人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

以下銘柄の株式についての情報を求めています。

ミツミ電機(6767)
横河電機(6841)

●12月8日(金)の売買について
寄付き前のかなり早い時間からどちらもとんでもない「買い」が入っていてストップ高状態でした。
なのに、結局寄付きでは「買い」と同じくらいとんでもない「売り」が入っていて、前日と同値段のレベルまで戻って売買成立していました。

そのままストップ高状態にしておけば、どんどん「買い」が集まってもっと高く売ることができたんじゃないかと「売り」の心境がよく理解できません。
以前に「買い」の心境も理解できません。
しかも、2銘柄が同タイミングで同じような動きを見せた事も不思議でなりません。

この売買には何かイベント的なものが関係しているのでしょうか?
SQ、買残、売残などの関係でしょうか?
「超」初心者なもので、知識にとぼしく、こういった環境を利用させていただいております。
どなたか参考になる情報をご存じでしたら、ぜひご提供の程、宜しくお願いします。

●質問者: Satoshi-k
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:イベント ストップ高 タイミング ミツミ電機 レベル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

[1]先物・オプションSQ sin3364

ミツミ電機(6767)、横河電機(6841)ともに日経225銘柄。

8日の寄り付きで「先物・オプションSQ」が算出されるため、それに絡んだ売買と思われる。

SQ

http://www.nomura.co.jp/terms/english/s/sq.html


[2]SQ日の特徴です flitter

両銘柄に関わらずほとんどの銘柄で同じような状況になっていたものと思われます。

日経平均の指数取引をしているところでは、SQ日の寄り付きの日経平均の値が重要となるので、色々と駆け引きが行われるのです。仕掛け元は欧州系の会社らしいですけど(UBS?)。

プロの方の意見はこちら↓

虎年の獅子座

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ