人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

移動中の大型トレーラーの荷台部分等に、セスナ機等の小型機が着陸する事は出来るのでしょうか。
例えば、時速100km同士等の、相対速度0の状態で接触すると、どうなるのでしょうか。

●質問者: speedmaster999
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:セスナ トレーラー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● l-lol-l
●19ポイント

セスナの直陸の進入速度は60ノット、130kほどのようです。この状態で荷台に乗ると、着陸したように見えます。しかしここからが問題で、通常の着陸の場合ですと、車輪のブレーキをかけ、速度のエネルギーを熱に変えて速度を落とすのですが、荷台に乗っているだけであれば、ブレーキをかけても意味がありません。

空気抵抗だけを頼りにセスナの速度を落とし、それに合わせてトレーラーの速度を落とせば、徐々にですが着陸しているように見えるでしょう。

ただやはり、最後の静止するところは、セスナにはとまる手段がないので、ちょっと困ると思います。

方法としては、荷台に着陸するやいなや、車輪とトレーラーを固定すれば、トレーラーを減速すれば無事とまることができるでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%83%8A


2 ● dalian3
●19ポイント

理論的には可能です。

相対速度ゼロなら、立ち止まってくっつくのと同じことです。

アメリカでは「プロペラ機がトラックの荷台に不時着」のニュースが報じられています。

http://abcdane.net/archives/000950.html


3 ● retorin
●18ポイント

理論的には可能だと思います。

相対速度が0であるならそのまま降下していけば着陸する事が可能です。しかし着陸後に機体を固定せずにエンジンを切るとモロに風を受けて吹き飛ばされてしまいます。

相対速度が違っている場合は、条件を以下のように設定したとき

使用機体:T-1練習機

http://www.weblio.jp/content/T-1_%28%E7%B7%B4%E7%BF%92%E6%A9%9F%...

気象:無風晴れ

着陸距離:10m

この場合はフックランディング行い、計算した結果、相対速度が時速18m以内なら着陸可能です。このときトレーラーの速度はT-1練習機の失速速度の1.3倍-相対速度(139×1.3-18)で時速162m以上で走行しなくてはいけません。

この式は飛行機の機種によって計算式は違ってくるのですべてに当てはまるわけではありません。もしかすると計算式自体間違っているかもしれないのであしからず。

◎質問者からの返答

御回答ありがとうございました。御回答を受けて、新たな疑問が浮かんだのですが、トレーラーの上ではなく、例えば大型トラックの荷台部分に、後ろから相対速度時速1km程度でゆっくりと接近して中に入った場合、そのまま着陸できるものなのでしょうか・・・?

※想定しているトラックというのは、↓こういうタイプのものです。

http://image.blog.livedoor.jp/nakadima548/imgs/8/1/81d651e7.jpg


4 ● MEI-ZA-YU
●18ポイント

可能でしょう

以前そのようなモノのスタントを見た記憶があります。


他『160キロで走行中の車に飛行機着陸』というニュースもあります。

ここのブログの中ほど参照

http://www.kotaro269.com/archives/2005-07.html?p=5


5 ● ichthyostega
●18ポイント

相対速度がゼロであれば、トレーラーサイドから見ると、ちょうどヘリコプターの着地のように、垂直に降りてくる感じになるのでしょうね。

しっかりと荷台に載ってから、ゆっくりとトレーラーが減速していけば、止められると思いますが、結局は滑走路と同じ程度の距離が必要になるのではないでしょうか。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ