人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

タイムマシンって開発可能ですか?根拠をつけてお答え下さい。

●質問者: takarin473
●カテゴリ:ゲーム ネタ・ジョーク
✍キーワード:タイムマシン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● wens31
●20ポイント

以前呼んだ本には

未来へいくのはさほど難しくない(自分を冷凍状態などにして成長しないようにし、望む年代に自動で解凍できるようにしておく)



過去に行くことは不可能みたいなことが書いてあった気がします。



とか書いていたらもっとくわしいページがあったのでどうぞ

http://www.bea.hi-ho.ne.jp/to-y/timem/timem_main.htm


http://homepage3.nifty.com/da_ab/dabun/science/sci_004.htm


2 ● Fuji-San
●20ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%9...

タイムマシンや時間旅行は、現実の学問としても理論的な実現の可能性が研究されている。その特性的相違から、過去と未来への時間旅行の実現方法や研究はそれぞれが大きく異なる。

未来への時間旅行は現代へ帰還しない、すなわち相対的過去への時間旅行を伴わない片道旅行であるならば、運動している物体の時間の遅れを利用した相対性理論における観測系ごとの相対的時間進行差により理論的には実現が可能とされている。具体的には光速に近い速度で飛行するロケット内部では外部より時間の進みが極めて遅くなるため、内部では1時間の飛行も外部では数年に相当するようなウラシマ効果が発生するが、これを利用することで搭乗者にとっては見かけ上1時間で数年先の未来へ時間旅行が実現するものである。ブラックホール近傍の高重力下でも時間の遅れが発生するが、これを利用する方法でも同様の効果が得られる。これらに対する検証実験でも、微少ではあるが理論値どおりの効果が確認されている。

今でもわずかだと未来へは行けるみたいです。


過去への時間旅行の可能性として、数学者クルト・ゲーデルは1949年に全宇宙がゆっくり回転しているなら、宇宙旅行によって過去への時間旅行を可能とするゲーデル解の見解を発表した。ただし我々の宇宙が回転している証拠は見つかっていない。テューレーン大学の数学者フラン・ティプラーは1974年に、超高密度の筒状の物質を超高速で回転させることで、過去と未来へ移動可能なティプラーの円筒(ティプラ-・マシン)のアイデアを発表した(後にジョン・グリビンという学者が「直径十km、長さ百km、質量太陽と同じの円筒」を2500回転/sで回転させればタイムマシンになると発表した)。ただしこの方式には円筒が作られるより前の過去へは移動出来ないという制限がある。またカリフォルニア工科大学のキップ・ソーンは1988年に、量子の泡から生まれるワームホールを広げる利用する時間旅行の概念を発表した。その他にもプリンストン大学の物理学者リチャード・ゴットによる2本の宇宙ひもを利用する方法、物理学者ヤキル・アハロノフによる巨大風船が及ぼす体積あたりの重力の増減を用いた方法がある。

これらの過去へ遡るアイデアは、基本的には相対性理論上の現象や制限を踏み越えない仮説の上に成立しているが、スティーブン・ホーキング博士は因果関係に基づく時間順序保護説や、過去へ繋がる閉時曲線が構成されそうになった場合は重力場の量子効果が大きくなり、過去への経路ができるのを阻害するとの仮説を取り、「そもそも未来からの時間旅行者がいないのがタイムマシンが存在できない証拠」として、過去への時間旅行を否定する立場を取っている。ただし、タイムマシンが将来的に完成するかどうかに関しては「私は誰とも賭けをしないだろう」と、その可否に可能性を残す発言をしている。

過去への時間旅行については実現に対する可能性の是非以外にも、ワームホールや宇宙ひもなどを利用した場合にも、その作動原理からタイムマシン建造以前の過去へ遡れるかという機能的制約面についての議論も続いている。

過去に戻ったり行ったりできるかは議論中だそうです。


3 ● arhbwastrh
●20ポイント

理論上、未来に行くことのみできるタイムマシンなら開発可能です。

根拠は相対性理論において光速に限りなく近い速度で移動する物体は時間の流れが遅くなるとなっているからです。

例えば、スペースシャトルに乗って光速に限りなく近い速度で移動した場合、1年経過してもスペースシャトル内ではほんの少ししか時間が経過していない状態になるのです。ウラシマ効果ってやつですね。

ま、どうやって光速に限りなく近い速度で移動するんだ?って突っ込みが入りそうですがww

ブラックホールに吸い込まれるとき実現できるとか何とか言ってますけど、吸い込まれて何処にでるんだよ?って話ですよね。ホワイトホールから出るとかなんとか言われてますけど、ホワイトホールは一切物質を吸い込まず、吐き出すのみとされてますから、もし仮にホワイトホールが存在するなら、そこは私たちの知っている宇宙ではなく別の宇宙である気がします。

もし私たちの知っている宇宙にホワイトホールがあったとするならば、それは宇宙ができた当初からあったことになるわけで・・・ま、仮に宇宙の中心にそのホワイトホールがあるとすれば、全てのブラックホールはそこのホワイトホールにつながっているとでもいいたいのか?とも・・・

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%9...


4 ● ilkjk
●20ポイント

光の速度を越えて物体は移動できないという時点で過去へのタイムトラベルは不可能だと言われています

しかし『全く』不可能であるとも言えなそうです


まずは有名なワームホールです

この穴を抜けると空間的に離れている場所でも すぐに着くという宇宙の近道のようなものです

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%9...

しかしwikipediaにもかかれているように ワームホールを維持するために負のエネルギーというものが大量に必要なこと

またワームホールを通れるだけ耐久力のあるマシンを作れるのかというのも問題です


次は宇宙ひもです

これは論理的には存在されているという

凄く細く べらぼうに長いひも状のエネルギーの塊のようなものです

(詳しい説明は省きます)

宇宙の中でも特殊な時空になっていると言われているこのひもを利用することで

タイムトラベルは可能だという研究者もいますが

そもそも宇宙ひも自体が発見されていないです(ワームホールもですが)


また時空を歪めて(前方の時空を縮めて後方の時空を引き伸ばす)ことで

光速以上の移動が可能になるという研究者もいます

これを利用すればタイムトラベルも可能でしょうが

同じように膨大なエネルギーが必要です



という具合に一度相対性理論によって理論的には否定された過去へのタイムトラベルですが

最近では色々な可能性が世界中の科学者によって指摘されています

(現在の宇宙とはかけ離れていますが 相対性理論の中でも過去へのタイムトラベルが可能な解はありました)

しかし確実なのは現代の我々の技術レベルでは到底不可能なことである ということです


5 ● きゃづみぃ
●20ポイント

http://www.akc-smilefit.com/occult/yochi/

予知夢というのがあります。

夢の中で 未来を見たりするものです。

これを人工的にできるようにすれば、タイムマシンとなるでしょう。

つまり、心だけ タイムスリップするのです。

心だけなので、見えません。

未来から、タイムスリップしてきた人たちが あなたのそばにいても 見えないから わからないのです。

ただ、心の叫びは、心に響くものです。

何か 頭の上のほうで 背後で、呼びかける声がするときが ありませんか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ