人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

会社において、経験のある営業マンがなぜ、教育を受けるのですか?

●質問者: nothridge
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:会社 教育 経験
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● takarin473
●16ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1164927631

理由として考えられるのは、

?中途入社の場合、一口に営業といっても様々なものがあるので、業種によって営業のタイプが異なるから、教育を受ける必要がある。

?新事業がスタートする場合いろいろな知識が必要となるので、そのために必要な教育。


2 ● garyo
●16ポイント

http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/iso9000.html

会社がISO9000などを取得していた場合、

「教育をした記録」を残さないといけないからではないでしょうか。

※ある職務を行うために○○の教育実施が必要とされている場合


3 ● 潮澤 昴
●16ポイント

縁故営業をやってた人が「保険営業」等に回るとまずやらかすのが「顧客情報守秘義務違反」、例え連れでも他人の保険加入情報を外部に漏らすのはイカンでしょとね。

http://nourl


4 ● dechidon
●16ポイント

環境変化に適応するため。

1.知識面

売るものが変われば、その内容を知る必要が生じます。これは、ベテランでも、新商品を人目で判断して、こう売るというのが出てくるわけではないので、やる必要が生じます。

2.意識面

モチベーション維持が営業にも非常に重要です。そのためには他者の成功事例を吸収したり、新しい戦略を編み出してみたりする必要が生じます。日常の営業活動でも、それを自力でやっている営業は多いですが、企業側が「こう売ってほしい」という形で情報を提供する場が研修になります。

3.売り方の変化

営業というと、御用聞きレベルから商品説明、問題解決、購買代理など別次元・レベルがあると思います。

実際、「提案型営業」といながら、未だにパンフレット説明レベルの営業も多くありますが、ライバルがそれ以上の営業スキルを身につけている以上、さらに上を狙って行く必要が生じます。それを自力で身につけられれば良いのですが、そうでない場合に教育が必要になります。長年、同じ販売方法をとってそこそこ成功していると、変化に気付かないことも多く、視点を変えさせるためにも教育は有効です。

現在は「需要創造」が営業に求められています。

今あるものを売る、というのではなく、市場そのものを作れということが命題になっています。

営業担当者が顧客接点、市場にいるわけですから、営業担当者が需要創造の一翼を担うのは当然のこと。その営業担当者のものの見方、考え方、知識を向上させ続ける必要がそこから出てくると考えています。


http://www.jmsinc.co.jp/publicity/topic/topic_backnumber/topic_0...


5 ● KairuaAruika
●16ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1129469257

アドレスはダミーです。

営業に限らず,全ての人間は傲慢になってゆくからです。

又,客観的に時代の流れを判断,分析し,対応できるようにするためです。

いわゆる職人さん,ものづくりの人などは,経験を重ねることによって進化できますが,営業等に関しては時々軌道修正することが必須です。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ