人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

サントリーが開発した青いバラ、ブルーヘブン・・・去年も今年も購入したのですが、つぼみが変色して落ちてしまって咲いてくれません。何かコツがあったら、おしえてください。バラ専用の肥料をあげたり、昼間は日光にあたるようにしたり、夜間は寒さ対策で室内に入れたり(去年、寒さ対策で失敗したので^^;)しているのですが・・・

●質問者: きめ
●カテゴリ:趣味・スポーツ 生活
✍キーワード:つぼみ サントリー ブルー 日光 肥料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● くまっぷす
●27ポイント

http://www.nhk.or.jp/engei/qa/pickup/060609.html

URLはややダミーです(一応原因はいくつか書いてあるけど)。

まず「室内に入れる」ということから鉢植えだと推察します。細かいことが書いてないので外していたらすみません。

実はベランダなどはかなりバラには厳しい環境です。特に夏場は気温が上がりすぎ、西日などが当たるような場所だとかなりのダメージになります。また鉢なのでベランダの床面が焼けると根にも大きなダメージがあります。鉢を二重にする(さらに間に石などをはさんで外の鉢から浮かせる)、すのこなどを下に敷く、寒冷紗などを使って日光を遮るなどの工夫がいります。

http://www.kuraray.co.jp/cremona-kanreisha/kanrei/index.html

また、一般に植物は環境変化に弱いので室内に入れたり外に出したりがかえって害になる可能性もあります。よほどの寒冷地でない限り例えば東京あたりでは雪に埋もれても枯れたりはしないですが…。

新苗とはその年のはじめに接ぎ木されたか前年の夏ごろに芽接ぎされた若い苗で、大苗(数年間育った苗)に比べて弱いです。ブルーヘブンの場合まだ新しい品種なので大苗は手に入らないかもしれませんが、できればすでに咲いてるものを植え替えるほうが当然確実です。

バラは意外に強く根を張ります。あまり小さい鉢だと根づまりを起こして弱ります。大苗の場合、余裕を見て8〜9号鉢(直径24〜27cm)程度の大きさは必要だと思います。バラ専用の土を使うのが簡単です。

http://www15.ocn.ne.jp/~selene/sick.html

バラゾウムシにやられてたりする可能性もありますね。やはり最低限の薬剤散布は必要です。

つぼみが落ちるだけで他に障害は出ていませんか?葉っぱが落ちるとか黒星病が出ているとか全体に樹勢が弱いとか…。

◎質問者からの返答

環境変化に弱いので、室内に入れたり外に出したりはかえってよくないんですね。寒さに弱いみたいで、去年は枯らせてしまったので、今年はガラス越しで育ててみます。

根が詰まっている状態です。今、植え替えの時期じゃないかもしれませんが、大きな鉢に植え替えます。バラ専用の土がいいんですね。

ネットで調べたら、一年目はつぼみが出ても、切り落としたほうがいいとのことです。でも、自然に落ちちゃったので、どうなのかな?葉っぱに関しては何も問題はありません。

色々とありがとうございました。


2 ● sadajo
●27ポイント

http://www.yamaen.co.jp/plantsguide/pb-info-sim.asp?kensakumoji=...

ブルーヘブンの育て方

◎質問者からの返答

残念ながら、これは青いバラではないようです。


3 ● くまっぷす
●26ポイント

うーん、寒さに弱いんですかねえ?>遺伝子操作したから?だとしたらちょっとわからないのですが…。

http://yasashi.info/stepbbs/step.cgi?mode=view&no=28172

http://cgi4.synapse.ne.jp/~fseguchi/support-new/c-board/log/tree...

ここにもありますけどバラなども室内で育てるのはかなり難しいと思います。

http://botany.cool.ne.jp/log/200601/06010058.html

北海道あたりだとこういう苦労も耐えないようですが…

http://botany.cool.ne.jp/logb/200512/05120016.html

信州でも…

http://www17.ocn.ne.jp/~rgfb0503/page11.html

東京あたりだとマルチング+軒下で霜や(たまに降る)雪を避けるぐらいで、つまり土が凍らない程度の対策で十分ではないでしょうか?

前の回答にも書いたのですがたぶん新苗でまだまだ弱いので数年間じっくり育てるつもりでないといけないもしれませんね。1年目はつぼみをとる、というのも花を咲かせるのに必要なエネルギーを幹の成長に回すというような意味合いがあります。

植え替えは葉っぱがほぼ落ちてからやってください。バラは冬の休眠時にいじるのが基本です。寒くなってきてバラももうすでに活動が終わりかけているのであわてなくてもよいと思います。

http://botany.cool.ne.jp/logb/200511/05110001.html

まず剪定を行って地上部を半分以下程度に切り詰め、鉢から抜いて古い土を落とし、その際根も適当にカットしてから植え替えます。根の病気のチェックもそこで行います。その間、水につけるなどして乾燥させないこと。

このあたりの手順はちょっとWebサイトではいいのがなかったのですが、

マダム高木のすてきにバラ作り―256種 (主婦の友ベストBOOKS)

マダム高木のすてきにバラ作り―256種 (主婦の友ベストBOOKS)

  • 作者: 高木 絢子
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • メディア: 単行本

はじめてのバラづくり―栽培の手順がよくわかる186種

はじめてのバラづくり―栽培の手順がよくわかる186種

  • 作者: 日本ばら会
  • 出版社/メーカー: 成美堂出版
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

などの本を買うことを強くお勧めします。

◎質問者からの返答

ご親切にどうもありがとうございます。

たぶん、去年のことを考えると、遺伝子操作をしたからかどうかわかりませんが、耐寒性はないようです。普通のバラは平気なのですが・・・確か、YAHOOのガーデニングのチャットで「ブルーヘブンは寒さに弱いから枯れたんだと思う」と教えてくれた人がいて、なるほど・・・と思ったのですが・・・

植え替えは葉っぱがほぼ落ちてからしたほうがいいのですね。わかりました。どうもありがとうございましたm(__)m

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ