人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今度、会社を退職することになりました。
現在の会社は、20締めのため退職日が12/20なのですが、次の会社は末締めなので入社日が1/1となります。
そこで質問なのですが、12/21から12/31までの10日間は無職という状態になってしまいます。
このときに、「厚生年金」「健康保険」「市民税」「介護保険」等の取り扱いについて、どなたかご教授ください。

※厚生年金は一旦国民年金に加入しなければならないのでしょうか?

●質問者: Vacuum
●カテゴリ:就職・転職 医療・健康
✍キーワード:介護保険 会社 健康保険 厚生年金 国民年金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● white-cherry
●20ポイント

全て市町村の役場に届けなければなりません。

厚生年金は国民年金に

健康保険は、国民健康保険に

市民税は、、、退職時に残りの分を払うか、自分で納付なので、それは会社から指示があると思います

新しい会社で、引き続き払うこともできます。

いわゆる、給料から天引きですね

介護保険は、社会保険と同じ扱いですので、国民健康保険の中に含まれています。


2 ● toku4sr4agent
●20ポイント

社会保険(厚生年金保険・健康保険・介護保険)については、

退職日の翌日に被保険者の資格が喪失になります。


被保険者資格が喪失になった月については、

保険料が差し引かれないことになっています。

よって月末退職以外で、

同じ月のうちに再就職して会社の社会保険に再加入する場合以外は、

国民年金・国民健康保険に加入する必要があると思います。


質問者さんの場合、月の途中での退職ですので

国民年金・国民健康保険に加入する必要があると思います。


なお、市県民税については、詳しくないので他の方の答えをご参照ください。


3 ● sadajo
●20ポイント

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2471647.html

>会社を退職してから次の会社への入社日について


4 ● ota2244
●20ポイント

http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/taishoku/taiskkenp.htm#45

厚生年金は原則として末日に在籍している場合が対象となりますので、12月分の年金は国民年金として支払わなければなりません。

健康保険については退職日までしか利用出来ませんので、10日間の間は、国民健康保険または健康保険の任意継続を行わなければ、保険未加入者となります。

市民税については、1年間で何回かに分けて会社から支払をしているはずです。

最後の給料や退職金などから残りの分を一度に引かれるケースもありますので、経理の方に確認されるのが良いと思います。


5 ● kurukuru-neko
●20ポイント

保険: 厚生年金、健康保険、介護保険

費用面では、保険は1月送れて引き落としなので2ヶ月分

引き落とされているはずです。

退職と同時に脱退になるので10日間は、無保険になります。

対策は、任意継続で2倍程度の保険料を払い現在の保険

継続するか、国民健康保険への加入の何れかです。

何れか安い方をえらばよいと思いますが。

また任意継続の手続きの時間によっては加入が難しい

かもしれません。 手っ取り早いのは国民保険への

加入です。(但し1月分)

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/nenkin/20050826mk21.htm

市民税:

年末調整されていれば不要、

されていない部分で、確定申告が必要な場合(退職金等)

自分で確定申告する。

◎質問者からの返答

総合的なことは分りました。

これで回答を締め切らせていただきます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ