人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

株価が高い=景気がいい、というような報道が多いですが本当なんでしょうか?
株価は株をやりとりしてる人達だけに影響があって、景気には関係ないと思います。
そもそも株価は安いほうがみんなが買えていいのでは?

当方サラリーマン(公務員ではありません)ですが、株価(自社を含めて)の上下によって困ったことはありません。

●質問者: ManjiPunch
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:サラリーマン 上下 人達 公務員 報道
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● midoring
●16ポイント

http://www.analyst-fp.co.jp/ja/economist/tsukasaki_016.html

>株価と景気にはどのような関係があるのでしょうか?

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

URLより

そもそも平均株価が景気とどの程度関連して動いているのか、やや疑問です

→こういうことをメディアで言ってくれる人っていないですよね。世間は妄信的に株価=景気と信じているように思えます。株価は景気の判断の一基準に過ぎないのに万能の物差しのような言い方はいけないですね。


2 ● ttz
●16ポイント

株高は、将来的に景気が更に良くなっていく(企業の業績拡大に対する)期待感を反映するもので、株安は、その逆を表すものだと思いますが。

http://www.jcer.or.jp/research/discussion/discussion76.pdf

◎質問者からの返答

URLより

伝統的な「景気指標」の分野においては株価と景気の関係についての評価は実は必ずしも定まっていない。

中略

しかしその一方で、冒頭で述べたように社会的には株価はしばしば景気とまさに同一視されている。

こういう側面もメディアで論じられるべきなのに皆無ですよね。なぜ平均株価を報道するだけでその有効性はだれも言及しないのでしょうか・・・。

株高は、将来的に景気が更に良くなっていく(企業の業績拡大に対する)期待感を反映するもので、株安は、その逆を表すものだと思いますが。

>株扱っている人たちの期待感だけで、一般の消費者の期待感は現れないということですね。


3 ● sin3364
●16ポイント

>株価が高い=景気がいい、というような報道が多いですが本当なんでしょうか?

景気循環と株価の関係性は、ある程度認められていると思いますが。

http://plaza.rakuten.co.jp/ismoney/diary/200606080000/

株価が高い=景気が良いではなく、景気が良くなる(と思われる)⇒株価が上がる です。

*URLは参考で上げただけで、探せば論文なり本なりいくらでも見つかると思います。

>こういうことをメディアで言ってくれる人っていないですよね。世間は妄信的に株価=景気と信じているように思えます。株価は景気の判断の一基準に過ぎないのに万能の物差しのような言い方はいけないですね。

たしかにメディアでは、詳しく突っ込んで(検証までして)論じてはいないでしょうね。

おっしゃるお通り、株価は景気の先行指標の一つに過ぎず、万能ではありません。

しかし、おなたが思っているほど、軽視されるものではありません。重要な景気の先行指標の一つです。

>株扱っている人たちの期待感だけで、一般の消費者の期待感は現れないということですね

株を扱っている人たちが多岐にわたること(一般の消費者で株を扱っている人もいます)を軽視しすぎではありませんか?

>当方サラリーマン(公務員ではありません)ですが、株価(自社を含めて)の上下によって困ったことはありません。

株価の影響は、株式会社・金融機関・保険会社・信託銀行等々、多岐にわたってでます。

あなたの気づかないとこで(間接的に)影響はでています。

あなたが預金もしていない、銀行などの金融機関も利用しないなら、話は別ですが。

>株価は株をやりとりしてる人達だけに影響があって、景気には関係ないと思います。

株価の上昇が資産効果として現れることで、それが消費に向かい、景気の拡大へとつながります。今では、株価は株をやりとりしてる人達もかなりの人数(消費者含む)状況なので、景気に関係ないとは言えないですね。

http://www.tse.or.jp/data/exotic/sector/J_stk2_061102.pdf

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

「重要な景気の先行指標の一つです。」ということが結論だと思います。一つの重要な基準ではあるが全てではない、ということがわかれば満足です。

ただ、

株価の影響は、株式会社・金融機関・保険会社・信託銀行等々、多岐にわたってでます。

あなたの気づかないとこで(間接的に)影響はでています。

→具体的な例が知りたかったです・・・

また

「株価の上昇が資産効果として現れる」

と書いていただいたのですが、資産効果ってなんでしょうか?財務諸表上(会社、個人問わず)の有価証券欄の金額があがることでしょうか。


4 ● kn1967
●16ポイント

A社の株価が上がるのはA社の株を買いたいという人が多くなるからですよね。


では、A社の株を買いたいという人が多くなるのはなぜでしょうか?

それは、A社の将来業績に期待してのことですよね。


では、A社と同じ業界のB社やC社の株価もあがっている場合はどうでしょうか?

それは、その業界全体の将来業績に期待している(景気が良くなると思っている)って事ですよね?


では、1つの業種だけではなくて多くの業種で株価が上がっている場合はどうでしょうか?

それは、世間全体として景気が良くなるという期待が大勢を占めているって事ですよね?


まとめますと、株価と景気と表現する場合の「景気」とは世間全体としての方向性を示すものであって、現時点の状態を示すものではなく、よって、即座にサラリーに反映されるというものでもないです。

以上のような説明でいかがでしょうか?

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B7%CA%B5%A4&searc...

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます

×株価が高くなりつつある→景気がいい

○株価が高くなりつつある→景気がよくなるかもしれない

ってことですね。


5 ● sin3364
●16ポイント

→具体的な例が知りたかったです・・・

説明が不十分であったようなので、補足します。

投資部門別 株式売買状況

http://www.tse.or.jp/data/exotic/sector/J_stk2_061102.pdf

をみればわかるように、株式の売買を行なっている主体は多岐にわたります。

それらの主体ごとに株価によって資産効果・逆資産効果が現れます。

銀行の場合、株式や債券の売買でも利益を出していますので、そこで利益がでれば、

預金金利を上げるなど、預金者に還元できるわけです。

事業法人の場合も株価の値上がりによって利益がでれば、それを設備投資や給与にあてることができます。

その他にも、株式会社が新規上場する場合や増資を行なって株式市場から資金調達を行なう場合に、

株価が低迷していると目論見通りに計画が進められないなどの影響がでます。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ