人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

うすい塩酸とマグネシウムを反応させると水素が発生します。
その際、塩酸やマグネシウムの容積も減りますか?
減って、しまいにはマグネシウムが消滅。
なんてこともありますか?

●質問者: pro0
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:マグネシウム 塩酸 水素
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● sylphid666
●19ポイント

適切な漁量の塩酸と反応させればマグネシウムはなくなりますよ。

http://72.14.235.104/search?q=cache:LYhQhGhEZiUJ:www.max.hi-ho.n...


2 ● kurukuru-neko
●19ポイント

2HCl + Mg → H2 + MgCl2

塩化マグネシウムがのこります。

http://www.kagakukan.sendai-c.ed.jp/yakuhin/yak/021.htm


3 ● haganest
●18ポイント

一応中学生(自分)が授業でやったことを報告しますと、

実際実験してたときに、塩酸は減りませんでしたが、マグネシウムは水素を発生させながらどんどん小さくなっていってしまいには無くなりました。なくなると同時に水素の発生も終わりました。

マグネシウムが水素に変わったとでもいうのでしょうか(笑


4 ● kilrey
●18ポイント

マグネシウムと塩酸を反応させると双方が減って、その分だけ塩化マグネシウムが生成されます。

式で書くと

2 HCl + Mg \rightarrow H_{2} + MgCl_{2}

ですね。

既に解答している方もいるのでもうちょっと具体的に書きます。

それぞれの原子量は

Mg = 24.3

H = 1.0

Cl = 35.5

です。

つまり、24.3gのMgを全部溶かすためには73gのHClが必要です。

36.5gのHClというのは市販の塩酸(約35%)では210ml程度になります。


5 ● anohinosora
●18ポイント

2HCl + Mg → MgCl2 +H2

なので、Mgの2倍モルのHClがあったときは、HClは完全に反応して

なくなります。2倍モル以下であれば、HClはなくなってMgが残り、

反対に2倍モル以上であればMgはなくなってHClが余ります。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ