人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

TV番組「トリビアの泉」の「トリビアの種」の
コーナーのように、何かを調査で調べる場合、
「○○人調べればいいでしょう」
というような数がありますよね。

調べたいことによっても違うと思うのですが、
具体的にはどういう手法で、その目標人数(または件数その他)
を求めるのですか?

●質問者: sun-chan
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:TV番組 トリビアの泉 トリビアの種 目標
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● ootatmt
●23ポイント

通常、信頼度95%として母集団の数に対するサンプリング数を計算します。

以下のページの説明が分かりやすいと思います。

http://www.wound-treatment.jp/next/wound225.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

よくわかりました。

この例は、世論調査ですが、他の類の調査だと

また計算方法も違ってくるんでしょうか・・・


2 ● sadajo
●23ポイント

http://www.hanbaishi.com/useful/senmonka/011013b.html

>アンケート調査で必要な回答数は、普段の来客数の規模等によって異なりますが、大体百件程度で十分です

◎質問者からの返答

店頭調査の場合ですね。

根拠が書いてないのが気になりますが、

良くやりそうな調査ですね。

ありがとうございます。


3 ● ootatmt
●22ポイント ベストアンサー

> この例は、世論調査ですが、他の類の調査だと

> また計算方法も違ってくるんでしょうか・・・


計算方法は同じですが、母集団の数が変わってくるとサンプリング数が変わってきます。


たとえば母集団が100人であればサンプリング数は80人、

母集団が1000人であればサンプリング数は278人必要になります。

http://www.ceser.hyogo-u.ac.jp/naritas/spss/sample_size/sample_s...

◎質問者からの返答

どんな調査であっても母集団の数で決まるのですね・・・

調べる目的によって違うのかと思っていました。

(例えば、犬の性質を見るとか、人間の親の反応を見るとか・・・)


4 ● takarin473
●22ポイント

http://www.yoshizoe-stat.jp/ecstat/ecstat02.pdf

トリビアの種のコーナーに出演されていた「統計学に詳しい青山学院大学 美添泰人教授」のHPからの引用です。

ちなみに、この先生は現在公認会計士の試験委員をされております。

◎質問者からの返答

経済統計の場合ですね。

あとでじっくり読んでみます。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ