人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

戦争についてです。
1945年6月
壊滅状態の日本軍は,
戦場の真っただ中で沖縄戦に動員された
看護隊の方々に解散命令を下しました。

米軍の包囲網の中で,投降を許さず,
地獄の戦場に放り出したこの解散命令が,看護隊の犠牲をさらに悲惨なものにしたのですが・・・

そもそも、この解散命令が下されたのは
なぜでしょうか?
この意図とは、兵士にとって足手まといだったとか、目立つからなどの話が
あったからでしょうか?その辺りの
詳しい話を知りたいです!


●質問者: okuy8121
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:1945年 6月 地獄 意図 戦争
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● zuborer
●35ポイント

軍命令、というのが怪しいと思うのですが。

http://kykshnhiro.blog68.fc2.com/blog-entry-21.html

◎質問者からの返答

へ?知らなかったです!

ありがとうございます!


2 ● retorin
●35ポイント

私は沖縄出身なのでよく平和学習で体験談を聞いたのですが、

当事者たちいわく

『これから残っている兵隊はすべて特攻するので、あなたたちは親元に帰ってそこで死になさい・・・』

みたいな事を言われたそうです。

他には、撤退の途中で攻撃に会い逃げているうちに解散状態になってしまったり、砲撃でいっぺんに全滅しないように班を分けて撤退して結局合流できなかったりしたそうです。

自決については命令や強制ではなく、注意程度のものが多かったようです。

解散命令の解釈↓

http://csx.jp/~fleet7/Study/Study018.html

沖縄戦リンク集↓

http://www.rose.sannet.ne.jp/nishiha/senso/okinawa.htm

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ