人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

人と話すとき間が持たない。
会社でのおしゃべり(雑談)やお得意先に行っての商談以外のお話がとても下手で困っています。
会社で休憩時間になっても、話したい気持ちはあるのですが、うまく雑談ができません。
ニコッと笑ってこんにちは、まではできますがそれから話が続きません。
親しい友人とはずっと話せます。
お得意先に行っても商談以外の話題を見つける事がものすごく苦手で
前日からネタを仕込もうと思ってもまったくいい話が思いつきません。
長い間引きこもりのような感じでいたので話題を作る力が弱っていると思います。
高校生くらいのときはこのような、現象はありませんでした。
この状況を打開するよい方法やいいサイトをご存知の方お教えくださいませ
よろしくお願いします。

●質問者: y7ujmnhy
●カテゴリ:ビジネス・経営 人生相談
✍キーワード:お話 こんにちは それから サイト ネタ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● hanatomi
●15ポイント

http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/eigyo/rensai/takagi.cfm?i=2005...

営業のつぼ

うちの職場に来てた生保の女性は、とにかく営業が上手でしたが、良く考えると、自分の事はほとんどはなしてませんでした。

相手のことに対してあれこれ話してるかんじでした。

「いや?部長さん、その手帳って・・」

「その写真お子さんですか」

「その文房具とてもつかいやすそうですね」

口の動くままに話していた感じでした。

ただ、逃げ足もものすごく速くて、

少しでも気まずい空気になったら、風のように去っていきました。

笑顔を残して。

とってもやり手の女性で営業成績が抜群だったそうです。

時間よりも回数と聞いたこともありますね。

話題を見つけたり、

自分の時間の充実の参考は

http://q.hatena.ne.jp/1162965969

ここがおすすめです。

ヒントがいっぱい!

共感できる話題がひろがればいいですね。


2 ● midoring
●15ポイント

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2194989.html

似たような質問があったので、もしかしたら、お役に立つかもしれません


3 ● daikanmama
●15ポイント

急にたくさんの話題を作るというのも難しいと思いますし、あまり無理をしてもかえって不自然になってぎくしゃくしてしまいそうですので、まずは相手の話を膨らませて、相手に気持ちよく喋ってもらって、場を持たせるということを考えたらいかがでしょうか。

トークのプロであるホストのテクニックは、参考にする価値があると思います。

http://www.usknet.com/blogs/maeda/2006/10/no1.html

たとえば相手が自分の過去を話しした際にも、「あ、そういうこと、ありますよね!僕も!」「あ!それわかるなー」

と相手に同意して、そして話を膨らせる。同意・同調は、会話における基本テクニック。また相手が何か話す度に

「あ、なるほど。〇〇〇という ことですよね。」「ああ△△みたいな」というように、自分なりの言い換えをする。

これによって相手は「あ、分ってもらえている。自分の会話が、相手の中に入った」と感じることができる。

あと、話題のきっかけ作りと、相手の話についていくために、毎朝テレビのニュースと新聞には必ず一通り目を通しておくべきでしょう。


4 ● KairuaAruika
●15ポイント

とりあえず新聞を読んでみられたらいかがでしょうか。

そして,お得意様先へ伺う前には,関連する会社のことをWEB等で下調べしておき,「業績,かなりよさそうですね?」とか,相手の方の顔がほころびそうな話題を振ってみてください。

又,ファッションに関しては興味はおありでしょうか?

おありであれば,「いい色のシャツですね,私もそういった感じの,持ってますよ。」とか話しかけてみたり。

ちょっとそこまでは,と思うようなところまで話してみると,思いのうちを明かしてくださる相手の方も出てきます。

頑張ってください。

相手は人様なので,マニュアルはありません。

自分の心を広くすることです。


5 ● oo7
●15ポイント

全く逆の発想をしてみてはどうでしょうか?

無理に話そうとするのを、取りあえずやめてしまうのです。

話をしている人達の輪の中にいる場合、話さないけれど、興味は有るよ、という感じで軽い微笑みやにこやかな表情で居ることにしましょう。

話をしている人、話はしていないけれどうなずき方の上手い人、そんな人達に視線を移しながら、時には自分も「うんうん」、「そうですね」、「なるほど」、などと自然な感じのタイミングで声を出してみましょう。

その内、自分が話しがしたい、と思うものが出てきて、自然に話すことができる様になるチャンスも出てくることでしょう。

その時に自分から話をすればいい、と自分で腹をくくってしまうといいかも知れません。開き直りでもいいですね。

1対1の場合も聞き手に回るといいでしょう。

自分の話を聞いてもらいたいという感じの人は結構多かったりします。

やはり軽い微笑みの笑顔で相槌を打ちます。

ただ、1対1に限らず、大人数でも話題が尽きた、どうしても盛り上がらない、という場合はしかたないとあきらめた方が良さそうです。

飲み会やコンパなどでも、一部だけが盛り上がっていて他は静か、というのも結構見かけますよね。

その場合は、その場を楽しんでいる事を軽い微笑みの笑顔でアピールしつつ、話をしないという状況を気にしないのがいいと思います。

何も緊張したりする必要もありません。


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ