人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【うんこ】がほぼ無臭(匂ってもどちらかというといい香り)で、かつ、その味がカスタードプリンなんかより美味しいと仮定します。あくまで、人糞が、です。
この場合、僕らの世界・生活はどのようなものになっているでしょうか?
例えば、商品やサービス、社会制度、宗教などについてお答えください。
ネタですが、真面目で具体的なご回答に対して多くのポイントを振り分けます。

●質問者: skinheadbutt
●カテゴリ:政治・社会 ネタ・ジョーク
✍キーワード:うんこ カスタード サービス ネタ プリン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● sadajo
●8ポイント

毎日仏壇にお供えするようになる

神様に捧げる大切な供え物になる


2 ● kn1967
●14ポイント

一、美味であったとしても大腸菌などはいるはずですし、栄養価はかなり低くなっていますから、食用にはならないでしょうね。

ただ、現世でも治癒力をあげるとかで飲尿している人たちがいるようにダイエットなどの一環として食糞する人たちがいるかもしれませんが、、、、

一、臭いので貧乏でもトイレ用芳香剤は買わざるを得ないのが現世ですが、臭くないのならばセレブがお洒落で買うのがトイレ用芳香剤といったようなものになっているかもしれませんね。

市場は小さいかもしれませんが、高級品になっているかも・・・


3 ● toku4sr4agent
●26ポイント

(人糞が、食べても無毒であるという前提になりますが)


1、排泄後、トイレは匂わないので、消臭剤の売り上げが滞る

(或いは開発自体に費用をかけないので、別の商品開発にお金をかけるようになる)


2、人糞=食物という扱いになり、(飛躍しすぎですが)家屋の中の配管の構造がかわる。

(例えば食器を洗った水、洗濯をした水、風呂から流れる水、洗面所で顔などを洗った水とトイレ用の配管が別々になり、トイレから出た糞は回収され、食べ物として加工される)


3、配管の構造を変えるのはおおがかりなので、とりあえず、糞のみを家のどこかにためておき、それを定期的に回収にくるシステムが確立する。

(以前下水道が整備されていなかった頃のトイレの様子を思い浮かべてください)


4、介護施設の人が利用者のおむつ交換のときにおいに悩まされることがなくなる


などのことが考えられるでしょうか。


宗教などについては詳しくないので言及できません。

ふざけたような回答に見えるかもしれませんが、本人はいたって真面目です。


4 ● hanatomi
●13ポイント

こどもに、

「美味しくても栄養価が少ないので、

本物のプリンを食べようね」

って教育するよう、

育児書に記載される


5 ● strawhat
●28ポイント

人糞が好ましい対象となれば、もはや排便は隠れてする物ではなくなりますから、人はいかに美しく、あるいはたくましく脱糞するかを競う文化が発達します。

人は一流レストランのような豪奢なトイレを求めるようになり、お洒落な街のお洒落なトイレのお店が注目を集めます。そして一流の料理を楽しむように、一流の脱糞を楽しみます。

ファーストフード的な庶民的なトイレのお店も好まれ、若い男女はそこで仲むつまじく脱糞を楽しみます。外食産業ならぬ外糞産業は、第三次産業の中核を占める産業に発展します。

脱糞の習慣には国や民族によって様々な特徴があり、食文化と同じように糞文化が発達します。ある民族はしゃがみうんこを誇りとし、ある民族は座りうんこを伝統と考えます。日本の総理などは教育基本法に、しゃがみうんこを愛する国民性の育成を盛り込むことで教育の再生を図ろうとします。

宗教はいかに美しい糞のできる人を目指すかを教え、糞に満ちた世界に魂をいざないます。


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ