人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

簡易裁判の判決にて
「棄却する。訴訟費用は全額原告の負担とする」
という判決が出て、原告が上級審へ上告せずに確定した場合に
裁判に掛かった費用は全て請求できるのでしょうか?
もしくはなにかガイドラインのようなものがあって
それにしたがって算出していくのでしょうか?
用意した資料の費用やコピー代や切手代や裁判所までの交通費や仕事を休んでいった場合の手当てなど
どこまで出て、どのように算出されるのでしょうか?
どなたかアドバイスいただければと思います。

●質問者: quocard
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:アドバイス ガイドライン コピー 上級審 交通費
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ransamu
●60ポイント

基本的には法律等で定められている基準による額の請求になります。

以下のサイトに詳しく説明されています。

http://kazuogu.cocolog-nifty.com/samenaiuchini/2005/08/post_4393...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

大変参考になりました。

これを元に算出してこうと思います。


2 ● yusuke6468
●10ポイント

はてなでは、自分が知りたいことや疑問に思うことを人力検索を使って調べることができます。ぜひ活用しましょう

http://www.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

調べても思うように出なかったので質問してみました

アドバイスありがとうございます


3 ● yusuke6468
●10ポイント

はてなでは、自分が知りたいことや疑問に思うことを人力検索を使って調べることができます。ぜひ活用しましょう

http://www.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

2度記載しているようですが・・・

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ