人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

気のせいかもしれませんが
「俳人」とかすごく長生きだと思いませんか
画家とか書家とかも
これって何かヒントがあるような気がするのですがどうでしょうか
ポイントは基本的には均等です
いいな と思ったものには上乗せします

●質問者: aoi_ringo
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:どうでしょう ポイント 俳人 書家 画家
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● hanatomi
●30ポイント ベストアンサー

http://www.osoushiki-plaza.com/institut/dw/199702.html

ここに色々かいてありましたよ?。

◎質問者からの返答

ありがとうございました

いくつかヒントになりました


2 ● jyouseki
●10ポイント

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091160033169.html

>「画家は長命、作家は短命」を解く

◎質問者からの返答

こんなにも違うとは

たしかに画家はすごいですね

ありがとうございました


3 ● booboo_002
●10ポイント

そうとも言えません。

私の敬愛する有元利夫さんは、たったの40歳でした。

松本俊介とか青木繁も、時代の背景はありますが短命でした。

要するに長命で、より多くの作品を残す作家が有名になっているともいえるのです。

◎質問者からの返答

要はその人の生き方でしょうか

国語便覧などみると総じて長命なので

そんな印象がありました

ありがとうございました


4 ● 狂人日記
●20ポイント

拙者の考えでは、俳人に限らず、

人間は頭を使わなくなったときから死に向かうんだ、と思っています。

一般に、俳人・画家・書家のような、芸術分野の方は、右脳をフルに使っていて、さらに一般生活でもコトバを使うことによって左脳を使っているので、結果脳全体をフルに使っていることになります。

それに対して、いわゆる作家では、働くのは左脳だけなんですよね。

右脳を鍛えることを心がけないと、早死にしちゃうかも知れません。

参考文献:

国家の品格 (新潮新書)

国家の品格 (新潮新書)

  • 作者: 藤原 正彦
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 新書

◎質問者からの返答

右脳ですか

興味持ちました

近々質問してみようかな

ありがとうございました


5 ● TomCat
●20ポイント

書家というと、独立書人団の創始者、手島右卿氏。酒と煙草をこよなく愛し、煙突のように煙を吐きつつ浴びるように酒を飲み、自由奔放に生きた人です。

それだけに若い頃の不摂生がたたって、けっこうお体はボロボロだったご様子なのですが、85歳まで長生きなさいました。明治生まれの85歳ですから、十分ご長命と言えると思います。

おそらくそれは、右卿氏独特の信仰心。自然を愛し、その恵みに感謝するというより全身で喜びを表していくような、しきたりや戒律にとらわれない、実に自由な信仰心が支えてきたんだろうと思うんですよね。

よく信仰は感謝の心だなどと言いますが、伝記などを読む限り、右卿氏の信仰の表し方は、そんなものを通り越した「歓喜」だったように思われるんです。理性で感謝するんじゃない、本能で歓喜する、といった感じでしょうか。

医学的に言えば、歓喜のエクスタシーがβ-エンドルフィンの分泌を促し、T細胞増殖とIL-2.産生を促進した。右卿氏の肉体は日々それによってフレッシュに保たれていた。それが若い頃の無茶苦茶など帳消しにしていたと。そういうことなのかもしれません。

落語家の立川談志師匠なんかも、ガンだガンだ、もうすぐ死ぬ死ぬとご自分でおっしゃりながら、いまだにお元気そのものですよね。師匠も本当に自由奔放な方で、ある意味、右卿氏に通じる所がある感じがします。

◎質問者からの返答

医学的なお話しありがとうございました

「歓喜」ですね

とてもいいヒントです

ありがとうございました


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ