人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

建築基準法における「用途地域内の建物用途制限」表に記載されている「原動機」とは、どのような機械を指すのでしょうか?
原動機を伴う工場はその作業場の床面積により、用途制限が異なります。
ここで言うところの「原動機」とは、どのような機械を指すのでしょうか?
「原動機」として判断されてしまう要件等、教えてください。

●質問者: h24
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:工場 床面積 建物 建築基準法 機械
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● kanopi
●23ポイント

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=234936

法律や政令の中には定義規定はないようですね。

定義がない場合は、一般人の認識で決まるわけですので、

普通原動機といえば、電気とか熱とか圧力を使って、動力を得るもの、程度の認識でよろしいのではないかと。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

なるほど。

特に明確な規定はないようですね。

人力以外の電気・熱・圧力等を利用して動力を得るものと考えておけば良さそうですね。


2 ● newmemo
●23ポイント

http://www.city.toshima.tokyo.jp/sangyo/pdf/toshigata02.pdf

1番目の回答でも書かれているように建築基準法上では定義がされていないようです。一般論で判断を行ない個々の具体的な対応は行政に相談することになると思います。

41ページからです。

3.原動機の定義

(1)エンジン・モーターなど、機械・器具などを動かすもとになる機械(国語辞典)

(2)建築基準法上では原動機の定義はない。

【参考:日本建築行政会議全国会議部会検討結果報告のよる原動機の取扱】

1.建築基準法に規定する原動機の出力の限度の算定については、建築物内及び敷地内に設置されている幾種類かの原動機の合計とする。

2.サービス業を営む店舗や食品製造業で「原動機を使用するもの」に含まれるものとしては、小型のドリルやグラインダー、さらに家庭用のジューサーミキサーなど動力(モーター)が伴う全てのものとなるが、業態と関連していなければ制限を受けない。この場合、冷房など単なる室内温度調整用に設けられたものや冷蔵庫など貯蔵目的のものは含まれない。

3.建築基準法に規定する作業場の床面積の算定にあたっては、作業場と間仕切等により明確に区分された、製品を保管する倉庫やそれらを管理する場所等は、作業場として取り扱わない。

http://www.jcbo.com/

上記の参考元のサイトです。調べてみましたが該当する文書は分からなかったです。

http://giweb.kubota.co.jp/back_number/kubota_engine01/index_02.h...

一般に原動機とは、熱、電気、水、風、原子力などの持っているエネルギーを機械的エネルギー(動力)に変換する装置を指す

http://epedia.blog360.jp/%B8%B6%C6%B0%B5%A1

原動機(げんどうき、prime mover)は、自然界に存在するさまざまなエネルギー を機械的な仕事 (力学的エネルギー )に変換する機械 ・装置の総称。狭義にはタービン などの仕事を発生する機械そのものを指すが、広義には蒸気原動機・動力プラントなどのシステム全体を指すこともある。

◎質問者からの返答

丁寧なご回答どうもありがとうございます。

サービス業で使用するジューサーミキサー等も原動機に含まれるということは、

原動機の範囲は規模の大小に関わらず広いということですね。

大変参考になりました。

どうもありがとうございます。


3 ● daiyokozuna
●22ポイント

エンジン、モーターのことです。

◎質問者からの返答

端的にそういうことなんでしょうね。

どうもありがとうございます。


4 ● pikupiku
●22ポイント

自家発電用のディーゼルエンジンや油圧・空気圧機器のモーターなど、ずぅっと大きな音をたてる機械類のことでは?

◎質問者からの返答

騒音の面で規制がされているんでしょうね。

どうもありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ