人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

順調に作動していたパソコンやプリンタが「ここ一番」という時に壊れてしまう経験は誰でもあると思います。でも、実際はいつも期待していた通りの動作をしていたパソコン等がたまたま壊れてしまったので、たいした仕事でもないのに重要な仕事の時に壊れたと思いこむことを心理学的にはどう説明出来るのでしょうか?また、何という現象なのでしょうか?教えてください。


●質問者: atouhirohiko
●カテゴリ:科学・統計資料 家電・AV機器
✍キーワード:たまたま パソコン プリンタ 心理学 経験
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● nyanyanyaojisan
●40ポイント

正のフィードバック。「いつもはパソコンが動いてそこそこの仕事ができていた」という日常(慣れ)は+1のインプットで+1のアウトプットと言う状態。ところが「パソコンが壊れて(-1)仕事ができなかった(-1)」事態が発生すると感情的になります。「パソコンが壊れなかったらいい仕事ができていた」、「大事な仕事だった」とスパイラルに感情は高まり、大事故(-5)に釣合う「重要な仕事」(+5)という誇張された評価となります。FISH STORY (逃した魚は大きい)ともいいます。

◎質問者からの返答

正にこのことです。ありがとうございました。


2 ● adlib
●35ポイント

── イギリスでは“Sod's Law”(「こんちきしょうの法則」)。サッ

チャーの法則(Thatcher's Law)「いかに準備万端でも想定外の事は起る」

フランスでは“La loi d'emmerdement maximum”(「糞ったれの法則」)

“The bread never falls but on its butteredside.”

「食パンを落とすと必ずバターが付いているほうが下」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A...

このような現象は「マーフィーの法則」として、ひろく知られました。

(ジョセフ・マーフィー《成功哲学》とは無関係だそうですが)

あえて命名すれば「弁解の心理学」でしょうか。

◎質問者からの返答

ありがとうございました

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ