人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

エクセルで「表示ボタン」を押したら
「セル」に書かれている「日付」の1分足チャートと「平均移動線A」と「平均移動線B」を「別ウインドウ」で表示するようなVBAマクロを書きたいのですが。

データベースには
「A年月日」「B時刻「C始値」「D高値」「E安値」「F終値」「I平均移動A」「平均移動B」
の順番で入っています。
わたしにわかるように答えてくださった方には300ポイントあげます。

現時点でわかったことはボタンを作って

Private Sub CommandButton1_Click()

End Sub

という準備ができたとこです。

●質問者: maziro
●カテゴリ:コンピュータ 経済・金融・保険
✍キーワード:sub VBA にわか ウインドウ エクセル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/2件

▽最新の回答へ

1 ● らいず
●300ポイント

グラフの作り方は、色々なホームページを参照していただくか、簡単な本を参照してください。

基本的には、表示させたいデータと項目のセルを範囲指定したあと、「挿入」―「グラフ」を使って、色々試しながら目的のグラフを作成していきます。

Excelのグラフ



VBAを一から覚えて作るのは、初心者には難しいかもしれません。

そこで、「マクロの記録」をして新しいシートにグラフを作るように操作を記憶させます。

記録を選択してから、上のグラフを作成する方法を始めから丁寧に実行していきます。

記録から、「■」ボタンを押して停止させるまでの手順を自動的にVBAに変換してくれますので、グラフを作り終えたら停止させます。

そうすると、下記「macro1」のようなVBA(マクロ)が完成します。

次に、実行させるためのボタンを作成します。

全ての作業を記録させたら、「表示」?「ツールバー」の中にある「コントロール/ツールボックス」を表示させてボタンを作成します。

ボタンをダブルクリックすると、VBA画面になりますのでそのボタンの

sub ? end sub

の間の空間に、標準モジュールという中にある先ほど記録したマクロのプログラムを呼び出すように記述してあげます。

【例】

『記録したマクロ』


Sub Macro1()

 ActiveWindow.Visible = False
 Windows("Book1.xls").Activate
 Range("B4:B6").Select
 Charts.Add
 ActiveChart.ChartType = xlColumnClustered
 ActiveChart.SetSourceData Source:=Sheets("Sheet1").Range("B4:B6"), PlotBy:= _
 xlColumns
 ActiveChart.Location Where:=xlLocationAsNewSheet
 With ActiveChart
 .HasTitle = False
 .Axes(xlCategory, xlPrimary).HasTitle = False
 .Axes(xlValue, xlPrimary).HasTitle = False
 End With

End Sub

『ボタンのVBA』


Private Sub CommandButton1_Click()

 Call Macro1  call ? ?を呼び出します。
End Sub

このあと、保存をすると次回からはマクロが有効になりボタンを押すと、記録した部分に入力されている数値を参照してグラフを作るようになりますよ。

Excel-マクロ記録

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ