人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

相続について質問です。甲100?、乙10?という一体の土地があったとします。土地甲には家が建っています。土地甲乙および、家の所有者は、A子でしたが死亡し、母親のB子が相続したのですが(相続登記済)、この時、乙10?の相続登記がなされていません。(A子のまま)その後、甲の土地と建物が競売になり、C社が落札しました。土地乙には、競売とは別の抵当権が付いています。尚、現時点で母親のB子も死亡しており、相続人は不存在です。相続財産管理人を選任する以外の方法で、C社がこの土地を取得出来る方法はあるでしょうか?(本来、土地乙はB子が相続したと考えられるため)アドバイスお願い致します。

●質問者: asahi-0072
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:アドバイス 土地 存在 建物 抵当権
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

[1]回答 a0003119

「この土地」がどの土地を指すのか文面からははっきりしないので、場合分けしてみました。

1.土地甲については、競売手続きの完了(代金納入)とともにC社に(抵当権等のついていない)所有権が当然に移転します(誰が所有者だったかは問題にはなりません)。

2.土地乙については、(質問の文面からして)そもそもC社の参加している競売手続きの対象となっていませんので、C社による所有権取得の余地はありません(相続財産管理人の有無を問わず)。

競売手続きで問題となるのは競売の対象物であって、所有者ではありませんので。

http://option-investement.seesaa.net/

http://give-me-money.seesaa.net/

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ