人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

安倍氏は、
福田氏が官房長官時代に
確認されたはずの

他国の戦争に介入しない
戦争【中立】姿勢保持

を踏みにじって、

日本の軍備に

日本にではなく、
アメリカへ向けられて打たれた
ミサイルを

打ち落とすための

迎撃ミサイル配備を

指示したそうですが、、

これは、
憲法違反ではないのでしょうか?

国民はそれに許可した覚えがないのですが、、??

●質問者: takokuro
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:アメリカ ミサイル 国民 姿勢 安倍
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

[1]まだ設置を指示した段階ではありませんが TomCat

昨日の記者団の質問に「集団的自衛権の行使が制限されている憲法解釈において、MDとの関係についても研究してみる必要はあるかもしれないと申し上げた」と答えたという段階ですが・・・・。

ここで安倍さんの「改憲論」の根拠が「60年経って時代に合わなくなってきた」という理由であることを考慮しなくてはなりません。

これはとりもなおさず「解釈改憲でねじ曲げ続けて政府の言い分が条文と乖離しすぎてきた」という事実認識の露呈ですから、その認識がある以上、現憲法下でのこれ以上の解釈改憲は政府責任で避けていかねばならない、それが行政の長に課せられた憲法尊重義務であると考えてもらわないと困ります。

したがって、昨日のMDに関する安倍発言はあくまで衆議院議員たる安倍晋三の発言であって、内閣総理大臣としての発言ではないと受け止めていくことが大切でしょう。

もしこれが総理大臣としての発言なら、現政権は憲法尊重義務を無視した不法政権であると断定せざるを得なくなります。そうなったら我々国民は、良心的不服従運動でもおっぱじめないといけなくなってきます。


[2]そこなんですが。。。 aoun

やはり自衛隊違憲論でもそうなのでしょうけれども、”三権分立”においては、行政府、立法府、司法府というものがあり、飽くまでも本来であるならばですが、この三者は対立し、互いを牽制しなければならないシステムです。。。これによって初めて独裁、独断専行、国民の監視不在を防衛出来るという想定のシステムです。ここにおいては逆に、そもそも対立が基本な訳ですから、介入出来ないカテゴリにおいては、三者が互いに互いの判断に対して、不当に介入しない、ということがあります。特に司法が行政に対してのそれとして”高度な政治判断なので不介入”ということがあります。つまり、日頃行政のやる事に対して裁判所が”違憲”と判断すると、殆ど全て行政のシステムは全面的にヒックリ返っている訳です。つまり、行政として施行しても、訴えれれば負けるのであればですね、全ては馬鹿らしいからなのですが。。。ただ、ここにおいての全体のセキュリティホールとして、”高度な政治判断”という部分がある訳ですか。


政治家は、この辺のダイナミズムについては、自分の保身のため、自分の野望や出世欲の実現の為よく知っています。。。ですので、何が”高度な政治判断”として、裁判所の違憲判断も受けずにごり押し出来るのか?等についてはですが、例え年金財源を盗むが如く使い果たしたとしても、そういう民主主義のセキュリティホールがどこにあり、どこでゴリ押しすれば、自らの出世・権力欲と、自らの甘い判断をこの日本において自己実現し、自らだけを満足させることが出来るのか?、について、遠くにある腐った肉の匂いを嗅ぎ当てる野良犬の如く、よく知っている訳ですね。。。

(このセキュリティホールについては、選挙で負けさせる以外に防衛の方法は無いのではないかと。。。)


安倍は日本に不要だと思いますね。


[3]私は憲法法違反と思いますが? a1451

憲法違反と言った所で何にも変わりません。一層の事配備してやる代わりに、アメリカに対して提案するのはどうでしょうか。

裁判をしても、最後は、“統治行為論”注?でかたずけられてお終いです。ギブ&テイクで行くしかありません。


注?統治行為論http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E6%B2%BB%E8%A1%8C%E7%82%B...


[4]>3 国民を守るためでなく、アメリカ国土攻撃を未然に防ぐ任務は、傭兵では? takokuro

軍備には予算が必要になります・・・

それも結局は日本が自国防衛費として自腹を切らなければならない・・

アメリカとスクラムを組むと、

国が荒れる、のを思います・・

ノーベル平和賞なら、本来、アフガンの中村哲さんこそふさわしいと思えますのに、

ノーベル賞の選定者らもだんだん、ユダヤ資本家に影響されてるのでしょうか?

バングラディッシュのグラミン銀行も、

本当の農地を持たない農民は見捨てられ、

借り手の殆どの実態は、

貯蓄にまわしてるという調査も納得いきます。。

融資目的を生産限定にしているが・・・

実体は、その目的に使われていない可能性が高い?実態調査する余地がある。

もし、実態が

? [貯蓄の前借]であり、

? [下層農民がある程度余剰資金をもっている]

ならば・・・

グラミン型は

従来からある「農村貯蓄組合」と同じ機能を果たしてるに過ぎない。


ならば、受賞資格は、グラミン銀行ではなく、

『外部資金』に依存せず、正しく!金融仲介機能を果たしている

「ダカのスラムでのSafeSave」が優先するはずではないか・・・

つまり、、

一種間で20%の利息返済できる

バングラディッシュの貯蓄余力のある中上農民に貸付け

資本主義経済未発達の地域に、

『利息』経済を植えつけることで、格差と資本主義を育て上げていく。。

これがアメリカで経済を勉強したムハマド・ユヌス氏のグラミン銀行

実態と宣伝で営業拡大していく・・・本来政府が認めていないけれど、

アメリカの権限で営業できる銀行本社は大きなビルです。

小銭を貸すことで、物価の割りに余程の利息を取らないと、

儲からないでしょう・・?

どこで、彼女たちはこの高利息返済を可能にしてるのか?

農地を貸し、

井戸使用料で

下層農民から搾取してるのではないでしょうか?

テレビではざる作りといってましたが、

ざるがそれほど受容うがあるとは思えません。。

みんなが真似するでしょう。。

供給が増え、値崩れするはずです。。


[5]>2 安倍氏は単に小泉氏と同じ傀儡に思います。。 takokuro

現政権での実際のブレイン?方針考案執行者は、

IBM公明党佐藤氏に思えます。。

安倍氏が頼りにしてる、中川氏でさえ、

彼の考えを忠実に執行していってるだけのように思えます。。

民主党の長島昭久氏も同様、

民主党のストッパーとして

今、自分の立場の利害で、

国政に携わることに何のおくめも感じない政治家が万延してきてますが、

政治家だけでなく、評論家、大学教授でも、

国民益より、自己利益で買収され、華々しく世論で活躍する人々・・

アメリカ留学し、人脈が出来、ニュースソースをもらい、彼らの立場に都合のいい

報道で世論を動かす・・

アメリカ政府には軍部とCIAがあり、

ロックフェラーウォール街がCFRのメンバーにも混じり、『ボヘミアン・地球スラブ』7月キャンプのVIPメンバーと重なり、

CIAはこれらのサークルで世界のVIPを招待して、親交とともに世界政策の方針を決めていく・・または決まったことを伝える・・・

アイゼンハワーは朝鮮戦争に向かうことを、、そこで宣言し、

マンハッタン/プロジェクトが発足され、主催はGEだった・・

ペルシャ湾情勢の警告を予告したのも、水爆父・エドワード・テラー

911の前の2か月前の参加者のメンバーの主賓はベクテル一族・・・

自民党はすでに郵政選挙で、

公明党になってる・・

離党した政治家が本来の自民党本流であり、

議席をTOBされたようなもので、

看板だけが自民党に過ぎない。。

自民党が、属国に走ってどうする。。

今軍事強化するのは、

アメリカが米軍の配下にある

日本最前線部隊として位置づけるためだけで、

世界で搾取殺人画策し、憎まれてるアメリカの多くの敵と戦わなくてならないなんて真っ平ごめんです


[6]>1 平沼氏が首相に相応しいのかも知れない・・ 自分で考え、判断し、揺るがない・・・ takokuro

企業をTOBされたら、

丸ごとだけれど、、

党なんて看板、器と考えれば、

米国“至上”主義経済に汚された器なぞ、

捨て置けばいい・・

平沼氏が結党すれば、

亡霊に取り付かれた自民からも、真の自民党員が集まって、

真の独立国日本の国益視点での政治運営を

すべきではないか?

細かいことで拘ってる時期ではない、、

アメリカのベクトル社という完全にTOBされないホワイトハウス直営?の多国籍企業?

TOBされても仕方ない、と竹中経済が日本企業を素っ裸にし、

金融経済がアメリカの思い一つでどうにでもなる大手金融再編をしつつ、

資本、経営に導き入れ、

この語、アメリカ国民のように、

社会保障にしていた国営性の強いエンロンに汚職を受けていたから、

それをごまかすのに、911を仕立て上げ、

国民は、ドサクサに紛れ、

国家に責任追及も出来ない政治機構にされて、

泣き寝入りするしかない。。

こんなアメリカ社会のどこがいいのでしょうか?

戦争産業のおこぼれで潤ってるエスタブリッシュメント以外にあるでしょうか?

世界でもっとも!日本文化と相反する土足文化が選りによって、日本を属国支配するなぞ、、

私は死んでもアメリカの本土のために戦いません。

アメリカの敵はわが近隣諸国の友でもあるからです。

拉致だって、核防備だって、

アメリカがその国をターゲットのしたミサイル配備をして公表してはばからない、

つまり、宣戦布告するからです。

卑劣な世界侵略さえしなければ、

だれもお金もかかるし手間もかかるのに、

拉致したり、核にお金を掛ける必要はないのです。

処分も大変ですし・・・

地球上の矛盾の根源はアメリカが作ってる・・・

これこそ、悪の枢軸本家本元ではないでしょうか??

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ