人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

色の表現について、RGB色空間とL*a*b*色空間の違いや特徴を分かりやすく教えてください。

●質問者: mixihomework
●カテゴリ:コンピュータ 学習・教育
✍キーワード:RGB 空間 表現
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● sadajo
●0ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%B2%E7%A9%BA%E9%96%93

色空間

◎質問者からの返答

違いや特徴を分かりやすく教えてください


2 ● chaobun
●100ポイント ベストアンサー

RGB空間は光の三原色の原理を元に、赤(R)、緑(G)、青(B)の三つの次元に光を分けたものです。

よく、html等の色の指定に#ffaa77等の記述がありますが、これはR,G,Bをそれぞれ0-fまでの16進数二桁、つまり256段階に分けて表記したものでR=ff=16*15+15=255, G=aa=16*10+10=170, B=16*7+7=119となりますので、(R,G,B)=(255,170,119)という形で色を表現したことになります。

これはRGBの加法混色の原理を表したもので、モニターなどに表示する色を指定する時などに用いられます(一般的なモニターには3種類の光(RGB)を出す素子がならんでいます。詳しくは「ベイヤー配列」というキーワードで検索してみてください)



一方L*a*b色空間は心理物理学的な色の距離に基づいて変換された色空間です。

つまり、L*a*b色空間内に2組の色の組み合わせ(a1,a2),(b1,b2)があったとしてのユークリッド距離Dが等しくなる(D(a1,a2)=D(b1,b2))場合、見た目にも色の違いが同程度であると思えるということです。

http://www.colordream.net/lab.htm

とくに、Lは明るさを示す軸とされるので、a*b*平面だけを見れば色味がわかるようになっているのも特長です(この点はHSI表色系も同様)。



まとめると、L*a*b*空間は心理的な色の差分を扱うための色空間で、RGB空間は人間の直感的な色の捕らえ方ではなく、モニターなど、何かを発色させる時に用いる…といったところでしょうか。

◎質問者からの返答

素晴らしい回答ありがとうございます。とても参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ