人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

農村や漁村などの嫁不足解消の目的で、中国や東南アジア諸国からお嫁さんを求めるケースが以前からあります。
このように日本に来られた外国人の方々は、基本的にどのように日本語を学んでいるのでしょうか?
あまり田舎の方だと日本語学校のようなものも、そう多くはないと思います。
自治体ごとに日本語教室などのサービスがあるのでしょうか?
それとも自力で勉強するケースが多いのでしょうか?

●質問者: old_house
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:サービス 中国 勉強 外国人 教室
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● sadajo
●23ポイント

生活の中から少しずつ覚えて言っているのではないですか

完璧にまで話せるようになっている人は見ませんし、片言ながらも、生活の中で覚えているのでしょうhttp://q.hatena.ne.jp/1165568096

◎質問者からの返答

なるほど


2 ● sin3364
●23ポイント

うちの自治体では休日に公民館などで日本語教室が開かれています。熱心な方はいらしているようですが、生活の中で覚えていく方が多いようですね。

余談ですが、政府はアジア圏からの人の移動を緩和するようです。

日比経済連携協定、国会承認・看護師など受け入れへ

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20061206AT3S0600506122006.ht...

言語の問題はどうするのでしょうね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● hamster009
●22ポイント

自治体で日本語教室などをやっています。また夜間中学などに入学するケースもあるようです。本来の目的とはことなった使われ方で多少問題があると思いますが。http://end

◎質問者からの返答

夜間中学ですか。

そういう場合もありそうですね。

ありがとうございます。


4 ● daiyokozuna
●22ポイント

相撲部屋と同じですよ。

農村じゃ大家族だろうし。

24時間良い環境じゃない?

http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

なるほど

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ