人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「金子みすず」という詩人は、ちょっと以前の「百科事典」、「人名事典」などでは名前が見当たりません。何時ごろから脚光を浴びたのでしょうか、またどういったきっかけででしょうか。このように死後かなりの時間が経過した後に有名になるような例が、外国文学を含めて他にありますか。こうしたことについて教えてください。

●質問者: axwgt
●カテゴリ:学習・教育 書籍・音楽・映画
✍キーワード:みすず 人名 名前 外国文学 百科事典
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● midoring
●20ポイント

http://home.owari.ne.jp/~fukuzawa/misuzu0,.htm

>没後その作品は散逸し、幻の童謡詩人と語り継がれるばかりとなったが、童謡詩人・矢崎節夫の長年の努力により遺稿集が見つかり、出版された。その優しさに貫かれた詩句の数々は、今確実に人々の心に広がり始めている。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。矢崎節夫さんの努力があったということは聞いていますが、それは何時ごろのことか、また何年に出版されたものか、「幻の童謡詩人」と語り継がれていた頃の経緯というものが知りたいところです。


2 ● takarin473
●20ポイント

http://www1.odn.ne.jp/~cci32280/pbEmilyBronte.htm

外国の例をあげれば、ブロンテ姉妹の

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ただブロンテ三姉妹の場合は、道徳的とか、女流作家ということで、名前を変えたりしたという経緯はありますが、生前にすでに出版されていましたので、金子みすずの場合とは異なると思います。


3 ● takarin473
●20ポイント

すみません、回答途中で送信してしまいました。前のは0ポイントでいいです。

続きですが、外国の例ですがブロンテ姉妹の中のエミリーブロンテが書いた「嵐が丘」という小説。当初はほとんど評価されなかったのですが、彼女の死後に名声を浴びるようになったと言われています。日本では20年ほど前にフジテレビ系列のお昼の30分ドラマで「愛の嵐」というタイトルでドラマ化されました。




http://www1.odn.ne.jp/~cci32280/pbEmilyBronte.htm

http://my.internetacademy.jp/~s1204332/love/love.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ただ先の方にも書いたのですが、確かに評価されなかったとはいえ、出版はされていましたし、女流作家というものを社会が認めない、無視するという背景があったもので事情が違います。


4 ● daikanmama
●30ポイント

金子みすずさんの死後五十余年たってよみがえったということですので、1980年頃になってようやく日の目を見たようです。

児童文学者の矢崎節夫氏が金子みすずさんの詩を発掘するきっかけとなった一編の詩について、下記のページに紹介されています。

http://www.zusi.net/meisaku/kaneko/misuzu.htm

若くして逝ったみすゞは、五百十二点の童謡を書き残していた。その多くは大正末から昭和にかけての六年間に書かれたものだった。どうしたことかこれらの童謡は公表されることがなかった。一編の詩に感動した児童文学者の矢崎節夫氏が時間をかけて掘り起こし、死後五十余年たってよみがえった。

◎質問者からの返答

たびたびありがとうございます。確かに昭和32年の与田準一篇「日本童謡集」には金子みすず大正13年の詩一編が取り上げられています。なぜ「童謡集」に入ったのかその経緯もわかりませんが、それからまた30年も経ってというのもよくわかりません。何かこの合間を埋めるようなものがほしいところです。


5 ● nyanyanyaojisan
●40ポイント

業界での再発見から十数年、メジャーになったのは1996年に小学校の国語教科書に掲載されたのが大きいと思います。以後プロアマ問わず演劇でも取り上げられブレーク。社会背景でいえば「バブル崩壊」と「ゆとり教育」が金子みすずという詩人を日のあたるところに押し上げたと言えるのでは。

再発見された大物としては死後1世紀たって評価されたメンデルとか・・・

◎質問者からの返答

ありがとうございます。そうですね、おっしゃるとうり、何か売り出すような背景がないと考えられないと疑問に思っていたものです。その小学校教科書に取り上げられたはいけいというものも知りたいところです。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ