人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

年金について教えてください。

現在、個人事業を営んでいます。
29歳です。

結婚3年目です。

今までサラリーマンをしていたのが1年間有り、その時は厚生年金を払っていました。

それ以外は、学生時代も含めて年金を払ったことがないです。

妻は、国民年金を払い続けています。

さて、そろそろ年金を払わなきゃと思うのですが、今から払っても将来受給できるのでしょうか?

ちなみに、2年前までさかのぼれるそうなので、27歳スタートとして、60歳まで仕事を続ける想定でお願いします。

ちなみに年収は、現段階で400?500程度です。

●質問者: caster777
●カテゴリ:経済・金融・保険 医療・健康
✍キーワード:サラリーマン スタート 厚生年金 国民年金 学生時代
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● sadajo
●0ポイント

http://www.nenkin.go.jp/

国民年金

◎質問者からの返答

・・・・・。


2 ● toku4sr4agent
●55ポイント ベストアンサー

(現行の法律では)

年金は原則25年間支払えば、受け取れる仕組みになっています。


60歳までお仕事を続け、ずっと国民年金保険料を支払い続けた場合には、年金を支払った期間は33年になりますので、受け取れると思います。


ただし、満額が受け取れるのは40年間加入したときですので、

例えば今年の額でいうと、

792,100円の40分の33の金額になるということになります。


なお、厚生年金に加入されていた期間が1年あるとのことですので、

この期間も国民年金に入っていたことになっていますので、

実際は、基礎年金の部分については40分の34、

それに働いていた期間にも基づいた老齢厚生年金が上乗せになると思います。


そのほか、60歳以降も65歳までは、国民年金に任意で加入できる制度がありますので、そうすれば、基礎年金部分に関しては満額に近くなると思います。


ちなみに、年収が一定程度見込めるのであれば、

個人事業→法人化して、厚生年金保険に加入し、

上乗せ部分の厚生年金を増やす方法、


法人化しない場合には、

月々400円の付加保険料を支払い国民年金の受取額を多くする方法、

業種によっては、付加保険料を支払うのではなく

「国民年金基金」に加入し、国民年金の上乗せ部分を増やす方法などがあると思います。



なお、詳しいことは最寄の社会保険事務所や年金相談センターなどにお問い合わせの上、お確かめになられたほうが確実かと思います。

◎質問者からの返答

とっても丁寧なご回答ありがとうございます。

素晴らしく参考になります。

付加保険料・国民年金基金についてもしりませんでした。

実際、どのくらいもらえるのかは、調べてみます。

ありがとうございました。


3 ● daikanmama
●30ポイント

簡潔に言うと、国民年金を受給するのに必要な最低の加入期間は、25年(300か月)ですから、27歳から60歳まで掛け金を払えば、十分受給資格はあります。

厚生年金を払っていた1年間も期間に通算されます。(もちろん将来の受給額にも反映します。)

将来年金制度がどう変わっていくのかは、不透明な部分もありますが、加入期間が長いほど将来の受給額が多くなるのは間違いないでしょうから、できるだけ早く掛け金を納められる方がいいと思います。

http://hccweb1.bai.ne.jp/~apadi703/txt6.htm

http://www.h3.dion.ne.jp/~nan-nen/rourei/rou-jukyusikaku.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


4 ● toku4sr4agent
●5ポイント

先ほど回答を投稿した際、

参考になるURLを添付するのを忘れました。


http://www.sia.go.jp/sodan/madoguchi/shaho/index.htm

で、全国の相談窓口の場所など所在地や電話番号を確認できると思いますので、

このURLを参考にして、お住まいから近い場所(社会保険事務所など)をお探しくださいね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

参考になります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ