人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

新興国への投資を検討しています。

BRICsもいいのですが、Next11(バングラデッシュ、エジプト、インドネシア、 イラン、韓国、メキシコ、ナイジェリア、 パキスタン、フィリピン、トルコ、ベトナム)も視野に入れて、投資先を選定したいと考えています。

【1】いまのところ、ベトナムファンドを考えています。
(A)http://www.uwg.co.jp/vietnam/index_04.html
(B)http://www.aizawabtc.com/zinvest_detail.html?serial=115&category1=26&a=0

(B)のオープンエンド型の方が、いつでも換金できるのでよいかなと思っているのですが、メリット、デメリットが知りたいです。


【2】リスク分散の観点から、ベトナム以外の国にも投資しようと思っているのですが、どういった基準で選んだらよいでしょうか?いろんなご意見が聞きたいです。

●質問者: tomohirohayashi
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:BRICs イラン インドネシア エジプト オープン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● sin3364
●60ポイント

【2】について 外国投信のチェックポイント

●投信が設立された国がどこであるのか?

ベトナム以外の国を選ぶとき、アジア以外の国から選ぶとリスク分散の効果が得られます。同じアジアの国の経済成長は影響関係が強いですから。

●投資対象として何が中心なのか?

債券中心なのか、株式中心なのか。

●通貨種別は何か?

為替の影響も考慮しないといけませんから。

●運用会社はどんなところか?

会社によっては、投資対象の得意不得意がありますから。

●投資信託の形態は何か?

オープンエンド型なのか、グロースエンド型なのか。

解約時に手数料がいくらかかるのかなど。

◎質問者からの返答

なるほどです。ある程度のリスクは許容できるので、投資対象は株式中心で考えています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ