人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アーサーミラーの小説「橋からの眺め」とは、どんな話しの内容なのでしょうか(入国管理などの話しなどがあるそうなのですが)。

●質問者: tasa11
●カテゴリ:生活 書籍・音楽・映画
✍キーワード:ミラー 小説 管理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● sadajo
●35ポイント

http://www.gekidanmingei.co.jp/hashikara.html

ニューヨーク、ブルックリン橋のかかるあたりは有名な貧民街です。イタリア系アメリカ人の荷揚人足エディは、妻のビアトリスと17歳になる最愛の姪キャサリンとの3人暮らし。エディは幼くして孤児となったキャサリンをひきとり、ひたすら姪の幸せを願って育ててきました。そこへある日、妻のいとこ兄弟がシシリーから密入国、転がりこんできたのです。実直な兄マルコと金髪で歌のうまい優男の弟ロドルフォ。キャサリンはたちまちロドルフォにひかれ、とりこになってしまいます。さあ、おさまらないのはエディです。エディに残された最後の手段は・・・・・?


2 ● KairuaAruika
●35ポイント

http://www.page.sannet.ne.jp/kitanom/theatre/hasik.html

http://www.aac.pref.aichi.jp/aac/aac29/aac29-5-3.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ