人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Webアプリケーションのプレゼンテーション層をVelocityまたはJSPで実装する際の、両者を比較しての、メリット/デメリットを教えてください(あるいは解説されているサイト)。Velocityは文法がカンタンな印象があるのですが、結局JSPより書きづらいよ、というようなことになったりしないでしょうか?

●質問者: medeski_001
●カテゴリ:コンピュータ ウェブ制作
✍キーワード:JSP Velocity Web アプリケーション カンタン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● coetan
●60ポイント

↓とっくに読んでるものだったらごめんなさい…

http://www.jajakarta.org/velocity/velocity-1.2/docs-ja/ymtd/ymtd...

http://doikun.cocolog-nifty.com/dowilog/2004/09/velocity_freema_...

↓こちらは2004年に書かれたもののようですが

「VelocityはJSPに替わるものとして取り上げられることもあります。でも、JSTLとEL(式言語)を使えば、そんなに差はないと思います」

「特別な事情がない限りJSPの替わりにVelocityを使うメリットはないと思います」

と見解されてます。

http://www.fk.urban.ne.jp/home/kishida/kouza/velocity.html

◎質問者からの返答

「特別な事情」といえば、Velocityのテンプレートにダミーデータを入れてHTMLを生成し、簡単にレイアウトを確認できるようにしたい思っています。JSPだと要デプロイですよね。

ひとつめのリンクの逆の視点(Velocityはここがだめだ!)みたいなの無いですかね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ