人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

[こういう場合って私も捕まりますか?]
今,ある大学生の集まりでイベントの準備をしています.
この大学生の集まりは団体として定義されているものがなく,法人でもなければ学校のサークルでもありません.
ただの学生の集まりです.
それで今現在,企業と協力してイベントを行おうとしています.
その際に名刺とビラが必要になりました.
しかし,どうやらこの名刺とビラを担当している人Aさんは海賊版ドローツールを使ってそれを作成したようです.Aさんに海賊版ドローツールを提供したのはこのイベントの代表Bさん.
この時点でAさんとBさんは著作権に触れる犯罪になると思います.
私がこのことを知ったのはつい先日でしたが,このイベントに関わっている私含め他のこのことを知らないみんなも犯罪となって捕まりますか?
また,このような場合どのように対処したらいいのでしょうか?
やめるように言って聞いてくれるのが一番いいと思いますが,過去に同じような手口でイベントを行ったことがあるようなのでやめないと思います.

●質問者: Mr1
●カテゴリ:ビジネス・経営 人生相談
✍キーワード:イベント サークル ドロー 企業 作成
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● mododemonandato
●27ポイント

確かにAさんとBさんは発覚すれば、罪に問われるでしょう。しか し、事情を知らなかったあなたと他の人々は法律上では「善意の第三者」となり、罪に問われることはありません。

法律上での善意の第三者については、下のサイトを参考にして下さい。

あなたや他の人達はそのような人間とは、係わり合いにならないようにした方がよいと思われます。説得に応じないなら、そのようないかがわしいサークルには今後参加しないようにしましょう。

http://www.scan-net.ne.jp/user/thara/minitisiki.htm

◎質問者からの返答

私が欲しがっていた的確な回答ありがとうございます.このサイトも大変参考になりました.

こういうのは連帯責任になるかもしれないと思って質問させてもらいました.

法律とかあまり詳しくないので,万が一罪に問われるようなことになったらと心配でした.

とりあえずこの2人を説得することから始めてみます.


2 ● hamster009
●27ポイント

告発してやってください。

◎質問者からの返答

ご意見ありがとうございます。

NoxStrixさんの回答を見て考えてみたんですが、告発しても周りがとりあってくれるどうか微妙な気がします。

AさんとBさんにはとりあえず捕まる恐れがあると警告はしておきます。二人とも知っているとは思いますが…


3 ● NoxStrix
●26ポイント

著作権法のご質問なので、その点を考えて見ます

著作権法

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAM...

順を追って考えますね。

まず、Aさんがネットから違法ソフトをダウンロードして来た状態。

この段階では著作権法違反になりません

(著作権法(以下法)(23条では公衆送信権がありますが、アップロードしてはダメって事です)

次にAさんはBさんにこのソフトを譲ります

この時点で法26条の2に該当し、違法となります。

これを使用したBさんに関しては著作物を使用しています

これに関しては、侵害のみなし規定法113条2の2項で「業務上電子計算機において使用する場合」

「複製物を使用する権限を取得したときに情を知っていた場合」

この場合はもらったときにこれが違法だと知っていた場合で、業務上といえないと違法になりません。

さらに、著作権法の罰則は法123条によって親告罪ですので、著作権者からの告訴が無くては、刑事事件になりません。



さて、質問者様が違法になるかですが、この文面を拝見する限りはなりません。

まず、刑法は善意第三者という問題ではなく、構成要件該当性で判断されます。

この場合、あなたは、実際になんらの行為(実行行為)を行っていないので

問題とされるは共犯ですが、

少なくとも共謀行為が必要です。

分かりやすく言えば、横領罪を問われる経理部員がいたとしましょう。

そのときに、同じ会社というあなたの所属するグループよりはるかに強い関係があるにもかかわらず

共犯とならない限りは、犯罪に問われません。

これは共犯の構成要件に該当しないからです。

よって、知らなかった質問者様は罪にとわれません。



さて、蛇足になりますが、さらに問題としては、民事の損害賠償責任があります。

この場合、民法709条によって、請求されるわけですが、

この場合に求められる要件のひとつに故意、過失があります。

質問者様はこの文面では故意も過失も認められず、現段階で損害賠償の対象になることは無いでしょう。

この先、そのメンバーがソフトを使うことを知っている場合に、過失が問われる可能性がありますが、

しかしながら、あなたに、使用をとめる義務の存在を認めることは難しいので

これも可能性は低いと思います。



実際上、こういったことで、訴訟もしくは刑事告訴に発展するケースは皆無であるということも付け加えさせていただきます。

どうしてもご心配なら、そのグループを辞めてしまえばなんらの問題もありません。

◎質問者からの返答

詳しくご説明いただきありがとうございます。

ネットからの違法ソフトをダウンロードした後、アップロードしたり販売したりということで捕まったというニュースを前にいくつか見たことがあります。今回くらいのことではそこまで発展しないんですね。

今回はグループで責任になるかもと少し思ったので少し安心しました。

なかなか集まりが少ないグループなのでほとんど会わないのですが、次にあった時はグループで話し合って続行する人と辞める人をはっきりさせておこうと思います。

現在のところ、私はこのグループを辞める方向で考えています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ