人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

事業企画を提案したとします(会社の面談や事業提携の際)。契約が成立しないのに、その企画を模倣されて事業展開されるケースというのは、多いものなのでしょうか?そういうことはやったもの勝ちなのでしょうか。

●質問者: tanbow
●カテゴリ:ビジネス・経営 インターネット
✍キーワード:いもの 会社 契約 提携 面談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●17ポイント

事業企画を提案する場合、契約を交わしていなければ、相手が悪ければ模倣されて事業展開される危険性があります。

証明手段がないので、はっきり言ってやった者勝ちです。(信用問題があるので、その後の経営が上手くいくかどうかはわかりませんが。)

また、その会社が模倣しなくても、気軽に別の会社の人にしゃべってしまう危険もあります。聞いた会社が模倣したり、他の企業に提案したりすることも考えられます。

そのため、独自の事業企画を提案する前には、守秘契約書や秘密保持契約書(会議の際に話し合った内容を口外しない、また、こちらの許可なく実施しないという内容を盛り込んだ契約書です。)というものを締結します。

http://shm-consortium.renesas.com/jpn/pdf/nda_j.pdf

秘密保持契約書の例です。


面倒くさいのですが、私どもは必ずこのような方法をとっています。会議の前に締結するのですが、時間がないときは会議の席で契約書を締結することもあります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。提案する会社に誠意があるかどうかも事前に選別してことに当たることも重要ですね。


2 ● ilkjk
●25ポイント ベストアンサー

最近は大抵の企業はそこらへんに対しては正々堂々としていると思いますし

著作権法周りの法整備もしっかりしてきていますが 友人から聞いた話を‥


例えばプロダクトデザイン等では美大や専門学生の卒業制作の意匠等が盗まれるという話は聞きます

実際に意匠登録や特許の出願をしていない場合は『やったもの勝ち』ということになることが多いとも聞きました

大抵は話し合いに応じてくれるそうですが酷い場合は知らんぷりされるそうです


ごく近しい友人から聞いたところではタイマーで有名な某社は入社試験を受けさせるだけ受けさせておいて

不採用にしてから 入社試験で課題として作らせたもののアイディアを頂くというやりかたをしているそうです

(入社試験を受ける際に 『入社試験で出たアイディアは全て御社に帰属します』みたいな書類にサインしなければならないらしいです)


この場合は泣き寝入りするしかないそうです


言葉は悪いですが未だに『パクり体質』というものが残っている企業は決して少ないわけではなさそうです

http://www.dummy.desu ダミーです

◎質問者からの返答

こういうのはよろしくないですね。大手同士の真似ならいいですが、小さい個人は新しい才能を育てる気概を持ってほしいです。


3 ● kurukuru-neko
●17ポイント

事前にビジネスモデル等の特許で抑えるか、

プレゼン前にNDA(秘密保持契約)相手と締結して

発表・利用を制限する事が限界のように思います。

http://www.law.co.jp/okamura/copylaw/chyo03.htm

◎質問者からの返答

そうですね。そこまで正式にできる関係に至らない大と小の関係では食われて終わりかもしれませんね。会社がしっかりしていても担当者レベルでは、その人の資質に左右されますし。ありがとうございます。


4 ● piyopiyo5
●17ポイント

非常に良くある話だと思います。特に、小さい会社のアイディアを大きな会社が模倣するということは、もう数え切れないほどあると思います。

取れる対策としては、事業企画や開発中の技術などの、出来る限り秘密にしておきたい内容を社外の人と話す場合は、まず話をする前に「守秘義務契約」を作成し、内容に合意しておくのが普通だと思います。これで、とりあえず自分達のアイディアが勝手に公開されてしまうことは避けられます。

契約の中身を工夫することで、ある程度、模倣されるチャンスも小さくできると思いますが、ここらへんのことはきちんと顧問弁護士さんや、法務部門の方と相談するべき話だと思います。

もちろん、企画に技術的に新しいものが含まれている場合は、社外の人と話をする前に、特許を出願しておくことが大切な模倣対策になります。

◎質問者からの返答

この前も情熱大陸で取り上げられていましたね。

技術レベルならまだしも、「企画」くらいならそれはなかなか保護されないかもしれませんね。創造性がはぐくまれない環境というのもなんだかさびしい気がしますね。


5 ● KobanZaru
●17ポイント

危惧しているような心配は大なり小なりあるかと思います。

最終的には資金力のある会社に模倣されてしまうリスクはあるかと思います。

それを防ぐためにはビジネスモデル特許を申請しておくとか、事前に覚書を交わして貴方のアイデアが先行していた証明をとっておく等のリスクテイクをしておいたほうがよいでしょう。

しかし覚書程度ではたいした拘束力も貴方のアイデアが先に考案された証明としては弱いので、最終的にはビジネスモデル特許を取得もしくは申請しておくことをお勧めします。

http://www.isokanet.com/tokususu/business_method.html

http://www.furutani.co.jp/office/ronbun/BP.html

◎質問者からの返答

ビジネスモデル特許はIT関係がメインでしょうか?

いずれにせよアイディアの深みと本気の度合がないとですね。ありがとうございます。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ