurumi230

論調にはならないんですね。


[31]>30 親が悪いとか tsurumi230

そういうことにもならないんですね。


[32]>28 別に本人が悪いといってるわけではないです。 tehi

>本人が考え方をかえても、それはいじめられる側にとっては逃げるか、耐えるしかないんですよ。

まずは思いつめて自殺するよりは、逃げればいいと思う。それでも意思表示になると思うし。そりゃ相手がいじめをやめるのが一番いいに決まってますけど。


[33]>32 理解された、許された、と安堵した時に視野が広がることも。。。 konoha788

難しいですよね。。。「時には逃げてもいい」という考えを思いつかない場合もあるので、

十分戦った強さや優しさを尊重して、視野が広がるきっかけを

大人が作れるようになりたいですね。。。

私もキレイごとは言えますが、姪っ子や甥っ子が巻き込まれたとき

助けてあげれるのか不安になります。

関心を持ち考え続けたいと思います。

身近な子供以外に対しても、何ができるのかも。。。


[34]>7 2ちゃんねるでの自殺防止議論 NAPORIN

まとめサイトを転載します。

このなかのWHOの2000年の勧告(自殺の手法、遺書などを公開しない)には完全に同意です。なぜマスコミが今は公開してもいいと判断したのか、

それが多分教育基本法改正がらみのように思われますが。

http://alfalfa.livedoor.biz/archives/50691558.html

統計を挙げた意見にはたしかに少子化があるように思われますし、

今年は増えるかもしれないし・・


[35]精神の強い子を。 mojape

命の価値、生きる事の厳しさ、喜びを教えることができる大人が少ないのでは・・・周りが学校や社会のせいにする事によって子供にとっても自殺の口実ができてしまうのでは?マスコミも含め私達大人は学校がどんな所だろうが社会がどんな所だろうが生き延びるという強さを教えてあげなくては。実際、社会に出ても今まで以上に苦しい事なんて沢山あるのだから。大人が自殺なんて逃げ道を見せてはいけないよ。


[36]一番にすべきことは、 doriaso

親がもっと本気になることだと思う。

子供が死んで初めて本気になってる。


[37]現在学校での授業でも TANE

取り上げられている問題ですよね。お子様を持つ親はプリントなどを手にされたのではないでしょうか?

現在、私の息子は学校に通っていますが、不登校でした。小3の男の子です。現実に思うのは、昔は友達だからかばう。という事もあったと思うのです。ですが、家庭がそれぞれ違うし教育方針も違います。かばってくれる友達はいませんでした。私に問題があるのかとも悩みましたが、学校、児童相談所など今相談をしています。

家では、家庭内暴力とまではいきませんが、小3ですし。でも外からのストレスはかなりあると思います。学校に問題がある訳でもなく家庭に問題がある訳でもなく、社会に問題があるのではないかと今は思ってます。自分の子はイジメられないように育てる。そういう親が多いのではないでしょうか?言葉は悪いですが、大人の考えを子供に押し付けているのではないかと。子供本来の姿をしている子供が少なくなってきていると感じるのは私だけなのかもしれませんが。イジメられる方に問題があると言うのは、こういった世界を教えてないからなのかなぁと思いつつもあります。この問題にはかなり私も関心があります。何も言えない子にしてみたら、息子は言えただけマシだったのかもしれません。色々な方向から考えて行きたいですね。勉強についていけないなら、土曜も学校ありに戻してもいいんじゃないんでしょうか?現在、息子の状況からして、色々な要因がイジメ=自殺を連鎖させているように思えます。文面が下手で申し訳ございません。


[38]>29 大人としての疑問 itukiyasu

2児の子供を持つ父親です。僕らの時代でもいじめというものがありました。まわりから見ていじめる側は面白半分、いじめられる側にも問題ありという感じだったと思います。女性の場合はわからないほど複雑だったようですが。いじめる側は15年経っても変わらないようですが、いじめられる側は変化しているのでしょうか?素朴な疑問です。

最後に私が自分の子供に望むことはただ「やさしい子」になってほしいだけです。やさしさの裏には強い心が必要になるのでしょうね。親としてできる限りのことはしていきたいと思います。


[39]>29 自殺するほうにも TANE

私も自殺する方にもと思います。ただ逃げるだけではなく実名を書かれている子供さんにしても恐怖の何ものでもありません。イジメが楽しいから・・・けれどそれに対抗する力がついていない子供は多いし、皆と違うからっていじめられるのは本当に変だなぁと思います。それは個性であり、人それぞれ違うのだから。だからこそ、欠点を見つけるのではなく長所を見つけたいと思います。イジメる側は必ずと言って複数。それも同じ意見だと思います。友達、友達と言いすぎる親も多いのではないでしょうか?

友達がいなくても家族がいると言う事を子供には教えています。大人は最後は老人になり家族の元で介護なり受けていくのではないでしょうか?違いもありますが、老人でも一人の方は多いですが、やはり自分には「これ」があると言う事を確信してほしいです。

大人のような子供がいると言う事。だからこそ、大人と子供の区別と、これから育って行く子供達には命の大切さ、人の痛み。これは永遠のテーマですね。私は今の大人の本音の考え方の方が知りたいです。


[40]>37 子を持つ親としての心境、お察しします Xegnyph

家庭がそれぞれ違うし教育方針も違います。

そうなんですよね。

教育というのは、特に小学校や中学校など低年齢での教育は子供の個人差も大きいですし、教養教育という側面だけではなく人間を育てるという重要な面もあるはずなんですね。

当然、家庭によっても個人によっても様々なスタイルがあって良いと思うんです。

「ゆとり教育」とは、本来そういった一人ひとり異なる個性にあわせて柔軟な教育をするためのものであるべきだと思うのです。

学校に行けない状況にあれば家庭で学習をするのも良いはずだし、出席できる授業だけは学校で受けて他は自宅でというのがあっても良いと思うんです。

しかし、現実には規定の出席日数を満たすことが最重視されるばかりで、実際にその子供が何をどれだけ習得しているのかはほとんど考慮されません。

もっと多様な教育のスタイルがひろく認められれば、子供も家庭も学校も、皆がずいぶん楽になるような気もします。

自分の子はイジメられないように育てる。そういう親が多いのではないでしょうか?

「加害者にはなっても被害者にはなるな」だとしたら非常に悲しいですね。

親も自分の子を守ることに必死ですから、冷静に考えることができなくなっている人も多いかもしれません。

私自身、私の子が学齢に達したらどのように学校に送り出すべきか、悩むと思います・・・・

親の視点からの「子を守るために何が出来るか、何をすべきか」という点ももっと考えてみたいです。


[41]>29 痛切ですね・・・・・ Xegnyph

「大人」にはこれから育っていく子供たちがそんな強い心を持てるようにするにはどうすればいいかということを考えてほしいと思います。

実に痛切なご意見だと思います。

今、世の大人達に問われているのが「これから子供達をどう育てるのか」だと思います。

簡単な答えなどないのでしょうけれど、皆で考え続けなければならないものだと思います。


[42]マクロな視点からシステムをどう変えるか考えるべき Dryad

教育問題というのは、多かれ少なかれ全ての人が「体験」しているだけにあまりに身近すぎて、皆が自分の個別的な体験をもとに好き勝手なことをしゃべるという状況になっている。

これは特にいじめ問題に限った話ではなくて、教育問題全般がここ数十年間こういう状況で全くの停滞状態に置かれている。誰もが、個別具体的で応用のきかない「俺はこれで立ち直った」的な話をしたがるせいで、本当に必要な施策が注目されず、効果も定かでない精神論ばかりが跋扈する結果となっている。

もちろん、個々の体験から全く遊離した議論などできようはずもないし、説得力もない。が、今必要なのは、社会システムを具体的にどのように改良するのか、マクロな視点から徹底的に検証していくことではないかと思う。それによって見落とされるミクロなものは多いかもしれないが、百家争鳴の末の停滞をあと30年やるよりは圧倒的にマシなはずである。

※参考までに、手前味噌ですがうちのエントリを(´・ω・`)ノ

http://d.hatena.ne.jp/Dryad/20061110#p1

http://d.hatena.ne.jp/Dryad/20061112#p1


[43]>28 本人が悪いで終わらせるべきではない事だと私も思います。 TANE

現在、本人に諭すと言う形では「考え方を変えてみようよ」と言っていても、やはり降り積もった「負」の力は強大で簡単にはいきません。それこそ専門的な知識もいり機関を通して改善して行くしかないのです。子供も大変ですが、大人も大変です。学校は社会に出る前の力をつける所だとは思いますが、同じような世界が大人の世界でも起こっているのです。親も大変、子供も大変な課題だと痛感します。誰に合わせるものでもなく、個人個人の問題なのですから。人と人との繋がりが希薄になってきているのも問題なのかもしれません。実際に直面して初めて痛みが分かる。分からずに生きている人の方が多いおは確かですし。

「考え方を変える」=「心を変える」ではないでしょうか?私もまだ、段階の途中なので何も偉そうな事は言えませんが、現在イジメで必死に戦っている家族もきっと多いはずです。この討論は参考にもなりました。


[44]>40 感謝いたします。 TANE

今、ある段階の子供達よりも、これからの子供達の方が不安になると思います。学校ってどんなところ?と言う疑問にまでなってきますものね。

幼稚園や保育所では、それほど過激なことはないと思います。ですが学校は1年生から6年生までの子供達がそろう場所であって、中学に上がるまでには、その6年間が重要に思えるのは私だけかもしれません。

早急に解決したい問題だとは思いますが、こうなる前にもっともっと人との繋がり、親と子の繋がりなどを強く結びつけて行きたい。そう思います。


[45]>30 TV番組でコメンテーターは言ってる altobenz

「マスコミが騒ぐから連鎖が起きるんだ」って。

でもそんな自己否定の議論が大きくなるはずがない。

マスコミも悪者にはなりたくないから。

世の中全員保身に必死。


[46]>37 私も子を持つ親ですが。 altobenz

あなたの文章を読んでいると、全て他人のせいにしているようにしか思えません。

「かばってくれる友達がいない」

「学校でもなく、家庭でもなく、社会に問題がある」

「自分の子供がいじめられないように育てる親が多い」

今現在あなたの子供が不登校を克服したのかどうか文章が曖昧で分かりませんが、

克服していないとしたらまずそれを解決することが先決なのでは?

マスコミと同じように責任のなすりつけをしている暇など無いでしょう?

きびしい言い方ですが、今は自分の子供最優先で行動すべきだと思います。


[47]>46 誤解があるのかもしれません TANE

全然、厳しくないですよ。毎日、息子との接し方など色々模索しています。不登校は克服しました。

最優先で今は毎日を過ごしています。

学校と他機関を通して、向き合っています。

子供の心にも問題はあるとも思います。勿論、自分の子供ですから誰のせいにもしてません。友達のせいにもしてませんし先生のせいのもしてません。ただ、こういった風潮があるのだと伝えたかっただけです。

でも、なぜ?なのかは明確には分からない事なんです。

さまざまな、要因を一つ一つ乗り越えて、解決して行く事が大切だと言いたかったのです。ですが、こういった事を書いてしまって他人のせいにしていると思われるのも仕方ありませんし。ここで、こうやってる暇があるならと言う気持ちも分かります。指摘ありがとうございます。感謝いたします。

「かばってくれる友達がいない」これについては、友達友達と言ってはいません。家族がいるのですから。

「学校でも、家庭でもなく社会に問題がある」

これは、本当だと思います。勿論家庭での反省を踏まえた後の結果ですが、結局児童相談所と言う所は単に親の子育てだけを解決する場所だけではありません。法的な場合もあるそうです。相談に行った時に聞かされました。

「自分の子供がイジメられないように・・・」

これも、現実に友達がいないからと言う親が多くなってきたのは事実です。

ですが、すべてを他人のせいにはしてません。色々な人がいて色々な意見を聞き、私は助けられてるんだなと感謝してます。こういった問題に直面し変だとは思われるかもしれません。きれいごとだと言われるかもしれません。

でも、この問題に直面し、どうか死ぬ前にと考えたのは事実です。

私も家庭での事を書くべきではなかったのかなと反省しています。指摘、感謝いたします。ありがとうございました。


[48]逃げ場 heartofgold0126

自殺やいじめ問題は自分は一人じゃないと教えてあげることがいいのだと思うのですが、今は自殺予告により、集団自殺と化してしまっていますが、逃げ場を自殺をすることではなく環境を変えるなどできるようになればよいのかもしれませんが。。

先生も人間ですからいけない発言をしてしまうこともあるかもしれません。

信頼しているはずの先生を頼れないとなると、学校での逃げ場はないに等しい。

私の妹は知恵遅れが小さい頃からいわれており、先生側もあまり理解はしていないようでした。

クラスの子には、無視や石を投げるなどの行為をされたこともありますがその場でやり返したりしてしまうのであまりいじめとして対処されません。それどころかやり返した場面を見た先生が妹をしかりつける始末です。いじめられている人に対しての学校側もほとんどが子供と一緒です。

親も自殺に追い込めてでも学校に行かせたいのか。

いじめは小さいことが原因です。

誰が悪いわけでもなくただコミュニケーションが減り、いじめを話す機会がないのです。

相談室などもそうですが、いじめられた側から相談するのはとても勇気のいることです。

周りが、社会全体がコミュニケーションをはかり、歩み寄ることが大切なのです。


[49]>26 それもある。 mododemonandato

しかし、子供は必ず死ぬ前に何らかの危機を知らせるシグナルを出している。それを把握できないのは、日頃から人間関係を疎かにしているからなのだ。


[50]>49 矛盾してないですか? altobenz

子供が何らかのシグナルを出しているなら、それを親が検知した上で、kamisamaさんが言うように隔離すれば済む話なのでは?


[51]>17 具体案は? altobenz

あたなはしきりと「人間関係」を強調されますが、世の中全員が善人で人間関係が良ければ、いじめがなくなることは誰だって知っています。

そうではなくて、今この瞬間にいじめで悩んで自殺さえもしかねない子供達を一秒でも早く救う方法をkamisamaさんは提示しています。

もちろん、あなたの言うことは理想なので、最終的な目標としては間違っていないと思います。

「もう少し人間関係のお勉強をしなければいけませんね。」などと論点をすりかえないで、真正面から建設的な議論を期待します。

ちなみに私はkamisamaさんの意見に賛成で、隔離・逃げる派です。


[52]人の痛みを想像すること ririsu-1

人の痛みを知れる人がどれくらいいるのだろうと思います。こちらに書かれている人たちも、私も含めて。自分が言われたら嫌な事は言わないという事が出来ない大人が多い。確信犯的な人も多いのではないでしょうか。

仕事の同僚に対してもそうですし、幼稚園の父兄とか公園デビューもそうですよね。世の中、無神経な言葉が多いと感じます。子どもは大人よりもストレートで、言葉が研ぐように向き出しな所があります。だから大人達が話しているような感覚で子供達が言葉を操るととても危険ですね。。2ちゃんはいい面もありますが、悪い面がほんとうに浮き彫りになりましたね。匿名性であっても話している相手は人間なのだから、対面している時と同じように、言葉を選んで人の痛みを考えて書き込むように指導する事は大事だと思います。からかったりするのも、そこに愛があった時代もあったのではないでしょうか。


[53]関わる人の数の問題じゃないかな。 Festa

イジメが多くなってるのは結局の所、子供が関わる人の数が

減って行ってるのが関係してるのではないか。

昔は親兄弟・親戚・地域・学校とあったコミュニティが、

今は親と学校のみ、なんてこともザラにある状態になっている。

こんな限られた中で自分に合う派閥を選ぶ、と言う作業は、

十人十色の人なのだから、当然出来ない人だっている。

そもそも、大多数の大人が考える当たり前の子供が、

学校の1クラス30人の中では実は少数派と言う事すら起こりえる。

確率の問題で言えば、その率は決して低いとは言えない。

関わる人の数が減ると言うのは、限られた派閥の中で

上手く立ち回る事を要求される事でもある。

こんなの、大人だって出来ない人は山程いるでしょう。

職場では、仕事と言う、明確な競争原理があるので、

別に相手をコケ下ろさなくても自分が上だと証明する事は出来ますが、

今の教育はその競争原理すら無くす方向で動いてますしね。

この状態を解消したい、でも自分自身が核家族で人との関わり方が分からない、

とした場合に、結局頼るのは学校しか無いんでしょうが・・・。

簡単な解決方法は、小中学校を単位制にして、大学的な授業分散を実施する事だろうか。

友人をクラス依存ではなく、クラブ依存で作るようにすれば、

限られた人数に縛られる事無く人間関係を構築出来るようになるでしょう。


[54]>5 尊敬の気持ちとは、相手を認めてこそ生まれる Festa

クラス全員が、相手を尊敬し合う状態には、私は巡り合ったことがありません。

人は自己と知り合いで輪を作り、己の居場所を持って安心する生物です。

輪の外の相手を尊敬しようと思えば、

相手の優れた点等を見て、更にそれを認める必要がある。

これですら、子供には難易度が高いでしょう。

更に、全ての相手に尊敬を持つと言うのは、

己の居場所の輪を、万人を対象として広げると言う事。

既に悟りの世界の話では無いでしょうか。

どちらにせよ、子供にコレを求めるのは酷と言うものですよ。


[55]>42 制度の問題として「いじめ」問題を捉える Dryad

10年以上前より、学校制度の観点からいじめの解決を図る具体的な案を提出している論者として、社会学者の内藤朝雄氏を紹介したい。下記のインタビュー記事では、「いじめ」を「暴力系」と「コミュニケーション操作系」に分類した上で、それぞれについて非常に明快な処方箋を提示している。


[56]誰が困る? k_gori

自殺するには相当な度胸が必要だと思うんだが。

自殺したとこで親が悲しむだけでしょ?

いじめた方は反省したフリはするが、将来の自慢話ですよ。

悔しくないの?自殺する度胸を他に使えばいいのに。

何でもできそうな気がするんだが。

いじめた子の家に火をつけるとか。


[57]>56 同感。 altobenz

だけど、自殺するような子は真面目で内向的な子が多いから、

放火みたいな大胆な行動よりも自殺の方が精神的に楽なんじゃないかな。

または、放火する子が居てもニュースにならないだけかもね。


[58]同調することと、協調すること imagaichiban

人が発言する時、我々大人は、どれだけ時間を与えるでしょうか。

周囲の雰囲気を読めない人物に、あなたはどう考えますか。

ダサい!




人と違う意見を、まともに聞こうとしない・・・・

人が、どこにもいるのです。

(高い給与をとっている人のことではありません)

人と同調しないと、落ち着かない人がいるのです。


[59]親として自分にできること asukab

親としての使命は、幸せな子どもを育てることです。これができていれば、誰も「いじめ」などしない、というのが持論です。いじめの心理は、その子どもの嫉妬であったり欲求不満であったり。(これは大人にも当てはまるでしょう。)いじめる側の歪んだ心理がなくなれば「いじめ」はなくなるはずなので、そう考えると子育ての責任は計り知れません。


[60]多くのご意見有難うございました Xegnyph

多くの皆様からのご意見大変有難うございました。

回答もそろそろ減ってきましたのでこのあたりで終了させて頂きます。

様々なご意見を寄せていただくことでき、質問して良かったと思います。

本当に有難うございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ