人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

★これまでの世界大戦前からのアメリカCIAパターンでは・・・

共和党だから侵略的で、戦争好き、、

反対に、民主党だから平和主義であるとは

いえず、

Aアメリカが軍事産業で成り立っている国家であり、

Bそこから莫大な利益を得る
CFRメンバーのロックフェラーやウォール街人脈が

C政権を財界力の圧力で牛耳る限り、

共和党ラムズフェルド米軍部が後退しても、

結局は、CINの財力と人脈ネットワークの画策で、

Dアメリカの侵略戦争の正当化をするように思えます。。


結局、軍部に代わり、CIAが中東問題にあたって、

シティをTOBすると、ブレアに圧力を欠け、

EU、ロシアにも画策してるのでは。。??

何か最新情報のサイトをお教えください

●質問者: takokuro
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:アメリカ ウォール街 サイト ネットワーク パターン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

[1]軍事産業のことだけですが k_gori

私も軍事産業は儲かると思っておりました。

http://kuyou.exblog.jp/4728124


[2]だいぶ電波はいってますね。 retorin

>>アメリカが軍事産業で成り立っている国家であり、そこから莫大な利益を得る

専門的な軍事産業はごくわずかしかない、他の方も指摘していますが軍事産業で儲かったためしはありません。朝鮮戦争時の日本の高度経済成長も兵器の生産ではなく食糧や雑貨などの生産によってもたらされたものです。

>>民主党だから平和主義であるとはいえず、

あたりまえの事です。民主党でも国民が戦争を望めば戦争になります。

>>アメリカの侵略戦争の正当化をするように思えます。

これもあたりまえの事です。自分から過ちを認めて自国を滅ぼすような馬鹿はいません。


[3]>2 ベクトル社という個人企業とホワイト・ハウス・・ takokuro

ホワイトハウスのメンバーが夫々が民間企業や

国家情報と連絡を取り合って

談合?情報を真っ先に入手し

利権を自分たちで独占する・・・・

戦争産業が儲かるのは、、

破壊するときの武器兵器だけではありません。

戦後復興も○兆円の契約を取るわけです・・

10年余りで10兆円利益を出した『ベクトル』・・・

80人あまりで全株身内と、一部ホワイトハウス閣僚が役員として分かち持つ。

株式も資産も非公開、、、

融資も受けない・・・

この会社が、次々TOBしていくと・・・

どうなるでしょうか??


[4]>1 戦争で荒廃した後の復興も入れると、 コンサルタント会社や商社がボロ儲けだそうです・・ takokuro

ここにアメリカのホワイトハウスの連中は目を着けてるのですね。。

政治家になったからには、利益を得ないと・・

人からもらうのはだめとしても、

経営することはゆるされてるのでしょうか?

職務上知ることになった情報で大儲けは罰せられないのでしょうかね??

ベクトル社を調べると、アメリカの政財界一体ぶりが良くわかりますよ。


[5]>3 利益ねぇー retorin

戦後復興に本気で投資をする馬鹿はいません。ゼロからのスタートに近い状態から初めて利益が出るようになるまでにどれだけの時間と費用がかかる事やら、大概、戦後復興を行うのは国際アピールのためです(日本とかね)。

戦争で利益が出るとしたら相手国の産業が崩壊してライバルが減る事ぐらいですかね。

企業はホワイトハウスと繋がっているというよりは大統領と繋がっているといったほうがいいですね(今のブッシュさんとか)。選挙をするには多額の費用がかかりますから

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ