人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

25年前に、分譲地の一角を購入致しました。4mの位置指定道路が15m接道しています。この物件を売却しようとしたところ、この位置指定道路は、分譲主の不動産業者の会長1名の名義になっている事がわかりました。住宅ローンが今後組めるか?は、ある銀行はOK、ある銀行は共有持ち分が無いのでNGと言うことでした。売買により、新しい持ち主に所有権が移った場合は、当然この道路の通行や、道路内にある排水管を使うことが出来るでしょうか?(継承できるか?)やはり、所有者の同意書を取るべきでしょうか?他の不動産業者は「既得権」だよと、気にもかけていませんが・・・。
アドバイスお願い致します。

●質問者: asahi-0072
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:NG アドバイス 一角 不動産業 会長
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

[1]使用は問題ないようです。 kimizu

http://sumai.nikkei.co.jp/know/soudan/case_etc20020528i7000pf.ht...

http://sumai.nikkei.co.jp/house/qahouse/etc20031113a2000a7.html

販売やその後の使用については問題ないようですが、家を建てるのは位置指定道路

の権利者に相談する必要があると思います。

まずは、地域の役所に相談することをお勧めします。


[2]念のために gumboot

位置指定道路になっているのでさほど問題はないと思いますが、将来的なことを考えると事前に掘削同意と通行同意は取っておくにこしたことはないと思います。道路の表面管理が市とかになってるはずなので、所有者が道を塞いだりはできないのですが、将来的な建て替えの際に前面道路を掘削してライフラインを引き込む必要が発生する可能性が0とは言い切れないと思います。(浄化槽を下水道に切り替える等)

性質の悪い事業主だとこの辺りを誤魔化して、「立替するので掘削同意をください」というと法外な金銭を要求してくる場合があります。家を購入された業者と相談して事前に予防線を張っておきましょう。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ