人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

在宅ビジネス・建築模型の実情が知りたいです

原因不明の耳痛の病気を患いまして、現在休職中です。元の職場に復帰が出来そうにないので、在宅の仕事を探して建築模型の職を知りました。
検索しても建築模型の講座を紹介するのみで、実際に作られている方のことがわかりません。

実情が分かるサイト。または自分もやっていたという方の情報を御待ちしております。本当に収入が微量でもあるのか? 受注は何処から来るのか? 講座を売る為だけの商材なのか、いまいち不安です。模型歴は長いので技術面では大丈夫と思います。

※「いわし」ですが、特に役に立つ情報を寄せて頂いた方の一部には、終了後におまけポイント送付します(たぶん20ptくらいです…)。

●質問者: MOKEI
●カテゴリ:就職・転職 経済・金融・保険
✍キーワード:いまいち いわし サイト ポイント 不安
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

[1]ご参考になりそうなサイトです。 newmemo

参考になりそうなサイトを調べてみました。模型作成はキャリアをお持ちのようですが、建築関係のお仕事をなされておられたのでしょうか。図面を読み取る知識力が前提となっているようです。

http://brezza.mo-blog.jp/column/2006/05/post_9318.html

住宅などの小規模物件は設計者や学生アルバイトが作るし、殆どの設計事務所では完成模型よりも途中の検討模型が重要なので、設計途中にいくつも模型を作る。これは自分で作らないと意味がないし、そもそもそんな模型製作料をクライアントから頂いているわけではないから外注などしない。つまりは、そんな需要はない。

大規模物件では完成模型や完成予想図(パース)が成果品の一つとして求められるケースが多いが、この場合でも自分たちで製作するか、建築模型専門の会社に委託するので、『在宅で楽しみながら』などあり得ない。一般的にこの規模になると空間が複雑なので、図面が読める人でも難しく、説明する手間を考えると自分たちで作ったほうが早いというわけである。

http://www.zaitaku.info/qa/shinan_log/66top_kotae.html

模型を作るには製作技術の他に、図面から完成形を立体で読み取る技術が必要です。かなり専門的な知識も必要になります。模型事務所のスタッフは、大学の建築学科や美術学科の在学中に模型のバイトを始めて、そのまま就職した方がほとんどです。フリーの方は、模型事務所で経験と仕事上の繋がりを得てから独立しています。最初に在宅ワークでいずれは外で働くという順番ではなく、逆を考える必要があるのではないでしょうか。

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200508/2005081700098.htm

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ