人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

この画像の作り方を教えてもらえませんか?

Fireworksもしくは、Photoshopで作る方法をお願いします。

1165581650
●拡大する

●質問者: fm315
●カテゴリ:ウェブ制作
✍キーワード:Fireworks Photoshop 画像
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● ほんかく
●100ポイント

Fireworksの場合

1.下に敷く画像を用意する(この場合高速道路の風景写真)

画像が大きい場合は「修正→キャンバス→イメージサイズ」で適当な大きさに修正。

2.写真に対して下から白いグラデーションマスクをかける。

「ツール→矩形ツール(塗り・白色)」で矩形を作り「塗りオプション」で、塗りをグラデーションに設定。グラデーションのモードを「線形」にし、一方の色を白に、もう一方を透明度0にしてセット。

2-1.ビットマップ・マーキーツールの矩形で白く塗りつぶしたい範囲(この場合下方)を囲み、大き目の直径のブラシで下をさっと塗っても似たような効果が得られます。

この場合、写真に対して直接塗ってしまうと、後でやり直しが出来ないので、別レイヤーを新規作成して、そのレイヤーに白い色を塗ると良い。

3.四角い囲みプレートを作る

適当な大きさの矩形を作り、青色に塗っておく。この画像を見ると、若干のグラデーションが付いているようなので、適当に。

4.プレートに立体感をつける

プロパティパネルの中にある「フィルタ」のプラスマークを押すと、メニューが出てくるので、「ベベルとエンボス→ベベル(内側)」を選択し、適当な隆起を表現する。この場合はあまり隆起させない方が良いので『フラット、隆起の幅:3、コントラスト:75、柔らかさ:3、角度:135、隆起」と設定。

5.プレートに影をつける

よく見るとプレートには影がついているので、プレートを選択した後、もう一度「フィルタ」のプラスボタンを押して、今度は「シャドウとグロー→グロー」を選択。

グロー設定は

『幅:2、色:黒、透明度:100%、柔らかさ:6、オフセット:0』に設定。

6.プレートに模様を入れる

よく見るとプレートには斜線の模様が入っている。今度はプレートの塗りの設定を「対角線」にして、透明度を30%くらいにしておく。

7.文字を入れる

文字はツールパレットの「T」という文字アイコンを使う。

先ほど作成したプレートの上で、文字ツールをクリックすると、プロパティで文字に関する設定が出てくるので、雰囲気に合ったフォントを選択する。

文字色は白、アンチエイリアス(文字のふちの処理)は「スムーズ」にしておくと良い。

8.文字に影をつける

文字にも影がついている。

先ほどのプレートで処理したように、文字を選択してから「フィルタ」でドロップシャドウを選択して、適当な数値を入れて影をつけると、立体感が簡単に出るようになる。

以上です。

http://www.adobe.com/jp/products/fireworks/


2 ● ほんかく
●0ポイント

Fireworksの場合

1.下に敷く画像を用意する(この場合高速道路の風景写真)

画像が大きい場合は「修正→キャンバス→イメージサイズ」で適当な大きさに修正。

2.写真に対して下から白いグラデーションマスクをかける。

「ツール→矩形ツール(塗り・白色)」で矩形を作り「塗りオプション」で、塗りをグラデーションに設定。グラデーションのモードを「線形」にし、一方の色を白に、もう一方を透明度0にしてセット。

2-1.ビットマップ・マーキーツールの矩形で白く塗りつぶしたい範囲(この場合下方)を囲み、大き目の直径のブラシで下をさっと塗っても似たような効果が得られます。

この場合、写真に対して直接塗ってしまうと、後でやり直しが出来ないので、別レイヤーを新規作成して、そのレイヤーに白い色を塗ると良い。

3.四角い囲みプレートを作る

適当な大きさの矩形を作り、青色に塗っておく。この画像を見ると、若干のグラデーションが付いているようなので、適当に。

4.プレートに立体感をつける

プロパティパネルの中にある「フィルタ」のプラスマークを押すと、メニューが出てくるので、「ベベルとエンボス→ベベル(内側)」を選択し、適当な隆起を表現する。この場合はあまり隆起させない方が良いので『フラット、隆起の幅:3、コントラスト:75、柔らかさ:3、角度:135、隆起」と設定。

5.プレートに影をつける

よく見るとプレートには影がついているので、プレートを選択した後、もう一度「フィルタ」のプラスボタンを押して、今度は「シャドウとグロー→グロー」を選択。

グロー設定は

『幅:2、色:黒、透明度:100%、柔らかさ:6、オフセット:0』に設定。

6.プレートに模様を入れる

よく見るとプレートには斜線の模様が入っている。今度はプレートの塗りの設定を「対角線」にして、透明度を30%くらいにしておく。

7.文字を入れる

文字はツールパレットの「T」という文字アイコンを使う。

先ほど作成したプレートの上で、文字ツールをクリックすると、プロパティで文字に関する設定が出てくるので、雰囲気に合ったフォントを選択する。

文字色は白、アンチエイリアス(文字のふちの処理)は「スムーズ」にしておくと良い。

8.文字に影をつける

文字にも影がついている。

先ほどのプレートで処理したように、文字を選択してから「フィルタ」でドロップシャドウを選択して、適当な数値を入れて影をつけると、立体感が簡単に出るようになる。

以上です。

http://www.adobe.com/jp/products/fireworks/

◎質問者からの返答

どちらも、丁寧な回答有り難うございます!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ