人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


もし日本国が大東亜戦争において勝利していたら、
現在の日本国はどのような社会になっているでしょうか。
戦前の日本国の礼儀作法、生活習慣などの多くが
現在も健在でしょうか。

http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/

●質問者: FireBird
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 生活
✍キーワード:大東亜戦争 戦前 日本国 現在 礼儀
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 64/64件

▽最新の回答へ

[1]日本が亡くなってるのでは? cyclolith

「大東亜戦争に勝利したら」と云う事ですので、

・イタリアとドイツは負ける

・戦争中に於ける最も広い領土で確定

を仮定します。

その場合、戦勝国の欧州とソ連が糸を引いた反乱が続くと思います。特に南方は、第一次インドシナ戦争のフランスの如くグズグズの戦争状態になりそう。米国も本土がやられてる訳でもないので、間もなく復活して介入してくるので、結局大東亜戦争に勝った所で狩場になる事に変わりはないと思います。

結局、内憂外患を抱えて国力が低下した隙にソ連辺りに占領されて皆ロシア語を話すようになっているのではないでしょうか。従って、礼儀作法も生活習慣も残ってないというのでどうでしょう。


[2]軍と権力者だけがうまい汁を吸う最低の国になっているのでは? Fuel

日本人が持つ美しい心を徹底的に破壊したのが戦争ですから。


[3]>2 戦争がなければ、今も健在だったでしょうね TomCat

礼儀作法や生活習慣は文化です。戦争は人を殺すだけでなく、文化をも破壊しますからねー。勝敗には関係なく、その経過として。


[4]>1 戦前の日本国の風物、風情、感性、情緒、美しい日本語は健在でしょう。 FireBird

大日本帝国軍の暗号が解読されることなく、

米国による本土空襲や、大量破壊兵器が開発される前に

少しだけ有利な立場で講和条約を結ぶことができたと仮定します。

満州国、朝鮮、台湾、布哇(ハワイ)、グアム、太平洋の島々、東南アジアの各国は

平和裡に独立できたでしょう。

友好国から石油、鉱物資源を確保できる日本国は、輸出製品の品質を米国と競い合い、

両者は、よきライバルとして共存繁栄していることでしょう。

本土空襲を免れた日本国は、歴史遺産の建築物が美しく建ち並び、

日本情緒と色彩がどの街にも満ちあふれ、

日本人同士の節操のある会話や、年長者や子供との付き合い方や、

男女間のマナーは、戦前の風情そのままであろうと思います。

それにしても悩ましいのは、共産主義者です。

煽り、騙し、すり替え、潜伏、テロ活動を厳重に取り締まる体制が不可欠となり、

ソビエト連邦、中国共産党との戦争は避けられない事態になっていたでしょう。

軍備は強化しながらも、全体主義的な雰囲気を改めて、

シビリアンコントロールの確立と自由主義の国になることと、

財閥や大地主は繁栄し続けながらも、封建主義的な雰囲気を改めて、

愚直に働く人々が豊かになることが

日本国の課題になっていることでしょう。


[5]>3 戦争はあっても無くても、大して変わらんかったと思う。 takahiro_kihara

結局、♪巡る?巡るよ時代は巡る? なんだもん。

昭和150年くらいになれば、今と同じような状況になっていたことでしょう。


[6]>4 そうかなぁ? takahiro_kihara

大東亜共栄圏という発想自体、幻想だったと思うんだけど。

幻想交響曲

幻想交響曲

ま、歴史にifは禁物ですが。


[7]>3 日本軍将兵に心からの追悼と感謝の意を捧げます FireBird

大東亜戦争の敗戦によって日本国の雰囲気が変わってしまいました。

占領軍によるラジオと新聞を使った洗脳教育作戦や

共産主義者による扇動や恫喝によって、

戦中戦後生まれの日本人は、戦前の日本国と日本人を

自虐あるいは敵視するようになってしまったのです。

逆戻りできることなら、戦前の日本国にもどして

自然本来の、大らかで繊細、知的で柔軟な日本人の姿を、

自分の目で確かめてみたい。

封建主義的な雰囲気や、全体主義的な雰囲気を、

徐々に改めていく自己改善、自助努力の能力を

日本人は持っています。

戦争中も議会制民主主義を完全に維持できていたのですから。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog219.html

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h18/jog458.html

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog203.html

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_1/jog036.html


[8]「戦前」と「戦後」という幻想 knockeye

戦前の日本国の礼儀作法っていったいなんのことをいってるんですか?わたしにはよくわかりません。

「戦前」と「戦後」に何らかの価値の変換があるという考え自体から再検討してみるべきではないでしょうか?

たとえば野口悠紀雄は、現在の経済システムや官僚体制は1940年に戦時体制として作られたものがそのまま続いていると指摘しています。

現在、日本の総理大臣はアベさんですが、このおじいさんのキシさんは、戦時中も戦後も大臣じゃないですか。

夏目漱石は『三四郎』のなかで「日本は滅びる」と予言したことになっていますが、そもそも漱石の世代でさえ、もう旧の暦の読み方がわからなくなっています。

文化は断絶したわけではなくて、徐々に変化してきているだけだと思います。昔はよかった、昔へ返れなんていっているのは、たいてい現実逃避に過ぎません。礼儀は個人の属性で、国家とは関係ないと思います。


[9]>7 いくら追悼しても死んだ人間は帰ってきません Fuel

逆戻りできることなら戦前の日本国にもどして愚かな殺し合いをやめさせたいものです。


[10]>5 兵役 dream76

はあったかもしれませんね

うちの祖父は兵役逃れしましたが笑


[11]>8 それを自分の目で確かめてみたいと感じているだけのことなのさ。それだけさ。 FireBird

大東亜戦争の前後には、何らかの価値の変換はなかったと思い込んでいる貴君が、

これからもそういう思想で生きていくことを、別に咎めたりはしない。

それでいいよね。

親子が殺しあったりする家庭の雰囲気は日本国には昔からあったのかな、

いじめられた子供が自殺する学校の雰囲気も日本国には戦前からあったのかな?

それを自分の目で確かめて、多くの人の意見を確かめてみたいと

思っているだけのことなのさ。それだけさ。

確かに日本国は、ほぼ同一民族で歴史を断絶させることなく共有してきた。

しかし、大東亜戦争の前と後とでは、道徳観念や、精神的な支柱といものは

大きく変化して入れ替わってしまって、一見して別な民族のようになってしまった。

戦前生まれの人々が亡くなったら、一体どうやって、

日本古来の道徳観念や伝統を維持していくのだろう。


[12]>11 Yukio Mishima Speaking In English FireBird

http://www.youtube.com/watch?v=gvUNK8mt8TM

http://www.youtube.com/watch?v=3dKnQ63iUSc

http://www.youtube.com/watch?v=DPAZQ6mhRcU


[13]>8 礼儀は教育です k_gori

戦前の礼儀作法、武道教育もその一つです。

個性が相手にとって無礼にならないよう教えるのが礼儀です。

http://kykshnhiro.blog68.fc2.com/blog-entry-5.html


[14]アジアの民主化と経済発展がもっと早くに実現 rthuk

太平洋戦争に勝利ならずとも講和で停戦にもちこんだとしても、アジアの共産化は免れ、平和と民主化と経済発展したことはほぼ間違いありません。

満州国は日本主導で工業発展し非常に豊かな国になっていたことでしょう。中国語・日本語が公用語です。様々な文化が発展したことでしょう。

中国は石油が発見されるまでは中東から石油を輸入。共産党などの大虐殺はありません。自由・平等を謳歌し、香港のような経済大国になっていたことでしょう。

北朝鮮は存在しません。拉致もありませんし、北朝鮮の飢餓もありません。韓国の徴兵制度もなかったでしょう。朝鮮半島は日本の一部として発展し、今の北海道・沖縄のようになっていたことでしょう。一部のテロは存在するものの国民は平和と経済発展と自由を手にいれていたことでしょう。

大量の核を持っていたでしょうね。


[15]>14 共産勢力に対抗するために、核爆弾をまちがいなく、独自開発したでしょう しかし FireBird

共産主義国が核爆弾を開発する前に、まちがいなく

日本人は、独自に核爆弾の開発を完了していたことでしょう。

核爆弾を適正に維持管理していくには、

非常な緊張感と厳しい規則が重要になります。

しかし、命令されたとしても日本人には

発射ボタンを押すことは絶対にできません。

日本人には一般民間人を相手にした非人道的な行為は

許されないという血が流れているからです。

日本人は、長い歴史から学んで、自然に身につけた道徳と知恵、

軍隊だけを相手とする通常の戦闘行為だけで

自存自衛、繁栄していくことができると考えます。


[16]>13 教育勅語 明治23年10月30日 FireBird

わたくしはつぎのように思います。

神武天皇からの歴代天皇は、

国を果てしなく広く創り開き、

深く厚く徳を広めてきています。

国民は忠実かつ敬虔で、

すべての国民が心を一つにして

その美徳を代々持っていることは、

我が国体のすぐれて美しい特色です。

教育の根源は実にここにあるのです。

国民は父母に孝行しなさい。

兄弟に慈愛深くしなさい。

夫婦は仲良くしなさい。

友人には誠実にしなさい。

慎み深く心を引き締めるよう己を律しなさい。

博愛を皆に広めなさい。

学習し、技術を習い、知能を発育させ、立派な人格を作りなさい。

進んで公益のためになることをし、世の中の務めを果たしなさい。

常に憲法を重んじ、国法に従いなさい。

万一国家に危急の事態が起こった場合には、

正義にかなった勇気を奮い起こし、公共のために尽力しなさい。

そして天地と共に窮まりない天皇を戴く日本国の運を助けなさい。

このようなことは、単に良き忠実な国民であるというだけでなく、

あなたの祖先が残した美風を表現することにもなるのです。

この道は実に歴代天皇の遺訓であり、

子孫である国民が共に遵守すべきことです。

これは昔から今に至るいつの時代に実践しても間違いなく、

我が国で実践しても外国で実践しても道理に反することはありません。

わたくしも国民と共に謹んでこれをよく守り、

皆でその徳を一つにする事を願い望んでいます。


[17]>14 日本が中国や北朝鮮の代わりを果たしていただけでしょう YuzuPON

政治は翼賛政治で事実上の一党独裁。経済は国家統制。紅衛兵よりタチの悪い締め付け組織が取り仕切る国民総動員体制。国民は貧しく職業も自由に選べない。戦時中の日本は中国や北朝鮮とそっくりだったではないですか。戦時体制の日本はまさに共産主義そのものでした。教祖がマルクスではなかっただけで。


[18]>17 「戦争の誘発要因のひとつとなった左翼」 FireBird

「日本共産党はソ連コミンテルン日本支部として生まれた。

世界共産主義革命を成すための日本支部とでもいうべき組織だ。

現在の日本共産党は旧ソ連政府や支那政府との対立を偽装するが、

かつては完全にソ連コミンテルンの支配下にあった。

その活動を見ると、現在の中核派や革マル派以上のテロ組織と言っていい。

日本共産党は査問と称するリンチ殺人を繰り返した。

また、拐帯や更に強盗、詐欺、恐喝などを行う犯罪組織でもあった。

それゆえ、当局は共産党員を次々摘発した。

これらの事実は現在、全て隠蔽されている。

マスコミがこれらの事実をあまり取り上げない理由は何か。

それは共産党へのシンパシーを感じる人間がマスコミ関係者にいることと、

そもそも共産党の実態に無知であることが考えられる。

しかし何より、共産党からの告訴などによる嫌がらせを恐れてのことだろう。

嫌がらせのために告訴を行うのは、サヨクの常套手段なのだ。

現在、共産党の戦前における真実を語ることはタブーになっている。

なお、戦前における共産党が行った犯罪というタブーを真っ向から

記述した研究書があるので、興味のある人は参考にされたい。

かなり綿密で具体的な研究書である。」

書名 :日本共産党の研究 一から三巻。

著者 :立花隆

出版社:講談社

http://www9.big.or.jp/~cumy/sayoku/ichi_1.shtml


[19]>18 戦時中の日本との類似性がよくわかります YuzuPON

リンチ、拐帯、強盗、詐欺、恐喝。共産党を特高警察に置き換えればそのまま話が通じます。


[20]>19 皇国史観研究会のホームページから FireBird

「特高警察とは、国体、天皇制政府を守るために活動し、

共産主義者を一方的に弾圧して来たというのが、

日本共産党などをはじめとする、

取り締まられた共産主義者達の言い分である。

しかし、当時の日本共産党はコミンテルンの日本支部として、

『共産党宣言』に「共産主義者は、自分たちの目的が、

これまでのいっさいの社会秩序の暴力的転覆によってしか

達成されえないことを、公然と宣言する。」

(マルクス・エンゲルス『新訳・共産党宣言』72頁)

とあるように、一時期などは全員が軍用拳銃や匕首で武装し、

逮捕に来た特高刑事達と銃撃戦を繰り広げ、

双方に死傷者が出る事も度々であったから、

このように恰も一方的に弾圧されたかのように

主張するのは事実の歪曲である。」


[21]>20 やはり似た者同士の殺し合い YuzuPON

双方自分勝手な主張で殺し合っただけということがよくわかる文章です。


[22]>21 無宗教者あるいは無政府主義者あるいは外国人 FireBird

貴君は、支持している政党、信仰している宗派、

現在生活している国を書いてみたまえ。

治安を維持してきた先人たちのおかげで

平和な社会になっているということは分かるかな


[23]第三次世界大戦で敗戦 kurukuru-neko

直ぐに内戦か、第三次世界大戦で敗戦今と変わらず。


[24]>23 第三次世界大戦はもう少し先になります FireBird

第三次世界大戦の皮切りはアジアの某国での不注意から

勃発すると思います。

核爆弾の取扱不注意から惨劇が始まります。

そのとき日本国は意外なほど冷静に非常事態に対処することでしょう。

避難民への対応、国際社会への関与、唯一の被爆国として、

恥じることがないように今から心構えの準備をしておく必要があります。

第三次世界大戦の終結に対して、日本国は大切な役割を

果たさなければなりません。

日本人の生き様、伝統、歴史、道徳のすべてが問われることになると

思います。


[25]>22 なんだ、ただの似非右翼かぶれか YuzuPON

貴様は似非右翼、つまり日本民族を堕落させるために北朝鮮などが送り込んだ工作部隊に踊らされているに過ぎない。貴様のその特高かぶれの様子がそれを物語っている。貴様が信奉する団体はおそらく北朝鮮から覚醒剤を受け取って日本で売り捌いている三国人系暴力団の系列であろう。真の日本精神とは大和の心である。しかるに貴様の偏狭な排斥主義は北朝鮮の思想そのままである。恥を知れ。


[26]>25 やっぱり君か FireBird

貴君のその言葉使いには見覚えがある

貴君のこの回答は感情がいじけた書き方をしているからすぐにわかった

恥をかくのは貴君のほうになるぞ

これ以上 貴君は回答しないほうがいいだろう


[27]>11 いじめは「美しい国」の皇軍にもあったでしょう itarumurayama

これは敗色濃厚になった時期に限らず、日清・日露の「美しかった時代」にもあったでしょう。

殺人やイジメが最近になって増えていると感じるのはマスコミ報道による錯覚。

マスコミは犯罪が発生すること自体が「メシのタネ」だから、数少ない犯罪をさも重大な事象のように報道する。

実際、日本の少年犯罪は高度成長を境に急減し、「生物学的に大丈夫だろうか?」と学者が心配するくらいに「犯罪レス」な社会になった。

戦前の刑法にも尊属殺人の規定があった。この規定自体の合理性の議論は置いておくとして、そういう規定を設ける必要性があった(=一定頻度の尊属殺人が発生していた)ということが推察される。

戦前には親殺しがなかった、というのはただの幻想。

ついでに言えば、現代流幼児虐待は無かったかもしれないが、「児童の身売り」は数知れず。


[28]>7 個人的には司馬遼太郎は好きなんですが itarumurayama

あなたの考えは、なんとなく「司馬史観」に似てますね。

日露戦争辺りが「精神的には日本民族のピークだった」との考え方。

佐高信は司馬史観を批判していますが。


[29]>4 社会のリセット itarumurayama

明治維新によって、日本はリセットされ、30代・40代の

志士達が国造りをしました。

しかしその後60年、70年と経過し、老人達の既得権益が宿便のように

立ちはだかる戦前日本になってしまった。

結局自力でその宿便を排除することができず、GHQの手で排除することに

なりましたが。

で、リセットされた昭和20年代、貧しい中で再び30代・40代の

若手世代が日本再建を志しました。

それが高度成長に繋がったのは周知の通り。

結局、大東亜戦争に仮に勝っていたとしても、長老による宿便体制が

日本の発展を妨げたと思います。

今流の言葉を使えば、敗戦ショックがあったからこそ

日本社会は「V字回復」を成し遂げられたと思います。

しかし、その戦後から60年、70年と経過していき、老人達の既得権益が・・・

もう一回、戦争起こしますか?


[30]>28 小林よしのりさんの考え方に少し似ていると言っていただきたいのです。 FireBird

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm

国際派日本人養成講座において修養中なのです。

小林よしのりさんの信念と情熱は素晴らしいものです。


[31]>23 負けるまで戦争を続けたと思います。 rosepourri

第3次か世界大戦かもっと小さな侵略戦争かはわかりませんが、当時の軍国主義の日本は日本を神の国と思い、絶対に負けないと思っていたので、あさはかな日本は負けるまでは戦争の犠牲者を増やし続けて行ったと思います。


[32]>15 南京大虐殺否定派かい? fuk00346jp

共産主義国が核爆弾を開発する前に、まちがいなく

日本人は、独自に核爆弾の開発を完了していたことでしょう。

それは認めましょう。U-234が何を運んでいたかはご存知でしょう?そしてその積荷の最終産物が広島・長崎にばら撒かれたことも

日本人には一般民間人を相手にした非人道的な行為は

許されないという血が流れているからです。

それなら沖縄本島戦線において島民の避難を優先させたはずです。

そもそも

一億玉砕

等とほざく大本営が民間人考慮するとは到底思えませんね。

おまけで731部隊が現地人をなんと呼び何をし、 皮肉にも今現在の予防医学の最先端に何を残したか

あとは御自分でお調べなさい。


[33]>26 逃げるのかい? fuk00346jp

代理回答しておきますか

貴君は、支持している政党、信仰している宗派、現在生活している国を書いてみたまえ。

支持している政党:日本共産党

信仰している宗派:一向宗(浄土真宗)

id:FireBirdさんは共産主義の敵をご存じ無いようですね。

メンドイから言っておきます。共産主義の最大の敵は宗教です。信仰している宗派が云々かんぬん言ってる時点で共産主義のイロハを語る資格は無いでしょう。(マルクス・レーニン主義学んでみては如何?)


[34]>14 当時の朝鮮半島をみればわかります。 rthuk

まるで未開の地のような朝鮮半島を、日本は教育・工業化・産業振興により一気に近代化しました。

朝鮮人は日本人に感謝してもしきれないくらいです。

アジアから欧米の植民地が無くなれば戦争はしなくなったでしょう。今の米国のようなアジアの警察みたいになっていたでしょう。

チンギスハーンの作った「元」のように民族が平等で慈愛にみちた社会ができていたでしょう。

タイやミャンマー、ベトナムなどは今などよりずっと経済発展していて人々の暮らしもよかったとおもいます。


[35]>27 ぜひともその時代に行って 時代の雰囲気を感じ取ってみたいものです FireBird

お詳しいようですね

美しい自然は昔の方がはるかに多かったですけれども、

子供にとっては、昔に比べて現代の方が

物資が豊かで、はるかに幸せな時代だと思います。

ただ人と人との付き合い方は全体的にみれば

昔のほうが情熱的で率直で刺激的であったような気がしています。


[36]>11 もっと昔 fuk00346jp

親子が殺しあったりする家庭の雰囲気は日本国には昔からあったのかな

戦国時代まで遡ってみなされ

・江戸時代が如何に平和だったか分かるはずだ。

いじめられた子供が自殺する学校の雰囲気も日本国には戦前からあったのかな?

成年式でアボンだろ

確かに日本国は、ほぼ同一民族で歴史を断絶させることなく共有してきた。

真面目に「同一民族」だとお思いですか?

少なくとも縄文時代に南方種族、弥生時代に北方種族が混血しています。そしてアイヌ併合、琉球王朝併合

明治?昭和が異様に好戦的、虎の威を狩る狐 だった事に気付くべきだろうな


[37]>32 いつも元気がいいですね! FireBird

一度よく調べてみます。

南京事件についてはこの本を読んでみましたよ

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4094025464/sr=1-1/qid=1163857...


[38]>29 大局的な歴史観ですね! FireBird

大きく達観してしまえば、

将来の日本国と日本人を悲観する必要はないという気がしてきました。


[39]ソ連がなくなれば、世界の歴史は変わったかも JuliusCaesar

ドイツがモスクワまで占領すればソ連は消滅して、その後の世界では共産主義の影響力は小さくなったでしょう。

しかし第三帝国は遅くともヒトラーの死語にはおそらく崩壊し、現状とあまりかわらない(ホロコーストの罪にさいなまれる)ドイツが残ることになると思います。

一方の日本ですが、世界的な植民地独立の流れは不可避と思いますので、朝鮮・台湾はやがて平和的に独立、満州国は普通の国になり、しかし現在のような反日にはならない、ということになるでしょう。ただし、さすがにアメリカ合衆国がなくなるような勝利は考えにくいので、アメリカの影響は史実より少なくはなってもゼロにはならないでしょう。

また、ある程度の時を経て「昭和デモクラシー」が起こり、ファシズム的傾向は一掃されるでしょう。結局政治経済では現在とあまり変わらない体制になっていると考えられます。

その中では、日本人は愛国心については今より自然に持つようになっているとしても、「リベラル的頽廃」というものがあるとして、それを食い止めることはできなかったかもしれません。


[40]>10 一億総右翼化した現代では… takahiro_kihara

兵役逃れは至難の業かも。

その意味では米国式自己責任社会が進展するのは悪くはないのだが、日本って元々御上による庇護社会だったんですよね。つまり、個人の力を制限して、賢い御上がよろしくやってくれる。

僕が以前どっかに書いたように、「人間皆平等」なんてーのは幻想だったんだから、兵役を導入する前に、まず庶民の選挙権を剥奪した上で、選挙権を与えるための共通テストを実施し、その合格者の投票によって構成される真・参議院に基本法改正案を討議させる。

そこで出来上がった改正案なら、ある程度信用できるでしょう。

って、またイワシの魔力で、話が明後日の方向にズレ始めたなぁ…


[41]>9 生命は、不可逆家庭ですからね。 takahiro_kihara

一旦失われると、二度と戻ってきません。

だから、戦争の惨禍は何があっても繰り返してはならないのです。


[42]>18 右・右・の現状では、共産党にも頑張ってもらわねば takahiro_kihara

彼が羊の皮を被った狼だ、という点にはある程度同意するけど。

日本共産党

日本共産党

(まだ未読。買っただけ…)


[43]>39 自由主義が広まったとき 日本国の憲法前文には中曽根氏の案がふさわしい FireBird

日本国民はアジアの東、太平洋と日本海の波洗う美しい島々に、

天皇を国民統合の象徴として戴(いただ)き、和を尊び、

多様な思想や生活信条をおおらかに認め合いつつ、

独自の伝統と文化を作り伝え多くの試練を乗り越えて発展してきた。

日本国は国民が主権を持つ民主主義国家であり、

国政は国民の信任に基づき国民の代表が担当し、その成果は国民が受ける。

日本国は自由、民主、人権、平和、国際協調を国の基本として堅持し、

国を愛する国民の努力によって国の独立を守る。

日本国民は正義と秩序による国際平和を誠実に願い、

他国と共にその実現の為(ため)協力し合う。

国際社会に於(お)いて圧制や人権の不法な侵害を絶滅させる為の不断の努力を行う。

日本国民は自由と共に公正で活力ある社会の発展と国民福祉の充実をはかり

教育の振興と文化の創造と地方自治の発展を重視する。

自然との共生を信条に豊かな地球環境を護(まも)るため力を尽くす。

日本国民は大日本帝国憲法及び日本国憲法の果たした歴史的意味を深く認識し

現在の国民とその子孫が世界の諸国民と共に

更に正義と平和と繁栄の時代を内外に創(つく)ることを願い、

日本国の根本規範として自ら日本国民の名に於いて、この憲法を制定する。


[44]>40 特別志願兵制度があるとよいかもしれません FireBird

「志願兵は、徴兵で集められた兵に比べて士気が高い。

その士気の高さゆえに戦闘の際に高い能力を発揮する。

また規律の面でも徴兵で集められた兵とは

比べものにならない高い水準にあるのが普通である。」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%97%E9%A1%98%E5%85%B5


[45]戦争に負けてよかったでしょう pascal7

まあその戦争に負けてよかったでしょう。

戦争に負けて米国に占領されたおかげで

自由な発言が出来るのであって

大日本帝国が健在であればすべての報道機関は検閲されているでしょうから自由なNETの発展はあり得ません。「はてな」と言う存在もあり得ないと思いす。左の人間の自由も制限されますが、右の人間の自由も制限されますよ。

自由な発想も生まれないので現在の経済大国日本も生まれないと思います。多くの侵略帝国が支配地域の維持で疲弊して衰退していったように大日本帝国もその姿は維持しても経済的に疲弊して衰退していると思います。


[46]現在のロシアや中国のような状況に・・・ retorin

日本が勝利していたとしても、いつの時代だって独裁政治が長く続いたためしはありません。いずれ旧ソ連のように崩壊するか、中国のように徐々に民主化していくかのどちらかかと思います。

国民はといえば経済的には世界からだいぶ劣っていても、自国に誇りを持ち・・・そうアメリカのように自分たちと正義だと疑いもしない少しおせっかいな存在になっていたでしょう。


[47]>45 負けるが勝ちですね k_gori

当時の軍部も政府も勝てるとは思っていなかったようです。

勝てると思っていたのは国民、その国民を煽ったのがメディア、特に朝日新聞だそうです。ネットで知ったことですが。

その朝日は戦後、次々と捏造した記事などで日本人を責めてきました。

ようやく戦後60年を経た今、濡れ衣が徐々にではありますが晴れてきましたね。私は非力で何もできませんが

濡れ衣を晴らすべく、日々活動しておられる真の日本国民の方々に対し、心からの感謝と敬意を表します。


[48]>46 日本国は戦争中も議会制民主主義の国ですよ FireBird

全体主義的な雰囲気があったので、

自由主義の国にすることが日本国の課題だったのです。

よい意味でのおせっかいは必要十分にしたことでしょう。

他国の歴史や文化を尊重しながらね。


[49]>47 勝てないと思っていても 大義があるときは立ち上がるのです FireBird

忠臣蔵ですよ!

時の権力者から厳罰に処せられることが自明であったとしても、

戦わなければ 日本人として立ちゆかないとき、

大義があるとき、日本国はこれからも何度でも必ず立ち上がります。

貴方はそう思いませんか?


[50]>49 知りたいのは真実 k_gori

旧日本軍の愚行として取り上げられて来た事が、実は何の根拠もないものが沢山あるとネットで知りました。

私は真実が知りたいだけです。

日本が武器を取り戦う時代は終わったんです。

今の日本人に託されている戦いは、誤解を解くことです。

全ての誤解が解けた時、大東亜戦争は日本が勝利したと言えるのではないでしょうか?

私も無い知恵絞って追求しています。

何の役にも立たないしょう、でもこれが私なりの戦いです。

日本国民が暮らし易い社会を望んでいるだけです。

それに、国民の意に反した所に税金を使い、増税を考え治安を悪化させてる日本政府に大儀など感じません。


[51]>50 素晴らしいご意見です FireBird

立ち上がるのは武器を手に取ることだけではなく、

最先端技術産業で圧倒的に先行するということを含んでいます。

事実を徹底検証した書なら、小林よしのりさんの本でしょう。

大和撫子の期待に応えておすすめします。

新ゴーマニズム宣言3 慰安所について資料検証

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4094051430/sr=1-13/qid=116402...

新ゴーマニズム宣言5 南京事件について資料検証

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4094051457/sr=1-18/qid=116402...

いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4344011910/sr=11-1/qid=116402...

挑戦的平和論―ゴーマニズム宣言EXTRA (上巻)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/434401085X/sr=1-14/qid=116402...

挑戦的平和論―ゴーマニズム宣言EXTRA (下巻)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4344010868/sr=1-23/qid=116402...

ゴーマニズム宣言 EXTRA〈1)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4344006593/sr=1-3/qid=1164025...


[52]>51 戦争論(1)、(2)、(3)は日本国の歴史本ともいえますね FireBird

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4877282432/sr=1-5/qid=1164026...

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4344001311/ref=pd_sim_b_1/250...

http://www.amazon.co.jp/gp/product/434400356X/ref=pd_sim_b_1/250...


[53]>15 原子爆弾の独自開発は極めて困難 cyclolith

原子爆弾を独自開発するのは困難ではないかと。戦時中の原子爆弾開発は仁科先生達が担っていましたが、早いうちに「開発は非現実的」と諦めて、加速器での基礎研究に転向してしまったようです(2005年理研NEWSより)。

一つの理由は、研究人員と予算の問題です。日本の俊英が居たとはいえ、所詮は一研究室への委託研究。潤沢な資金(当時で19億ドル)、欧州からの亡命科学者と米国全土から集められた優秀な学生(オッペンハイマー、ローレンス、フェルミ、ファインマン、フォン・ノイマンなど理系の学生なら知らぬでは済まされない人ばかりです)を揃えた合衆国の開発には太刀打ちできないかと。

もう一つにはウランが手に入らなかった事です。現在でさえ、稼働中のウラン鉱山は豪州、旧ソ連、カナダ、南ア、合衆国、ブラジルで、帝国領土内にはありません(人形峠が発見されたのは1956年)。当時は推して知るべし。唯一の途はチェコの鉱山を押さえていた第三帝国からの購入ですが、それなら第三帝国が先に開発していたでしょう。従って、独自開発と云うのはちょっとと云う気が。


[54]>53 お詳しいようですね。 FireBird

現在の日本人が、

核爆弾を適切に維持管理していくことは、非常に困難です。

すべてが下請け任せで、ルールも杜撰ということになれば、

自爆してしまうことにもなりかねません。

日本人は、強力なレーザーを照射できる偵察衛星を開発するべきです。

http://www.sankei.co.jp/news/060927/kok001.htm

精密な測量技術を使用して、経緯度と高度を詳細に指定しながら

自由に素早く移動できる偵察衛星です。

敵国からレーザーを照射される前に、

敵対する国家の軍事施設を正確に瞬時に攻撃することができるようになれば、

核爆弾を製造保有する必要性はなくなります。


[55]>54 スターウォーズ計画 fuk00346jp

別に必要ないでしょう。

過去戦略防衛構想:通称スターウォーズ計画(破棄済)でレーザー照射は検討されています。


[56]>54 おまえ厨房だろ?(爆) kodomono-omocha

>>精密な測量技術を使用して、経緯度と高度を詳細に指定しながら自由に素早く移動できる偵察衛星です。

衛星に詳しくない素人でもこんな頓珍漢なことは言わない。

ましてや真っ当な大人が、

>>日本人は、強力なレーザーを照射できる偵察衛星を開発するべきです。

というアホな事は言わない。


まず、「衛星」とはなんなのか調べましょう。

次に、「レーザー」とはなんなのか調べましょう。

更に、「レーザー兵器」とはなんなのか調べましょう。

最後に「厨房」を調べましょう。


[57]>33 おまいら面白すぎる kodomono-omocha

お前ら一体実年齢何歳?

>>無宗教者あるいは無政府主義者あるいは外国人

今時、こんな言葉を使う奴がいたとは骨董品もいいところだ。

>>共産主義の最大の敵は宗教です。(略)・・・レーニン主義学んでみては如何?)

今時、共産主義者かつマルクス・レーニン主義を標榜するなんて馬鹿以前の問題だ。


[58]>54 衛星レーザーは核兵器よりずっと大変です cyclolith

核兵器がダメと言われたら指向性エネルギー兵器(DEW)に鞍替えですか…。一貫性を問うのも野暮な気もするので別に構いませんが。

衛星とDEWを利用した攻撃/防御法は、fuk00346jpさんの仰る通り、83年に発表された戦略防衛構想(SDI)の枠内にあります。その可能性の検討は、米国物理学会内に設置されたDEW検討グループ(CO2レーザーの開発者やレーザー分光の権威、軍の研究機関員などがメンバー)によって行われた(そして計画自体破棄された)たようです。報告の抄訳は『パリティ』88年一月号に掲載されているので、図書館等でを御覧になると良いでしょう。

と、これだけでは不親切っぽいので、抄訳から幾つか抜粋します。まず、グループが検討したのはミサイルの撃墜の可否であり、軍事施設の瞬時破壊では無い事に注意して頂きたいと思います。軍事施設(場合によっては地下深くにあるでしょう)の瞬時破壊に必要なエネルギーは、ミサイル破壊の数千倍にもなり、より困難な目標である事は諒解頂けると思います。


レーザー各論

・化学レーザー:出力エネルギーの面で最も目標に近いHFレーザーでさえ出力レベルの二桁増大が必要。加えて、大気による吸収の為、地上にビームが届かない。大気吸収のないIレーザーの場合は、出力レベルは五桁増大させないとダメ。また、化学レーザーは出力増大を狙った装置の大型化が困難と云う問題がある。

・エキシマレーザー;KFエキシマ及びXeClエキシマレーザーならば大気吸収がない。しかし、出力レベルは四桁ほど足りない。

・自由電子レーザー:波長可変な為、大気吸収の問題は避けられる。但し、(当時は)理論上の可能性でしかない。(現在、自由電子レーザー設備は世界中に存在しますが、どれも数百メートル級の巨大施設で衛星に載せるなんてとてもできません)

・核爆発でポンピングするX線レーザー:実験室レベルでは可能だが、軍事的に使えるレベルかは不明。大気の吸収がある為、地上にビームは届かない。(核爆弾無しでとの事なので、抜粋しても仕方なかったですね)


レーザー兵器全体の問題

・位相合わせ:出力増大にレーザーモジュールの結合を使う事ができるかもしれないが、位相合わせ(位相がずれるとレーザー光同士が打ち消し合って何も出なくなる)の技術は未だ確立されていない。

・鏡:レーザーは、モジュール内でレーザー光を何度も鏡で反射させて取り出す装置。仮に99.99%を反射したとしても、元のエネルギーが厖大な為、熱として鏡に移動するエネルギーで鏡が破損する可能性がある。また、鏡のコーティングが宇宙線によって損なわれる。

・大気:大気による吸収は勿論、大気層境界面に於ける屈折を補正する技術が必要。特に自由電子レーザーではこの装置の組み込みが非常に困難となる。また、どの波長の光を用いても散乱が起きる為、それを補償するだけの余分な出力が必要。

・電源:原子力または化学ロケットエンジンが有望だが、レーザーモジュールが振動に弱い為、電源ユニットとモジュールユニットはかなり離す必要がある。また、化学ロケットエンジンの場合、毎分数トンの燃料が必要となる。

・時間:組み立てや運用開始までに数十年を要する為、その間に敵国が対策を立ててしまう可能性が高い。衛星は装置メンテナンスやアップグレードが困難な為、数十年先を見越した開発が必要となるが、それは事実上不可能である。


[59]>58 くわしく御説明いただき ありがとうございます FireBird

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%A...

戦略防衛構想 (SDI)は、知っていましたが、

数年前に中止されたものと聞いていました。

地上の標的を照射して破壊するには

やはり相当なエネルギーが必要だったのですね。

別な質問の中でも機会があったら、再びいろいろご教示ください。


[60]>57 右も左も ryo6614

極端な奴に共通するのは「人の意見を聞かない」ってこと。


そういやぁ、戦前はちょっと英米的なものが好みだと「売国奴」と罵られ、戦後左翼が華やかりし頃は、戦争の事を語ると「軍国主義者」を言われたり。

ちょっとでも逆らうとレッテル貼りするというのが共通してますね。


[61]案外、社会主義化してたのでは? y-mat2006

「勝利」と言うのが、どのレベルを持って「勝利」と言うのが、定義されていないので、ご希望に沿う回答なのかはわかりません。

戦争遂行のため、国内の資源を国が統制していた状況だったので、社会主義に限りなく近い計画経済と言っても過言ではないでしょう。市場での自由な取引は、闇行為として処罰の対象になっていたワケですから。

なお、「戦前の日本国の礼儀作法、生活習慣」は、すでに戦時下において、そうとう変質していたと言う話も聞きます。

(戦時下においては、銃後から働き盛りの男が減った分を埋めるため、女性の社会進出が進みました)


[62]>35 http://www.ohmynews.co.jp/OhmyColumn.aspx?news_id=000000003092 y-mat2006

>昔のほうが情熱的で率直で刺激的であったような気がしています。

その伝で行くと、さぞや北朝鮮は、情熱的で刺激的と言うことになるのでしょうか?

それよりも、退屈でささやかなことなのかも知れないけど、豊かでそこそこ幸せな日常を過ごすことのほうが、遙かに価値のあることだと思います。


[63]>47 負けてよかったと思います。 pascal7

戦闘シュミレーションをして(日本のシュミレーションはかなり甘い物だったようですが)それでも勝てないと言う結果しかでないのにも関わらず戦争をして負けると言うのは明らかに愚かな行為です。

国家の政策を勇敢とか精神論で行っては行けないと思います。

ロジカルに政策を論じ、実行する必要があると思います。

また、文明をもらった母さん、兄さんの中国、韓国を侵略すると言うのは

人の道をはずれる行為だと思います。

恩を仇で返すのは日本の伝統ではないと考えます。

所で、当時の日本人に戦争責任がないと思われていますか?

私は日本国民に戦争の責任があると思っています。

当時の報道は報道管制がひかれており。正確な報道は行われていませんでしたし。国家にだまされていたと言えると思いますが。だまされていても、罪はあると思います。私が勉強した範囲では当時の国民は戦争を喜んでいたと思います。私の母も戦争に勝てると思っていたそうですし。玉音放送を聞いた時は悔しかったと言っていました。(後で、馬鹿な事をしていたと気づいたとの事です)

母も国家にだまされて戦争が正しいと思っていたし、勝てると思っていたのですが。だまされいても、責任はあると思います。


[64]>49 大儀はないですよ。 pascal7

あれは単純な侵略戦争です。

日本人が本当に「五族協和」の為に戦っていたら

そうでしょう。

しかし、侵略地でレイプをしたりしています。

もし日本人が「五族協和」の為に戦っていたら

理想に泥を塗った犯罪者は日本人の手で処刑すべきではないですか?

日本人の側から戦争犯罪者を裁けと言う話を聞きません。

(聞いた事がありますか?)

あれは単純な侵略戦争です。

大儀はありません。

現地の人の為に働いていたら喜んで迎えられます。

嫌われているは単純な侵略者だからです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ