人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【交通事故の外傷についての質問です】
交通事故に遭いその後遺症で腰椎の3番目が痛く、外科と鍼灸に通院しています。
そこで、外科の医師から交通外傷によってすべり症は発生しないと言われています。
本当に交通事故ですべり症は発生しないのでしょうか?
発生する・しないの詳細が書かれてあるホームページを教えて下さい。
(コピー&ペーストのみの投稿者は投稿しないで下さい。)

●質問者: WARABICHAN
●カテゴリ:医療・健康 人生相談
✍キーワード:コピー ペースト ホームページ 交通 交通事故
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●60ポイント ベストアンサー

http://www.jiko110.com/contents/gaisyou/keiyoubunennza/index.php...

結論から申し上げると、交通事故によって腰椎が分離状となる障害が起こることはありますが、それを「すべり症」とは呼ばない、ということです。

いわゆる「すべり症」のほとんどは、若齢時よりの繰り返しの負荷による疲労骨折や体質的な要素に起因するもので、これによって椎弓部分で腰椎が分離してしまうものを一般に「すべり症」と呼んでいます。

同様の症状が交通事故のような急激な衝撃により生じたとすると、これは「徐々にすべった」のではなく「急激にずれた、あるいは折れた」ということになりますから、これはたとえば「腰椎脱臼」であるとか、「腰椎両側関節突起間部骨折」といった診断名になってくる、ということですね。

◎質問者からの返答

ご親切にありがとうございます。

すべり症とは呼ばないのですね…

色々、病院ともめていて大変なので、とても助かりました。

ありがとうございました。(^o^)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ